PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

気分は「A Hard Day's Night」

 来週の大阪行きをひかえて、何かと多忙につき、久しぶりの更新です。

 ここ数週間、朝から晩までPCの前に座って、唸りながら何とかアイデアをひねり出し、疲れ果てて寝る前にクールダウンとして、ブラックニッカの水割りを2、3杯ひっかける。そんな日々が続いている。
 夜、水割りを口にする時の気分は、まさに「A Hard Day's Night」だ。

 というわけで、今日のYouTubeからの一曲も、これ。



 ビートルズの若さが弾けているライブで「今日も1日よーく働いたけど、明日も明後日も稼ぐぜ!」という感じのする映像である。
 そして、ジョーンがポールにボーカルを渡す時のしぐさが、実にかっこいい。これを見ると「初期のビートルズってのは、ジョンのバンドだったんだなあ」ということを実感する。


 そういえば、Kinさんのブログ「guitars.grrr」に「A Hard Day's Night」の出だしの「ジャガーン」という音の謎が解明されたというエントリーがあった。

 詳細はこのページに詳しく載っているけれど、いくらロジカルに分析したところで、あの音は再現不可能。曲の価値も変わらない。個人的には、謎は謎のままで良かった気もするんだけど・・・・。

 もうしばらくの間、更新は滞りそうですが、近いうちに「I'll Be Back」ってことで、よろしくお願いします。
 
にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
↑ にほんブログ村 音楽ブログ ロックランキングへ

| ビートルズとその周辺 | 19:05 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

なるほど、無粋なことをしてくれるな、
という感じでしょうか。
反論が出てますけど、もう読む気起こりません(笑)
URL欄に反論記事のアドレス入れました。

| Kin | 2008/11/11 00:21 | URL | ≫ EDIT

Kinさん、おはようございます。

反論の記事、読ませていただきました。
内容がちょいと高度でしたが、なるほどそういう見方もあるんですね。

でも、ぼくの結論は「あの音は、あの場所で、あの時に、あの4人とジョージ・マーティンでしか出しえなかった」かな。
再現不能、やっぱりビートルズはすごい!ってことで良いんだと思うんですが、どうでしょう。

| woodstock69 | 2008/11/12 08:27 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://beatbeat.blog72.fc2.com/tb.php/363-894feeee

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。