PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

ミック・ジャガーは60歳で何を歌ったか

 毎日、いや極端にいえば1秒ごとに、人は確実に年老いていく。
 ぼくも40歳後半にさしかかったから、こんなことをさらりと書けるようになったけれど、若い頃は自分の年老いた姿なんて、想像もできなかった。

 さらに、想像できなかったといえば、未だにロックを聴き続け、エレキギターに夢中になっていることだ。
 ぼくがティーンエージャーの頃、ロックは不良の音楽であり、若さの象徴だった。でかい音を奏でるエレキギターも同じだ。少なくとも、ぼくの周りにいた大人の中に、ロックを聴き、エレキギターを弾いている人なんていなかった。
 でも、今ではそんな人は珍しくはないし、はたしてロックが若者の音楽として存在し続けているのかすら、怪しげだ。

 そういえば、去年の11月にキャロル・キングとTHE・WHOのライブを見に行った時に、彼らのライブパフォーマンスに熱狂しながらも「ホントに、今は21世紀か?」と感じた。
 21世紀に入っても、ローリング・ストーンズが活動を続け、キャロル・キングとTHE・WHOが同じ時期に来日を果す。彼らの音楽を聴き始めた高校生の時に、そんなことは想像もできなかったからだ。

ミック・ジャガーは60歳で何を歌ったか (幻冬舎新書)ミック・ジャガーは60歳で何を歌ったか (幻冬舎新書)
中山 康樹


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 「ミック・ジャガーは60歳で何を歌ったか」はロックと老化の関係性、ロックンローラーたちの老後の奮闘ぶりについて書かれた本だ。
 以前に紹介した「ビートルズの謎」の作者でもある中山康樹氏は、まえがきの中で「いま私たちは、ロックがはじめて経験する時代を生きている。最初にして最後の目撃者といってもいいだろう」と書いている。確かにそうかもしれない。

 ただ、目撃者になるためにはロックを聴き続けてきたという条件が必要になるだろう。少なくとも、彼らの全盛期を知らなければ、老後の奮闘ぶりは理解できない気がする。
 いずれせよ、今のロックはかつてなかった「老い」という問題すら、内包していることはまちがいない。

 未だにミック・ジャガーは軽やかにステージを舞い続け「オレは満足しちゃいないぜ」とシャウトする。オリジナルメンバーがたった2人になってしまったTHE・WHOは60歳を過ぎても「年老いる前に、くたばっちまいたい」と唄い続けている。
 一歩間違えば、笑い話のような光景である。でも、そこに何らかのリアリティーを感じるからこそ、ぼくはライブを見に行き、ロックを聴き続けている。

 ジョン・レノンやボブ・ディラン、キース・リチャード、ピート・タウンゼントはティーンエイジャーのぼくにとって、先生だった。学校では決して学べない不良のあり方を彼らから教えてもらった。そして、ジョンを除いて、未だにアルバムを作り、ステージに立ち続けている還暦過ぎのロックンローラーからは、この先も学ぶことがありそうだ。
 ロックが老い方まで教えてくれるなんて、30年前のぼくには想像もできなかった。

| BEATな読書 | 18:12 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

今晩は♪
まったく自分もその辺のことを考えています。
ロックをやるのも聴くのも20代まで、
社会人になったらカラオケで演歌を唸って・・・。
そうしないと大人とコミュニケーションが取れないんじゃないか。

そして今・・・やっぱりバンドも続け、
それでも普通に生活していられる。
30年前の心配(幻想)はなんだったんだろう?

| kingbee | 2009/04/03 21:14 | URL | ≫ EDIT

はじめまして
はじめましてブログ村からやってきました、この年代のミュージシャンたちは、ほんと元気ですね、ミックなんかは、毎日15キロも走っているというのを聞いたことがあります、
ライブなんかは体力いりますからねー、でもすごいと思います。それではまた。(応援ポチ)

| hoeric | 2009/04/04 13:00 | URL | ≫ EDIT

kingbeeさん、こんばんわ。

もう30年近くも前の話(早いですね)になりますが、ストーンズの映画「Let's Spend The Night Together」を見た時のことです。
あの頃、ミックやキースは30代後半だったわけで、今考えると充分に若いんですが「オヤジたち、もういい歳なのに、がんばってんなあ」と思いました。

それなのに、21世紀になってもストーンズの新作映画が公開されるんですから、よーく考えれば、すごいことです。
30年前、ストーンズファンに「21世紀になっても、ストーンズはライブを続けている」といっても「馬鹿なこというな」と笑われたでしょうね。

ただ、少し前の演歌と同じように、ロックがオヤジたちの音楽になりつつあるとも考えられる気もします。
まあ、大人の定義や価値観も、時代と共に変化するってことなんでしょうね。

| woodstock69 | 2009/04/06 18:07 | URL | ≫ EDIT

hoericさん、はじめまして。
コメント、どうもありがとうございました。

ミックの節制ぶりは半端じゃないそうですよ。
ツアーの合間の休暇中にも、喉の調子を落とさないために、サウンドチェック用のテープをかけて、それにあわせて唄い踊っているとか。

「ロックというお仕事も大変だなあ」とも思いますが、還暦を過ぎているのに、あのパフォーマンスは驚異的。
ライブでの軽やかな動きを見るたびに「ホント、この人はすごい」と思います。

| woodstock69 | 2009/04/06 18:14 | URL | ≫ EDIT

初めまして!
僕もアラフォーですが相変わらずツェッペリンを聴いてはエレキを鳴らして楽しんでます(^^)またコメントさせて戴きます。宜しくお願いします(^^)

| はっしゃん | 2009/04/12 18:55 | URL | ≫ EDIT

はっしゃんさん、はじめまして。
コメント、どうもありがとうございました。

ぼくはアラフォーというより、アラフィフになってしまいましたが、やっていることは昔とあまり変わらないような。
ここまで来たら、この先もビートルズやストーンズを聴いて、エレキを弾いていくんだろうなと思っています。

ポツポツとしか更新しないブログですが、今後もよろしくお願いいたします。

| woodstock69 | 2009/04/14 21:54 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://beatbeat.blog72.fc2.com/tb.php/389-47eb9a8a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。