PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

アンプを新しくしてみると

 このBlogでは初めてのオーディオネタである。
 数年前から中古のオーディオにはまっている。といっても、格安の古びたオーディオ機器を揃え「やっぱ、ミニコンとは違うわ」と自己満足している程度なので、マニアには程遠い。しかし、格安の中古オーディオ機器でも、これまで聴きなれたCDがまったく違う音に聞こえるから、とても面白い。

 数ヶ月前から約一年使ったSANSUIのアンプから断続的に「ジー、ジー」と雑音が出るようになった。雑音が出るのは右チャンネルのみ、それほど大きい音ではないので実用に支障はない。しかし、静かなピアノソロなどの時に「ジー、ジー」と鳴り出すと耳障りだ。その音と重厚なスタイル(15キロもある)は気に入っているが、20年以上前のアンプである。一万円で買ったものなので寿命と思えば、あきらめもつく。

 と考えていたら、パチンコの新装開店で二日続けて勝利して、小金持ちになった。程よい値段の新品のアンプはないかとネットを検索していたら、DENONのPMA-390Ⅳが良さそうな気がしてきた。定価は安いが値段以上の音がするコストパフォーマンスの良いアンプらしいのだ。
 オーディオに関しては人の評価はあまりあてにならないのだが、近くに試聴できる店などない。ネット上の評判では、あまり悪評も見当たらず、現在使っているスピーカーのBOSEとの相性も良いらしいので、最安値の店をネットで探して、PMA-390Ⅳをオーダーした。
 
 昨日届いたPMA-390Ⅳをこれまで使っていたSANSUIと入れ替え、鳴らしてみて驚いた。とても元気な音がスピーカーから出てくるのだ。ベースの音はキリと引き締まり、シンバルはシャーンと弾ける。ボーカルだってど真ん中にしっかりと立って歌っている感じがする。特に初期のビートルズを聴いた時の疾走感が素晴らしい。
 これまで使っていたSANSUIは落ち着いた五十代の大人の音だったが、PMA-390Ⅳはティーンエージャーのように瑞々しく、若々しいのだ。低音と高音が強く、少しドンシャリ音かなとも思うが悪くはない。音の解像度も良いのか、SANSUIでは聞こえなかった音も耳に入ってくる。

 このあたりの音の味付けはおそらく20年という時間の差だろうし、中古と新品の違いもあるだろう。どちらが良い音なのか、評価は下しづらい。
 でも「若々しい音としばらく付き合うのも悪くないな」と、スピーカーの前の四十過ぎのオヤジは思う。年のつりあわない若い恋人を手にいれる。現実ではやっかいなことのほうが多そうだが、音楽再生の世界ではそれもありだろう。

 PMA-390Ⅳがコストパフォーマンスの高いアンプなのは、ホントの話だ。

| オーディオのお話 | 08:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://beatbeat.blog72.fc2.com/tb.php/4-29b369a6

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。