PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

3カ月ぶりに弦六本舗さんへ

 先週の土曜日、釧路にある中古楽器店・弦六本舗さんへ行ってきた。
 「前に行ったのは、まだ雪が残っているころだったなあ」と自分のブログを読み返してみると、3カ月ぶりに訪問だった。

 前回に行った時はお店が2階から1階にお引越ししていたが、今回は国道沿いの倉庫の壁面に大きな看板が設置されていた。

弦六本舗看板

 何度か書いたけれど、お店があるのは少々怪しい場所。
 ぼくも初めて行った時は「ホントに、ここでいいのか?」と不安になった。でも、看板という目印が付いたので、これで初めて行く方でも大丈夫かも。

 弦六本舗さんは開業して、そろそろ2年になるらしいが、行く度にお店としての体裁が整っていく気がする。
 個人的には「いつまでも隠れ家的なお店であってほしい」と思うけれど、ぼくの住んでいる北海道の道東地方には本格的な中古楽器店がなかっただけに、今後の展開にも期待したい。

 今回は店内の写真も撮ってきた。
 まず、壁一面にかかっているギターはこんな感じ。

弦六本舗店内

 意外にアコギも多くて、積み重ねられているハードケースの中からハカランダ指板のマーティンが出てきたりするから、びっくりさせられる。

 試奏用に用意されているアンプは「Fender USA Super Champ XD」と「VOX AC15」。それなりの音量で、納得のいくまで気になる一本を試すことができる。
弦六本舗試奏コーナー

 実は今回お店の行ったのは、いつものように仕事のついでではなく、店長さんから「好きそうなギターが入荷しましたぜ」というメールがあったからだ。
 添付されていた写真を見ると「これ、欲しいよお」とよだれの出そうな一本で、それを確かめに行ったのだが、最終的に買ったのは別のギターになってしまった。

 弦六本舗さんで、初めて買ったギターは超軽量級。トーンもぼくがこれまで買ったギターにはない個性的なものだ。
 そのギターについては、近いうちに詳しく書くつもりです。

| エレキギター、再び | 08:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://beatbeat.blog72.fc2.com/tb.php/402-e5a6040e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。