PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

タイトルに「雨」のある唄特集-国内編

 数日前から、ようやく晴れ間の見られるようになった北海道ですが、今日はこの前の続き、雨の唄の特集です。

 日本語の唄で雨と入るもので、ぼくが真っ先に思い浮かべるのは、シュガーベイブの「雨は手のひらにいっぱい」だ。



 山下達郎の唄には、雨に関する名曲が多いと思う。たとえば「スプリンクラー」なんかも名曲中の名曲。

 タイトルに雨は入らないけれど「さよなら夏の日」でも雨という言葉が、実に効果的に使われている。



 未だに鮮度の落ちない「雨にぬれながら、ぼくらは大人になっていくよ」というフレーズのすごさ。
 この曲は晩夏に聴くと、今でも胸がキュンとする。

SONGSSONGS
SUGAR BABE


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 山下達郎、大貫妙子が在籍していたことで知られるシュガーベイブの「SONGS」は、日本のポップスの屈指の名盤だ。このアルバムの素晴らしさも、リリースから30年以上が経過しても変わることがない。


 次は佐野元春の「レインガール」。



 2000年に行われた20周年記念ライブからの映像だが、オリジナルとは異なるワルツバージョンでプレイされた「レイン・ガール」はエンディングもお茶目。「キミと踊りたい」ではなく「キミと少しだけ踊りたい」と唄うあたりに、佐野元春らしいセンスを感じる。

 そういえば、とあるインタビューで「レインガール」は山下達郎の「高気圧ガール」へのアンサーソングだったという話を読んだことがある。


 雨といえば、個人的に忘れられない唄が、ギター好きでも知られる野口五郎の「オレンジの雨」だ。



 この曲がリリースされたのは1973年。ぼくは小学5年生で、買ってもらったばかりの自分用のラジオで「オレンジの雨」をよく聴いた。ちょうど、音楽というものを自分の好みで、意識的に聴き始めた頃だった思う。
 未だに雨の日に「おーれんじのあーめーのなかぁー、ぬうれてるうー」と口ずさんでしまうから、幼い頃の記憶というのはおそろしいものだ。


 最後はこの曲。松任谷由実の「雨のステイション」。



 たぶん、これまでブログに松任谷由実のことを書いたことはないと思うけれど、実はかなり好きです。
 特に荒井由実時代のアルバムが好きで、あのころのちょっとせつない唄がたまらない。この「雨のスティション」あたりは、せつない唄の筆頭格ですな。

 この曲が収録されているアルバム「COBALT HOUR」も名盤。

COBALT HOURCOBALT HOUR
荒井由実 松任谷正隆


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 このアルバムも「SONGS」と同じく、今から30年以上も前にリリースされたにも関わらず、未だに鮮度が落ちない。
 当時、21歳だった荒井由実の感性もすごいと思うけれど、バックを固める細野晴臣、林立夫、鈴木茂のティンパンアレーのプレイも素晴らしく、松任谷正隆のアレンジも秀逸。
 せつない曲ではないけれど「CHINESE SOUP」あたりを聴けば、このユニットのすごさがよーく分かると思う。

| BEATな話題 | 23:34 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

あらま・・・
woodstockさんこんばんはー。

シュガー・ベイブに吉田美奈子はいなかったんですねっ。
私、ずっと何かすごく大きな勘違いをしてたようです。。。

「Rain Girl」のワルツバージョンは私も見てたのだけど、
うーん、私はやっぱりオリジナルの方が好きかなー。
ラストはかわいいですね。

洋楽編になっちゃいますが、私はニール・セダカの「Laughter in the Rain」が大好きです。
あと「Natural Woman」も雨の曲だなーって思います。

ユーミンのCDはかなり手放しちゃいましたが、荒井由実時代のがすごく好きでした。
そう言えば、キョンキョンの「優しい雨」という曲がすごく好きでした。

| マルディちゃん | 2009/06/21 23:41 | URL | ≫ EDIT

マルディちゃん、こんばんわ。

吉田美奈子は山下達郎に詩を提供したり、ソロアルバムにコーラスで参加していますが、シュガー・ベイブのメンバーではなかったですね。
でも、素晴らしいシンガーで、山下達郎とも親密だったので、勘違いするのも無理はないかもしれません。

佐野元春の「レインガール」ですが、確かにオリジナルの勢いはないかも。
でも、20周年ライブに行った時、ワルツにあの歌詞がのったのを聴いた時には意表をつかれたので、とても記憶に残っています。
そういえば「バルセロナの夜」にも雨が出てきますが、あの曲も好きです。

最後に松任谷由実。ぼくも荒井時代が良いですね。
最初の数枚のアルバムにしかない「せつなさ」が素晴らしい。

逆にアルバムセールス100万枚の頃の曲は、いまいちピンとこないですね。
中にも良い曲もありますが、ぼくにはがんばって曲をひねり出したという感じのものが多い気がします。

| woodstock69 | 2009/06/23 21:38 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://beatbeat.blog72.fc2.com/tb.php/404-b07ae51e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。