PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

SHM-CDで聴く、ブルースブレカーズ時代のクラプトン

 自分でも「いまごろかよ」と思いつつ、ドラクエ8の世界にどっぷりはまって、早や3週間。ようやくエンディングを迎えて、残すは隠しダンジョンのみに。
 ここまで来れば、集中的にプレイする必要はないので、ネットやブログの世界にもぼちぼち復帰するつもりです。


 ここ数年、CDはネットの通販か、Hオフやブックオフの中古でしか買わなかった気がする。以前にも書いたが、ぼくが住んでいる街のCDショップが閉店してから、日常生活の中で普通にCDを買うことが難しくなってしまったのだ。

 でも、久しぶりにCDショップに行くと、色々な発見があって楽しい。ネット・ショップは確かに便利だけれど、店頭でしか分からないこともある気がする。
 先週、隣町のショッピングセンターの中にあるCDショップにふらりと入ると、SHM-CDばかりが並べられているコーナーがあった。

ブラック・アンド・ブルー(初回受注完全生産限定)ブラック・アンド・ブルー(初回受注完全生産限定)
ザ・ローリング・ストーンズ


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 「あっ、もうストーンズのリマスター盤が出ているんだ。しかも、初回は限定のSHM-CD仕様か」などと、ずらりと並べられたCDをながめてみたが、SHM-CD化されているのは、古典的なロックの名盤ばかりだ。すでに通常のCDで持っているものがほとんどで、高音質といわれるSHM-CDでもわざわざ買い直すのはもったいない気がする。

 でも、そんなSHM-CDのコーナーの中で、1000円のCDを発見した。エリック・クラプトンの「ステージズ」というコンピレーション盤だった。

ステージズステージズ
ジョン・メイオール&ザ・ブルースブレイカーズ


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 手にとって、よーくながめてみると「ステージズ」というタイトルとは裏腹に、収録曲がすべてライブ・バージョンというわけでもなさそう。ウラに書かれている曲名を見ると、ジョン・メイオール&ザ・ブルースブレイカーズ 、クリーム、ブラインド・フェイス、デレク・アンド・ドミノスと、RCA時代のクラプトンの曲を節操なく寄せ集めたCDのようだ。
 特に物珍しい曲はないけれど、SHM-CDのお試し盤と考えれば、悪いチョイスではなさそう。「1000円で『ハイダウエイ』や『クロスロード』『ベル・ボトム・ブルース』あたりの名演が高音質で聴けるのなら」と思いつつ、レジに持っていった。

 家に買って、早速SHM-CDを聴いてみると、確かに音質は向上しているような気がする。通常のCDは平板な音だが、SHM-CDには音が2、3歩前に出てきたような立体感があるし、音の定位感も良い。
 中でも、特に素晴らしかったのが、ブルースブレイカーズ時代の曲だ。クラプトンの大発明のひとつである「レスポール+マーシャル」のトーンに、これまで聴いてきたCDでは感じられなかった迫力があった。

 良い音、素晴らしいギターのトーンについては、個人の好みの問題もあって、はっきりと「これだ!」と決めつけるのは難しい。でも、ブルースブレイカーズ時代のクラプトンのレスポールのトーンは、まちがいなく良い音だと思う。
 最近のモダンな歪みからすると、クランチを少し越えたオーバードライブの入り口程度の歪みだが、ゴリッとしながらも艶やかさを失わないレスポールのトーンには普遍の輝きがある。この音を聴いて、ジェフ・ベックとジミー・ペイジがあわててレスポールとマーシャルを手に入れたという有名なエピソードがあるけれど、それも充分にうなずける話だ。

 こうなってくると、これまで縁のなかったマーシャルというアンプが気になってくる。「やっぱ、レスポールにはマーシャルとちゃうんか」などと思っていると、マーシャルから満を持してという感じで、家でも使えそうなコンパクトサイズのフルチューブアンプが発売された。


マーシャル ギターコンボ Haze HZ40C

 コンボタイプの「Haze HZ40C」も良さそうだけど、マーシャルらしくスタックタイプがライナップされているのも心憎いところだ。


Marshall/マーシャル Haze15&112A+112B ギターアンプ・ フルスタック

 二段積みのフルスタック。コンパクトアンプとはいえ、自宅に置けば、かなりの迫力なんでしょうなあ。あちゃー、またもムラムラです。

| エリック・クラプトン | 10:38 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

SHM-CD
私もストーンズのリマスター/SHM-CDはもったいなくて、
買えてないです・・・
やっぱり既に持ってるといくらリマスターとはいえ、
考えてしまいますよね。

そういう意味で、お試し版的なベストが1,000円っていうのは、
お得感ありますね。

| joey | 2009/07/20 22:38 | URL | ≫ EDIT

joeyさん、こんばんわ。
返信が遅くなりましたが、コメントありがとうございました。

すでに多くのCDを持っているアーチストのリマスター盤や高音質CD、紙ジャケのリリースというのは、実に悩ましい問題ですよね。
売る側にとってはあの手この手なんでしょうが、買う側は基本的に同じものを何度も買う羽目になる。
それでも「これだけは」と思うものは買ってしまうのですから、まさに思う壺かもしれません。

1000円のお試し盤的なCDは確かにお得でした。
でも、特に目新しい曲が入っているわけでもないので、これも思う壺的なCDかも。

| woodstock69 | 2009/07/25 17:53 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://beatbeat.blog72.fc2.com/tb.php/406-16773718

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。