PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

夏を待ちわびながら、サンタナを聴く

 この夏の北海道は、とにかく天候が不順である。
 7月、ぼくが住んでいるオホーツク海沿いの街では、毎日のように雨が降り、気温も低かった。少しも夏らしくない7月の中で、朝から夜まですっきりと晴れた日はわずかに数日だったのではないだろうか。

 北海道ではお盆を過ぎれば秋風が吹き始めるので、残された夏はわずかに数週間しかない。明日から始まる8月はとにかく晴れて、気温も高くなってほしいものだ。
 そして、そんな冷夏の北海道で、ホントの夏を待ちわびながら、サンタナばかり聴いている。

 サンタナといえば、ぼくはもう40年前の話になってしまったたウッドストックでのステージが、真っ先に頭に浮かんでくる。 



 このとき、サンタナは正式なレコードデビューの直前だっただが、既に熱い、いや暑苦しいともいえるプレイを繰り広げている。でも、ぼくはクールではなく、過剰な熱さこそがサンタナの魅力だと思っている。
 それにしても、サンタナって人は若い頃から顔でもギターを弾いていたのね。

 キャリア40年、サンタナの長い歴史の中で、ぼくが一番好きなのは「キャラバンサライ」だ。

B0000AKY7ECaravanserai
Santana
Sony Mid-Price 2003-09-30

by G-Tools

 ジャズ的な表現も織り込んだトータル感のあるロック・アルバムであると同時に、当時流行していたプログレッシブ・ロックのテイストも漂ってくる一枚。
 決して難解な音楽ではないけれど、聴くたびに新たな発見のあるスルメのようなアルバムだ。

 もちろん、サンタナのギターから弾き出されたフレーズは時に熱い。でも、そこには思慮深い熱さがあって、他のアルバムとは温度が違う気がする。赤ではなく、青い炎が感じられる音と表現すればいいだろうか。

 ギラギラした太陽の下ではなく、夏の星空の下で聴くとググッときそうなアルバム「キャラバンサライ」は、まちがないサンタナの傑作アルバムのひとつである。

| ロックの名盤 | 19:44 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

顔でギターを弾く。
なんのことかな、と思って見てみたら吹きました(笑)
私もいい顔で弾きたいです。

| Kin | 2009/08/01 14:55 | URL | ≫ EDIT

Kinさん、こんばんわ。

顔で弾くギタリストって意外に多いような気がします。
BBキング、アルバート・コリンズなんかも表情豊かな顔弾きをしますから、ブルース系の人に多い特徴かもしれませんね。

情感を込めた顔弾き、ぼくもあこがれますが、素人があまりやると「変な奴」ですから、危険な技のひとつだったりして。

| woodstock69 | 2009/08/03 17:42 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://beatbeat.blog72.fc2.com/tb.php/408-d3f250b7

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。