PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

追悼、レス・ポール氏

 昨日、仕事の合間にネット上をブラブラしていると、こんなニュースが目に飛び込んできた。

 訃報:RIP: Les Paul 1915-2009

 ぼくの大好きなギター、レスポールの産みの親でもあるギタリストのレス・ポール氏が94歳で亡くなったというのだ。

 レスポールの発売元であるギブソンの公式サイトにも彼を追悼するページがアップされ、多くのギタリストがコメントを寄せている。


 レス・ポール氏はこれまでに50枚のシングルと35枚のアルバムをリリース、さらにグラミー賞も5回受賞している。
 しかし、レス・ポール氏のミュージシャンとしての全盛期がビートルズの登場以前だったせいか、日本ではぼくを含めて多くの人が彼の偉大さをあまり理解してないような気もする。

 実はレス・ポール氏は発明家としても高く評価されていて、ミュージシャンして唯一「発明家の殿堂」入りをしているそうだ。

 そんな彼の発明家としての功績を振り返ってみると、1940年代には早くも自宅にスタジオを作り、そこに自作のレコードのカッティングマシーンを置いて、多重録音を可能にしていた。
 そして、1948年には世界初のオーバーダビングしてレコーディングされたレコードをリリース。1952年にはギブソン初のソリッドのエレキギターであるレスポールモデルが発売される。

 今も多くのギタリストを魅了するレスポールというギターを開発したというだけでも、レス・ポール氏は偉大な存在だが、レコーディングに欠かせない多くの技術も発明していたのだ。

 さらに、90歳を過ぎてからも、ニューヨークのジャズクラブで週に1回ライブを行い、生涯現役を貫いていたのだから「すごい!」としか言いようがない。まさに偉人である。


 今日のYoutubeからの1本は、レス・ポール氏とジェフ・ベックの競演を。
 ジェフ・ベックもまた、レス・ポール氏からの多大な影響を受けたギタリストといえるだろう。



 普段はどんなシチュエーションでも、おいしいところを奪っていく、奪っていこうとするジェフ・ベックが、おちゃめでやんちゃなプレイをする御大レス・ポール氏の前ではタジタジしている様子が見られて、実に微笑ましい。
 それにしても、さりげにトリッキーなプレイを連発するレス・ポール氏は、改めてすごいギタリストだ。

 そんなレス・ポール氏の軌跡は映画化もされている。

B001ISBKJ8レス・ポールの伝説 コレクターズ・エディション [DVD]
ポニーキャニオン 2008-12-17

by G-Tools

 この映画、ぼくは「そのうちに見よう」と思ったままだった。でも、彼を追悼する気持ちからも、このDVDは近いうちに買うつもりだ。



 キース・リチャーズやポール・マッカートニー、もちろんジェフ・ベックも登場するドキュメンタリー映画。予告編を見る限り、実に面白そうだ。

| エレキギター、再び | 11:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://beatbeat.blog72.fc2.com/tb.php/412-20e8425f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。