PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

クライベイビーを改造、トゥルーバイパス化してみた

 今日はビートルズのリマスターについては1回お休みして、久しぶりにエフェクターのお話を。ワウワウの改造についてです。

 オーバードライブやディストーションと並んで、ワウワウはエフェクターの代表格だろう。エフェクターにはまったら、誰もが一度は足元に置く1台だと思う。

 ぼくもエレキギターを再開した直後に、ハードオフで中古のワウワウを手に入れた。機種は「JIM DUNLOP GCB95」だが、その音色の通りに「クライベイビー(Cry Baby)」と呼ぶほうがしっくりくる。


Jim Dunlop/ジムダンロップ ワウペダル CRYBABY GCB95

 写真のように、ぼくのクライベイビーは色が白い。正面に貼られたラベルにはリミテッドエディションと書かれているから、かつて限定販売されていた白いクライベイビーだと思う。
 ワウワウは中古のタマ数も多くて、リサイクルショップのエフェクターコーナーでもよく見かけるけれど、白のクライベイビーを見たのは、これを買ったときの一度だけだ。

白いクライベイビー

 そして、ちょっとレアな白いクライベイビーを足元に置き、音を出してみたけど、何だか違和感がある。クライベイビーをつなぐと、エフェクトをオフにした時のギターの音が明らかに変わるのだ。アンプから出る音が、なんだか平面的で薄っぺらい音になってしまう。
 そもそも、エフェクターを使うのはギターの音を積極的に変えるっていうことだから、そんなの気にせず使えばいいのかもしれない。でも、ワウワウをバイパスした時の音がチープになってしまうのは、どうにもいただけない。

 さらに、エフェクト時のトーンからも、自分がイメージするワウワウらしい音が感じられなかった。
 ファンクのカッティングのようにコードを弾きながら「シャカポコ」とやる分には良いのだが、トーンに鋭さがないというか、ジミヘンやクラプトンのワウプレイから感じられるような「クワァ、クワァ、コワァー」というような音が出ないのだ。

 トーンに関しては「使う側の足さばきに問題があるかもなあ」と思って、クライベイビーを使い続けてみたものの、やはりバイパス音のチープさが気に入らない。仕方がないので、ワウワウはボードには組み込まず、使う時だけ接続するようにしていた。

 しかし、そのうちに取り付けと取り外しが面倒になって、クライベイビーは引き出しの中に入ったまんまに・・・・。
 いつしか、ぼくの足元からはワウワウが消えてしまった。

 でも、ジミヘンのこんなのや。

 

 クリームのこんなのを見ていると、どうしてもワウワウを使いこなせるようになりたくなってくる。



 ならばと、 トゥルーバイパス化とトーンの改善のために、思いきって手持ちのワウワウにモデファイ(改造)を加えることにした。


 ぼくがクライベイビーの改造の際に、参考にしたのは「ひらけんずうぇぶ」だ。

 このサイト、以前にも紹介したことがあるけれど、ギターやエフェクターでの音作りや改造について、参考になる話がてんこ盛りだ。
 かれこれ2年近くも、コンテンツが更新されていないのは残念だけど、それでも定期的にじっくりと読んでしまうギター関連のサイトのひとつだ。

 クライベイビーの改造について書かれているのは上部メニューにある「改造の部屋」。今回はそのページの中の「WAH_MOD(基本編)」に書かれている内容に従って、クライベイビーに手を入れてみた。

 ちなみに、この改造で必要になるパーツは6Pのプッシュ・スイッチと抵抗がふたつ。
 9Pのフットスイッチは弦や小物を買うときにも重宝している送料無料の「chuya-online」でも手に入るのだが、6Pのスイッチや抵抗となるとネット上の楽器屋では見つからない。
 そこで、エフェクターの自作を得意とする大阪の友人に電話で相談すると「うん、6Pのスイッチやったらどっかにあったな。抵抗と一緒に送ったるわ」というありがたいお返事が。友人のお言葉に甘えて、無事にパーツが調達できました。


 ぼくのクライベイビーの基盤は下の写真のような感じ。

改造前の基盤

 よく見ると、ひらけんさんのクライベイビーとは基盤の色が異なる。
 さらに、写真を比べてみると、コンデンサも種類も違うようだが、回路そのものに変更はなさそうな気がする。

 しかし、ぼくには電気的な知識があるわけではなく、このあたりは希望的な推測でしかない。でも、何もしないでこのまま使わないよりマシと判断して、改造に踏み切ることにした。

 まずはHPに書かれているように、バッファアンプにあたる部分の6個の部品を基板上から取り外す。
 この作業はハンダ吸い取り線を使いながら慎重に行えば、部品の間隔が狭いわけでもないので難しくはなかった。ただ、ひらけんさんも書かれているように、部品や基盤に必要以上の熱を加えるのはトラブルの元になる。このあたりには充分に注意が必要だ。

バッファ部の取り外しとリード線
 
 無事に6個の部品を撤去したら、トランジスタが付いていた穴にリード線を取り付ける。

 HP上での説明に従うと、次はスイッチの交換に移るのだが、ぼくはここでひらけんさんがエフェクト音、オンとオフ時に音量差の改善のために、定数を変更していた抵抗2本も取り換えてしまった。
 本来は一度試奏して、音を確かめてから抵抗を換えるのが筋だと思う。でも、これまで「ひらけんずうぇぶ」に書かれていたことを真似してみて、はずれた方向に行ったことがない。ぼくは基板上の作業の流れで、2本の抵抗の定数変更をここで行った。

 最後はスイッチの配線。

6Pスイッチ

 アースを取る場所に少々悩んだ(これも大阪の友人に相談。コネクターの左から三番目から出ている黒い線の先にあるポットの端子につなげた)が、これもひらけんさんの書かれていたとおりにつないで改造は完了した。


 次にギターとアンプの間につないでの試奏に移る。
 ギターやエフェクターに手を加えた時に一番ドキドキするのが、この瞬間だ。でも、無事にアンプから音が出てきた。

 肝心のトーンの方は、鋭さを増して、ペダルを動かすと「クワァ、カァーッ」という音が出てくるようになった。とてもいい感じで「おーっ、これこそオレの求めていたクライベイビーの音ではないか!」と思えるトーンだ。
 ただ、良くも悪くもクセのないワウワウだった改造前に比べて、効きが鋭くなった分、足さばきが難しく、繊細さも必要かも。まあ、このあたりはペダルをたくさん踏み込んで慣れていくしかないだろう。

 もうひとつの問題点だったバイパス音も、トゥルーバイパス化したことで気にならなくなった。オンとオフの音量差もなく、試奏前に抵抗の交換を行って正解だった思う。

 この改造、ぼくの場合の所要時間は1時間半くらいだった。
 エフェクターを自作したことのある方なら、パーツさえ揃えれば、それほどむずかしくはない改造のような気もするけれど、最後に大事な注意点をお読みください。

※エフェクターの回路に手を加えると、メーカーの保証が受けられなくなります。また、このエントリーや参照にしたHPと同様の改造を行うと、エフェクターが正常に動作しなくなる可能性もあります。
 エフェクターの改造の際は感電等に気をつけて、ご自身で判断のうえ、必ず自己責任で行うようにしてください。

| エレキギター、再び | 22:33 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

Yah! 無事モディファイ完了だね。おめでとう!
さて、次はトランジスタとコンデンサを交換して
クライドマッコイを目指そう!

えっ?「そこまでやらない」ってか!

結局ワウを突詰めると部品を全部交換に
なっちゃうから始末が悪いんだよね(笑)

| Noizy | 2009/10/25 15:03 | URL | ≫ EDIT

Noizyさん、こんばんわ。

送っていただいたパーツのおかげで、ようやくクライベイビーの改造ができました。

ただ、トランジスタとコンデンサの交換となると、また大変なわけで、ちょいと考えどころですね。
といいつつ、ジムダンロップ純正の交換パーツである赤いインダクターにはムラムラなんですが・・・・。

とりあえず、足を鍛えて、鋭いワウのトーンを出したいと思っています。

| woodstock69 | 2009/11/01 21:58 | URL | ≫ EDIT

はじめまして。

初対面でいきなり失礼ですが、それベース用だったのでは?(>_<)

| ぴざ | 2012/12/13 15:38 | URL | ≫ EDIT

ぴざさん、はじめまして。
コメントをいただき、ありがとうございました。

このクライベイビーですが、現行の白いベース用ではなく、まちがいなくギター用です。
正面のラベルに「LIMITED EDITION」の文字が入り、底のラベルの品番もギター用の「GCB-95」。
限定販売だったようですが、ネットを検索すれば、いくつかの中古品もでてきますよ。

| woodstock69 | 2012/12/13 20:45 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://beatbeat.blog72.fc2.com/tb.php/419-aa16cd30

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。