PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

ボブ・ディランと一緒にクリスマス?

 完全にノーマークだった。いつの間にか、ボブ・ディランの新作がリリースされていたのだ。
 ぼくは「ボブにホントの意味での駄作はなし、彼のアルバムはすべてに聴く価値がある」と思っている。しかし、前作からわずか半年のスパンでリリースされたクリスマス・アルバムには不意打ちをくらった気分だ。

B002MW50KOChristmas in the Heart
Bob Dylan
Columbia 2009-10-13

by G-Tools

 そして、チャリティーアルバムだとはいえ、陽気にクリスマス・ソングを唄いまくるボブも充分に不意打ち的だ。

Bob Dylan - Must Be Santa

 PVを見ると、底抜けに明るい。あのボブがサンタの帽子をかぶり、手をつないで踊っているのだから、これは衝撃的なシーンだ。

 以前に宗教色の強い通称・ゴスペル三部作をリリースしたことのあるボブだから、クリスマス・アルバムを作っても、何ら不思議ではない。でも、あまりのご陽気さにびっくりしてしまった。

 実は北海道の冬景色に、ボブのあの無愛想な声はよく似合う。だから、ぼくは冬にボブをよく聴く。しかし、クリスマスにボブってイメージはまったくなかったなあ。
 とにかく、ぼくの今年のクリスマスはボブ・ディランのアルバムと一緒である。


 昔から哲学者的、求道者的なイメージのあるボブだが、80年代にはこんなPVを作ってたことも。

Bob Dylan - Tight Connection to My Heart


 埋め込み禁止の動画なので、リンクをクリックしてほしいけれど、日本でも撮影されたPVで、ボブったら最後にダンサーと一緒にポーズまで決める。短いシーンだが、これが似合わないったらありゃしない。

 それよりも衝撃的なのは、PVの中にアントニオ猪木の元妻、倍賞美津子が登場すること。ボブに負けないオーラを感じるあたり、さすがだ。

B0012GMYLYEmpire Burlesque
Bob Dylan
Sbme Special MKTS. 2008-02-01

by G-Tools

 そんな「Tight Connection to My Heart」の入っているアルバムは「Empire Burlesque」だが、ジャケットからして迷走しておりますな。当時、ボブは44歳、何かと迷いの多い時期だったのだろう。

 迷走期のアルバム、PVであることはまちがいけれど、ぼくは「Empire Burlesque」を嫌いじゃない。傑作ではないが、ダメさ加減に愛べき部分のあるアルバムなのだ。ボブ・ディランに聴く価値のないアルバムはなしである。

| ボブ・ディラン | 09:01 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

孫の通う幼稚園で歌を披露して、園児たちから
「変なおじさんが怖い歌を歌って帰った」と
言われたディラン。
幼稚園でもこういう曲を歌えば良かったのに(笑)

エンパイア・バーレスクは、過去のリマスター再発から
ことごとく漏れていて、私が所有していないディランの
アルバムのひとつとなっています。
きっちり聴いてみたいですね。

でも、あのPVは知っています。
特にラストの踊り(?)は、ネタに近い扱いを受けてますよね(笑)

| hiromer | 2009/11/29 20:45 | URL | ≫ EDIT

hiromerさん、こんばんわ。

ボブが孫の幼稚園で唄う。
そんなエピソードがあったんですね。
これは知りませんでした。

はたして、何を唄ったんでしょう。
思いつくのは「風に吹かれて」「ミスター・タンバリンマン」あたりですが、怖い唄って何だろう?
まさか、ボブが童謡を唄うはずもなく、ひょっとしたらアメリカのトラディショナルあたりをがなって、園児たちを怖がらせたのかもしれませんね。
それにしても、孫の幼稚園で唄うボブって、想像できないなあ。

「Empire Burlesque」は悪いアルバムではありません。
でも、ボブの大ファンになっても、最後のほうに聴けばいいような一枚だと思います。
曲自体は悪くないし、ボブの声も好調なんですが、いかにも80年代っぽいバックの音がマイナスかもしれません。

例のPV、おじさんにも世間にウケようと、ちょいと無理した時代があったってところでしょうね。

| woodstock69 | 2009/12/02 18:17 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://beatbeat.blog72.fc2.com/tb.php/424-2e353729

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。