PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

アプローズのウクレレ、UA-20の滑り止め

 バンクーバーの冬季オリンピックが始まって、いつもよりテレビを見る時間が長くなった(やっぱり、カーリングが面白い。今回は日本チームのほとんどの試合が放送されるようで、おかげで午前中は仕事になりません)が、相変わらず暇があるとウクレレをポロポロと弾いている。

 近いうちに、お気に入りのウクレレ・サイトも紹介しようと思っているけれど、ネット上にはPDF形式のコード一覧やTAB譜がたくさんアップされている。それらをプリントアウトして、いくつかの曲を覚えたので、レパートリーも少しずつ増えてきた。

 弦が4本の分だけ、ウクレレはギターよりも簡単ともいえなくもないが、フレットの間隔が狭い分、押さえにくいコードもあったりして、きれいに音を出すのが難しい場合もある。でも、ウクレレはギターにはない独特の世界があるような気がして、なかなか楽しい。

アプローズのウクレレ、UA-20の滑り止め

 前のウクレレのエントリーにも書いたけれど、ぼくが買ったアプローズのウクレレの弱点はボディバックが樹脂製で丸いことから、胸に抱えて弾く時に滑りやすくて、ホールドしにくことだ。
 「ストラップピンを付けるのもひとつの手かな」とも考えたが、ウクレレにギター用のピンは大き過ぎるような気がするし、ストラップもギター用では太すぎて、バランスも悪いだろう。ウクレレ用のストラップというのもあるが、アプローズの場合はサウンドホールの形状が普通のウクレレとは異なるので、それも使えなさそうだ。
 そこで、マジックテープの片方を貼り付けてみると、滑り止め効果があって、立って弾く時の安定感が高まった。

 でも、見た目がちょっとかっこ悪いし、マジックテープのケバケバが服に絡みつくような感じもする。100円ショップに立ち寄った時「何か、ほかに滑り止めはないものか」と探してみると、良さそうなのが見つかった。
 家の近くのダイソーには10種類くらいの滑り止めテープやシールがあって、どれにするか悩んだが、ぼくが選んだのは「すべり止めクリアシール-浴槽用」というやつ。10枚入っていて、当然ながら100円だ。
 裏の注意書きには「ザラザラ面には接着しません」と書いてあったが、ドライヤーで少しシールを暖めてから、ウクレレの後ろに貼ると、ぴったりとくっついた。
 胸に抱えて弾いてみると、摩擦抵抗はマジックテープより少し落ちるものの、充分な滑り止め効果があった。

 アプローズのウクレレ、UA-20の立って弾く時の滑りやすさに悩んでいる人は、他にもいらっしゃるような気がするが、100円ショップの滑り止めシール、意外に使えますよ。ホント、近ごろの100円ショップはあなどれんな。
 
 ちなみに、オベーションのブランド名で発売されているエレクトリック・ウクレレUCE48には最初からストラップピンが付いているから、メーカーも滑りやすさには気付いているってことなんだろうな。


Ovation Celebrity Ukulele UCE48-A8 [エレクトリック・ウクレレ] 【特価】

 家でポロポロと弾く分にピックアップは必要ないかと思うけど、コンサートサイズでシングルカッタウェイのウクレレも、なかなか魅力的だな。

| ウクレレ | 19:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://beatbeat.blog72.fc2.com/tb.php/441-1957decb

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。