PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

ボブのチロルチョコと「DYLANがROCK」

 今日を含めて、残すところ4公演となったボブ・ディランのライブハウスツアーだが、グッズ売り場ではボブのジャケットに包まれた箱入りのチロルチョコが売れているそうだ。

ボブ・ディラン初のコラボ相手は、チロル・チョコ

 写真を見ると「目の前にあれば、買っちゃうだろうなあ」と思うし、ライブのよきお土産にもなりそう。でも「ブロンド・オン・ブロンド」や「インフィデル」のジャケットに包まれたチロルチョコ、恐れ多くてクチにできませんな、きっと。

 ディランとチロルチョコ。本来ならあり得ないような組み合わせだが、グッズとして立派に成立しているあたりが、欲しくなる理由だろう。それにしても、初コラボの相手にチロルチョコを選ぶボブって、お茶目な人だなあ。


 コラボといえば、このCDもそうかもしれない。
 ボブのことが大好きなみうらじゅんが、選曲とアートワークを手がけた「DYLANがROCK」だ。

B0031QLITWDYLANがROCK
ボブ・ディラン
SMJ 2010-03-10

by G-Tools

 実はこのCDは1993年に企画されたものの、ディラン・サイドがジャケットのイラストなどを認めず、発売が許可されなかった。ただし、非売品のプロモーション盤がラジオ局やレコード店に配布されたので、実際は世に出回っているらしい。
 ぼくも「DYLANがROCK」の話を知ってはいたが、当然ながら現物は見たことがない。でも、そんないわくつきの一枚が、今回の来日記念盤として限定発売された。「これは手に入れなければならないマスト・アイテムだ」と思えたので、早速買ってみた。

 17年前のプロモ盤の選曲に比べると、レア曲が減ったので、コレクション的な価値は低くなったかもしれない。でも、決してベスト盤には入らないであろう曲を交えたひねりのある選曲はみうらじゅんらしくて、実に良い。聴いていてニヤリとさせられるし、不思議な高揚感と気持ちよさを感じる。
 みうらじゅん好き、ボブ・ディラン好きにはたまらない一枚。ようやく、ボブのお許しがもらえたジャケット、アートワークも良いです。

 ついでに、みうらじゅんのディラン本も。

4861911699みうらじゅんマガジンVol.1 ディランがロック
みうら じゅん
白夜書房 2006-08-16

by G-Tools

 これは発売直後に買って、ここでも紹介したこともあったけれど、久しぶりに読み返してみると、過剰なまでにボブへの熱い想いが込められた本だった。そして、写真のチョイスが素晴らしいから、ページをめくっているだけでも楽しい。
 ボブの偉大さを称えた本はたくさんがあるけれど、極めて個人的な視点から彼のかっこよさ、摩訶不思議さに迫った本はこれくらいのものだろう。その点でもCDと対になる一冊といえるかもしれない。

 最後は「DYLANがROCK」にも音源が収録されている1965年のニューポートフォークフェステバルでの「Maggie's farm」を。



 フォークからロックに移行する時期のシャープなボブが、あまりかっこいい。この時期はフォークロック期にあたるのだが、ぼくには早すぎたパンクという気もする。それぐらいボブは尖りまくっている。
 さらに、マイク・ブルームフィールドのギターも素晴らしくて、ボブに鋭いつっこみを入れまくる。最後に聴こえる観客のブーイングを含めて、1965年のディランはロックだったんだなあ。

| ボブ・ディラン | 22:37 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

woodstock69さん、おはようございます。
私もこの本持ってます!CDもおもしろそうですね。
先日、ユーミンのFM番組で
「ディランのどこがいいのかさっぱりわからない」ユーミンにディランの魅力を教示するみうらじゅんという企画をやっていました。
ディランを聴いたことがなかったユーミンにもびっくりでしたが、
みうらじゅんのディランに対する愛情ぶりにはあらためて脱帽ものでありました。
最初に買ってしまったディランのLPを「なんだこれと思ったけど、なけなしのおこづかいを使ったので嫌でも好きになるしかなかった」と少年時代を語るみうらじゅんに座布団10枚!でした。
昔はそれくらい1枚のレコードを「たとえ失敗であったとしても」一生懸命聴いていたんだよなぁ・・・そのあげくにやっぱり二度と聴かなくなった人たちも多いですけど。

| baco | 2010/03/26 05:35 | URL | ≫ EDIT

ディランのチロルチョコ、かなりの勢いで売れてました。
私も迷いましたが、食べ物なので断念・・・。
絶対手がつけられないですもんね。

包装紙を保存しようとして破ったりなんかした日には立ち直れないと思います(笑)

| hiromer | 2010/03/26 23:12 | URL | ≫ EDIT

bacoさん、こんばんわ。

「DYLANがROCK」はあの本とセットのCDかもしれませんよ。
みうらじゅんがロックを感じるディランの曲ってことで「風に吹かれて」などアコギの曲はなしです。
年代もバラバラでディランの声がコロコロ変わりますが、そのあたりも良いです。

ユーミンの番組、そんなのあったの知らなかった!
それはぜひ聴きたかったですが、ユーミンがディランなんて聴いたことがないって話は何となく納得しますね。
というか、ぼくはディラン好きの女性に会った記憶がないですけど・・・・。

みうらじゅんは確かディランのアルバムを一枚目から順番に買っていったそうで「ブリング・イット・バック・ホーム」の1曲目を聴いて、ようやく救われた気分になったという話を聞いたことがあります。
そこまであきらめなかった彼もすごいですが、救われた曲の「サブタレニアン・ホームシック・ブルース」は「DYLANがROCK」入ってますね。

ちなみに、ウチのオヤジはJAZZが好きな人で、音楽にも寛容。
だから、ビートルズのレコードなんかは、でかい音で鳴らしても大丈夫でした。
でも、ボブは嫌いだったらしく「なんや、その抑揚のないお経の唄は。やめとけ、そんなん」と怒鳴れた記憶があります。
でも、反抗期の真っ只中、何だかよく分からないけれど大人を不愉快にさせるディランにのめり込んで、今に至ります。

| woodstock69 | 2010/03/27 23:16 | URL | ≫ EDIT

hiromerさん、こんばんわ。

ディランのチロルチョコが飛ぶように売れるのは、すごく理解できます。
あの箱、パッケージを見たら、やっぱり欲しいと思っちゃいますよね。
でも、口にできない食べ物ほど始末におえないものはないのも確かで、買った人はちゃんと食べているのかなあ。

さらに、ボブ自身も試食したんでしょうか?
あの人は甘いものなんて食べないような感じがするんですが、そのあたりも気になるなあ。
チョコをほおばるボブ・ディラン、やっぱり想像できません。

| woodstock69 | 2010/03/27 23:22 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://beatbeat.blog72.fc2.com/tb.php/446-f8be56e2

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。