PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

ジェフ・ベックのニューアルバム「Emotion & Commotion」

 「次のアルバムはオーガニックなものになる」。何かのインタビューで、ジェフ・ベックがこう言っていたのを読んだ記憶がある。

B003405MF6Emotion & Commotion
Jeff Beck
Atco 2010-03-23

by G-Tools

 そして、リリースから少し遅れて聴いた「Emotion & Commotion」。事前に「映画音楽のようなアルバム」なんてウワサも耳に入ってきていたから「つまんないアルバムだったら、どうしよう」と思いながら、CDプレイヤーのトレイにのっけると、1曲目からストリングスが前面に出てきた。
 最初は「オヤジ、いくらオーガニック・サウンドでも、これはやり過ぎやないか」と思ったが、全体を通して聴いてみると、ストリングスに乗っかってギターを弾くジェフ・ベックへの違和感がなくなってきた。

 そして、ぼくがこのアルバムから感じたのは、良い意味での裏切りである。ベースのタルちゃん、ドラムのヴィニー・カリウタと一緒にスタジオに入って、オーガニックなサウンドのギター・アルバムを作っているというリリース前の情報からは、長いツアーでぴったり息の合ったメンツとガンガンやりあうストレートなロックアルバムを想像していたからだ。

 しかし、いきなりストリングスがヒャーラ、ヒャラである。イージーリスニングともいえそうな音だけど、よく聴けば、ジェフ・ベックのギターのトーンは繊細で緻密だ。かつて、マイルス・ディビスは「卵の殻の上を歩いているような」と称される繊細なトランペットを吹いたが、最近のライブの定番曲でもある「Over The Rainbow」あたりは「卵の殻の上を歩いているようなギター」だと思う。

 まだ、それほど聞き込んだわけではないので結論を出すには早いが、新しいベック・サウンド、個人的には大いにアリだ。このアルバム、車をドライブしながら聴くと気持ちいいんじゃないかと思う。
 この路線は次回も続くのか、それとも1回限りのきまぐれなのだろうか。ジェフ・ベックの次回作は意外と早い時期に聴けそうな予感がある。

 今日の動画は今年のグラミー賞のジェフ。故レス・ポール氏へのトリビュート・ライブでの「How High The Moon」を。


 
 なんと、ジェフ・ベックがサンバーストのレスポールを弾いている!
 ジェフが公の場でレスポールを持つのは、おそらく70年代中盤のBBAの時以来のことだろう。ストラト以外のギターを指で弾くジェフ、やけに新鮮である。

 ストリングスが舞う最新アルバム、久々のレス・ポール、英米でのクラプトンとの競演と、良い意味で、何でもありの時期に入ったかのようなジェフ・ベック。今週から始まった日本ツアーを含めて、今後の展開が楽しみだ。


 最後に何でもありといえば・・・・。

ジェフ・ベック、ギター・フィギュア付きCD発売決定

 企画自体は良いと思う。でも、2007年のクロスロード・ギター・フェスティバルのDVDを組み合わせたスペシャルエディション、それにジェフ・ベックのストラトのギター・フィギュアの付いた完全限定リミテッド・エディションの発売日が6月とは、どういう訳だ?

 この手の商品を買うのは、基本的にジェフ・ベックが大好きな人たちである。6月に限定版が発売されることが分かっていても、3ヶ月も聴くのを待つわけにはいかないから、先行して発売されたCDのみのニューアルバムは買うだろう。
 つまり、数ヵ月後に同じアルバムを2回買う決断を迫られるわけだ。レコード会社はそこが狙いなのかもしれないが、ちょっと不誠実な商売のような気がするぞ。発売日のずれに関してはあくまでも推測だが、理由はどうであれ、こんなことをしていると、売れにくくなっているモノが、よけいに売れなくなるのでは・・・・。 

| ジェフ・ベック | 21:13 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

先程大阪公演より帰還しました。
ネタバレになりますからボカして書きますけど、
グ◯ミー賞での映像ですけど、まさにそれを
再現したようなしてないような、サンバーストじゃ
なかったですけど、例のあの黒に見えるけど実は
茶色のアレですアレ、あれを持って歌はベースの
ロ◯ダ姉さんが熱唱されまして、相当な鳥肌を
出してしまいました。

いやもう今回は、なんでも出来る人が揃ってて、
見所の多いライブでありました。

| Kin | 2010/04/07 23:28 | URL | ≫ EDIT

おはようございます。
ジェフ・ベックのニューアルバム、良い意味で期待を裏切った秀作みたいですね。実は昨日買おうと思ってCDショップへ行き、フィギュア付きのセットボックスが6月であることをみて、とりあえず買わずに帰ってきました。(^^ゞ
まぁ、こういう人もいるわけで、せっかくの販促用のフィギュアが逆効果になっているんじゃないかと・・・。時がたつと買う気が薄れたりする可能性もありますしね。

DVDのからみで発売が遅いのかもしれませんが、それだったらDVDにつければよいと思うのは私だけ?

| テイルピース | 2010/04/08 08:53 | URL | ≫ EDIT

Kinさん、おはようございます。

既にネット上には情報があふれているので、書いても良いような気もしますが、例の牛の血色のギターが登場したんですね。
ホンモノではなくって、昨年ギブソンから発売されたあれでしょうか?

今回のツアーのハイライトはナラダ・マイケル・ウォルデンとのホンモノの「レッド・ブーツ」かと思っていましたが、ロンダ姉さんも良いんですね。
行けなかったことを後悔しつつも、毎日「Emotion & Commotion」を聴いています。
このアルバム、ジェフも良いですが、タルちゃんのベースも良いですね。

| woodstock69 | 2010/04/10 10:37 | URL | ≫ EDIT

テイルピースさん、おはようございます。

ジェフの新しいアルバム、個人的にはかなりツボです。
聞き流せる音ともいえなくないですが、じっくり聴くと味が出てくるようなアルバムかもしれませんよ。

限定版ですが、発売のタイミングが悪いような。
クロスロード・ギター・フェスティバルの映像も見たいし、ジェフのストラトのフィギュアも欲しいですが、3ヶ月後に買うかというと・・・・。
ホント、DVDだけ売ってくれないかなあ。

アルバムが良いだけに、ちょっと残念です。

| woodstock69 | 2010/04/10 10:42 | URL | ≫ EDIT

ご無沙汰しております。。
ベックのギタースタイルは何と言うか‥ 言葉が見当たらない程スゴすぎ(笑)
関心しまくりです。
このアルバムも良いッスよね!

| はっしゃん | 2010/04/12 09:59 | URL | ≫ EDIT

お久しぶりです
引っ越したばかりで家にネット環境がない状態でした。

ジェフ・ベックも60代ですか・・。
全然見えませんね・・・・。当然なのかもしれませんが、年を重ねるほどギターが洗練されている感じがします。

あとブログも引っ越しましたので、お時間がございましたら訪問頂ければ幸いです。

http://nataka-web02.jugem.jp/

| なたか | 2010/04/14 23:20 | URL | ≫ EDIT

はっしゃんさん、こんばんわ。
お久しぶりになのに、レスが遅くなって、すみませんでした。

ジェフ・ベックのギターですが、近ごろは「ギターが唄う」と表現すべきレベルに達しているような。
もちろん、新しいアルバムでもギターが唄いまくりで、最初は違和感のあったストリングス入りの曲が今では快感。
還暦を過ぎて、いろんな意味でアグレッシブな姿勢を崩さないジェフ、すごいですね。

| woodstock69 | 2010/04/15 18:42 | URL | ≫ EDIT

なたかさん、こんばんわ。

ジェフ・ベックはクラプトンやペイジに比べると、容姿が変わらないんですよね。
写真を見ても、腕の張り具合なんかも還暦の人とは思えないほどで、ギターのトーンも進化というより深化している気がしますね。

ブログの引越しの件、確認しました。
リンク先の変更もしておきますので、よろしくお願いします。

| woodstock69 | 2010/04/15 18:50 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://beatbeat.blog72.fc2.com/tb.php/448-4330e50c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。