PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

これは使える!FMトランスミッター「Lauda XL-739」

 少し前、車用にオーディオテクニカのFMトランスミッターを買ったが使い物にならず、音を飛ばすのをあきらめて、カセットアダプターにしたと書いた。車にはカセットデッキがついているから、これで問題はないし、音もまずまずだ。

 以来、特にFMトランスミッターの必要性はなかった。しかし、仕事中のBGMにも「Zen Micro」を使うようになってから「やっぱり、FMトランスミッターが欲しいな」と思うようになった。
 PCに向かいキーボードをガチャガチャと叩いている時、イヤーホーンのコードがどうしても邪魔になる。そこで隣の部屋にあるアンプに「Zen Micro」をコードで接続して、仕事部屋にも置いてあるスピーカーで鳴らすことにした。しかし、「Zen Micro」が隣の部屋にあるので、今は聴きたくない気分の曲が流れ始めても、スキップができない。
 仕事が順調に進んでいる時、音楽はそれほど耳に邪魔にならないのだが、行き詰まると、どうしてもスキップしたくなる。FMトランスミッターがあれば、手元に「Zen Micro」を置けるので、スキップボタンが押せるのだ。

 今度は失敗しないように、ネット上のいくつかのレビュー(物欲番長・スタパ斉藤のページなど)を参考にして、買ったのが「Lauda XL-739」というFMトランスミッター
 発売元のラウダという会社は「プレステ2車載取付キット」など、車用の少々怪しげな商品を作っている会社のようだが「Lauda XL-739」は良い、今度は使える。

 まず、肝心の電波。貧弱だったオーディオテクニカのFMトランスミッターと比べ物にはならないくらい強力だ。無音部分のノイズもなく、音も良い。車の中なら、どこに置いても雑音もなく電波が飛び、クリアなサウンドが楽しめるだろう。
 家の中でテストしてみると、二階のラジオでも受信できてしまった。ここまで強力だと家が建て込んだ都会(我が家は山の中の一軒家なので大丈夫だけど)では、逆に問題になるかもしれない。いずれにせよ、パッケージに書いてある「車内でガンガン聞ける!」に偽りはない。

 電源は単四電池が2本。使い始めたばかりので、実際にはどうか分からないが、説明書によると300時間以上使えるようだ。プレイヤーから音が流れると電源が入り、停止すると電源がオフになる仕様なので、電池の持ちはかなり良さそうだ。
 本体は四角くて小さいので置き場所に困ることはないが、強力な電波を発生させる長いコードアンテナが少々邪魔になるかもしれない。
 車との固定には付属のマジックテープを使い、プレイヤー本体と「Lauda XL-739」をマグネットで合体させることもできる。でも、プレイヤーに決して小さくはない金属プレートを貼らなければならない。これはちょっと無理がある仕掛けだと思う。

| MP3プレイヤー | 10:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://beatbeat.blog72.fc2.com/tb.php/45-916f05bf

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。