PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

ストーンズ、映像関連のリマスターも続々と

 前のエントリーで紹介したローリング・ストーンズのアルバムのリマスターだが、実は映像に関してもリマスター、再発売が進んでいる。

 まずは新メンバー、ミック・ティラーのお披露目のフリー・コンサートになるはずが、期せずしてブライアン・ジョーンズの追悼コンサートとなった「ハイド・パーク・コンサート」から。

B000FNNN3Iハイド・パーク・コンサート リマスター版 [DVD]
ザ・ローリング・ストーンズ
エイベックス・トラックス 2006-07-05

by G-Tools

 今の目でコンサート・フィルムとして見ようとすれば、カメラワークやカット割がいかにも60年代終わり的で古臭いけれど、ドキュメントとしては貴重な1本。

 大混乱の「Sympathy For The Devil」を見れば、その感じは分かってもらえると思う。



 ハイド・パークを埋め尽くす人、また人。ミックのMCに続いて、鳴り響くパーカッション。ミック・テイラーが刻むコードに、フライングVを持ったキースが絡みついていく。
 キースとミック・テイラーのコンビネーションはまだ確立されていないから、いわゆる黄金のテイラー期のストーンズのプレイではないし、チューニングすら怪しい場面もある。
 でも、それがどうした。ここにしかない1969年のストーンズが見られる「ハイド・パーク」は同じく最近になってデジタルリマスターされたドキュメンタリー的な「ギミーシェルター」と並んで、必見の映像だ。

B002TEYRV8ザ・ローリング・ストーンズ / ギミー・シェルター 〈デジタル・リマスター版〉 [DVD]
ワーナー・ホーム・ビデオ 2009-12-16

by G-Tools



 時代は大きく飛んで、日本がバブルに踊っていた1990年。ようやく、ストーンズが初来することになった。
 ぼくがストーンズを初めて見たのもこの時だったが、東京ドームだけの連続10公演、当時のロック・コンサートとしては高額だった1万円のチケットはすべてソールドアウト。今にして振り返ってみれば、いかにもバブリーな時代のバブリーなコンサートだったけれど、ストーンズの初来日は社会的な事件といえるほどの大きな話題だったと思う。

B002KU6BEWROLLING STONES AT THE MAX,THE [DVD]
UNIVERSAL INTERNATIONAL(P)(D) 2009-12-09

by G-Tools

 そんな日本ツアー後のヨーロッパでの「アーバン・ジャングル・ツアー」の様子を収めた「ROLLING STONES AT THE MAX」も昨年の暮れにようやくDVD化された。

 60年代には「ストーンズがこの曲をプレイすると暴動が起きる」と恐れられた「Street Fighting Man」だが、このDVDの中でミックは犬(狼か?)の形をした巨大風船と闘う。
 いつの間にか健全なエンターティメントになってしまったストーンズに、時代の流れを感じるけれど、初めて見たストーンズがツアーが収められているということで、個人的には好きな映画だ。

 アイマックスという特殊な映写方式のために作られたものだけに、カメラが大きくひいたカットも多いけれど、ビル・ワイマン在籍時の最後のツアーの記録としても貴重である。

 とはいえ、ストーンズにはビデオ化されたのもの、未だにDVDにはなっていないモノもあって、例えばこれ。
 2本組みのVHSという今となってはかさばる代物だが、このビデオが良いのだ。

「ブードゥー・ラウンジ・イン・ジャパン」

 場所は1995年の東京ドーム、ブードゥー・ラウンジ・ツアーからの映像だが、なんと全23曲のコンサートがカットなしで収録されている。



 ジャングル・ビートの「Not Fade Away」で始まるこのコンサート、初来日の時に比べて、メンバーがリラックスして楽しそうにプレイしているし、セットリストも良い。ノーカットだが間延びした感じもなくって、コンサートを丸ごと追体験できる点も素晴らしい。

 ぼくは未だに年に数回、このビデオを見るけれど、最近のストーンズのライブ映像ではこれが一番好きだ。
 
 もちろん「ブードゥー・ラウンジ・イン・ジャパン」はもう販売されていないけれど、アマゾンでも中古が買えるし、ブックオフあたりで格安で売られていたら手に入れるべき1本だと思う。

 そういえば、この秋にはお蔵入りになったまんまの72年のツアーを記録した映画「レディス・アンド・ジェントルメン」もDVD化されるらしい。この映画、ブートビデオではあまりに有名な1本で、ぼくも見たことはあるけれど、きれいな映像で見られるとなるとリリースが待ち遠しい。

 それにしても、ストーンズは映像の部分でもかなりのストック、ネタがあるわけで、この先も様々なリリースが続くだろう。いやはや、ストーンズ・ファンでいるのもお金がかかりますなあ。

| ローリング・ストーンズ | 21:34 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

こんばんわ!
貴重な映像見せてもらいました。

こんなへたくそな(笑)Sympathy For The Devil初めて聴きました(笑)

ミックテイラーはやっぱ男前ですねぇ・・・
あとフライングVはめっちゃ似合わないぞ・・・キース(笑)

初来日の東京ドーム10Days私行きましたわ。
オープニングのStart Me Upが始まった瞬間ぼろぼろ涙こぼしましたね。
やっとSTONESと同じ空気が吸えたと思って・・・

極力来日したらコンサートには足を運ぶようにしてましたが
ブードゥー・ラウンジ・ツアーだけは行けなかったんですよねぇ・・・(関西でやらなかったせいもありますが・・・)

もう来ないのかなぁ・・・

でもビルワイマンが抜けてから昔ほど夢中になれなくなったのも事実ですが…(笑)

| FINE | 2010/05/22 22:29 | URL | ≫ EDIT

VLのビデオ、すぐに廃盤になりましたし、今となっては貴重ですよね。
ストーンズは今年はツアーに出ないみたいなので、その代わりにレコーディングやリマスターをどんどん進めて、ファンの心の隙間を埋めてほしいです。

| hiromer | 2010/05/23 23:13 | URL | ≫ EDIT

FINEさん、こんばんわ。

70年代、ストーンズのライブ映像といえば「ハイドパーク」か「ギミー・シェルター」くらいしかなかったわけで、あれを見ちゃうと彼らが「下手っぴ」と言われていたのが分かるような・・・・。
でも、あの混乱した感じが好きなんですよね。

それと、キースのフライングVなんですが、ぼくは意外に似合うような気がするんです。
もちろん、今なら「?」が3つくらい付きますが、ジャンキーな頃のキースにはぴったりの1本だったかもしれませんよ。

ブードゥー・ラウンジ・ツアー、実はぼくも行ってません。
あの時は大阪はなかったのに、確か福岡ドームではライブがあったんですよね。
福岡に遠征した友達によると、ガラガラだったけど、ライブはすごく良かったそうですよ。

最後にビル・ワイマン。
彼が抜けてから、ストーンズのライブのベースはつまんないですね。
ダリル君、確かにうまいけれど、ビルのベースのように引っかかるものがない。
居なくなってみて分かる、ビルの偉大さですね。

| woodstock69 | 2010/05/24 22:59 | URL | ≫ EDIT

hiromerさん、こんばんわ。

ブードゥー・ラウンジのビデオ、廃盤、ライブをノーカット収録といった点でも貴重ですが、それらを抜きにしても、埋もれさせておくには惜しい映像だと思うんですよね。
過度な演出はないし、カメラが回っているのに適度に肩の力の抜けたプレイは90年代以降のライブビデオの中でも上位に入るのでは。

今年は「メインストリート」に続いて「レディス・アンド・ジェントルメン」もリリースされるようですから、充分に心の隙間は埋めてくれそうですが、来年はニューアルバムとツアーに期待したいですね。

| woodstock69 | 2010/05/24 23:06 | URL | ≫ EDIT

こんばんは♪
VOODOOはマイアミ公演がDVDで出回ってましたよ。
女優のウーピー・ゴールドバーグが、
オープニングでストーンズ紹介→Not Fade Awayの流れです。
ゲストはロバート・クレイとStop Breaking Down
ボ・ディドリーとWho Do You Love
結構普通に手に入ったのに、
そういえば見かけませんね。

| kingbee | 2010/05/26 23:23 | URL | ≫ EDIT

カッコイイv-238

| エレクトロニカ宗五郎 | 2010/05/31 00:44 | URL | ≫ EDIT

kingbeeさん、こんばんわ。

ブードゥー・ラウンジのマイアミ、確かアメリカでペーパービューの生中継されたやつですよね。
ぼくもブートビデオを見た記憶があります。
スティール・ホイールズ・ツアーのアトランティックシティと同じような放送形態、趣向のライブだったような。

89年以降のストーンズは色んな映像が出回ってますから、見るものも多いのですが決定打に欠けるような気もします。
近年の映像なら、やっぱり「シャイン・ザ・ライト」になるでしょうけど、この2本組みビデオも気に入ってます。

| woodstock69 | 2010/05/31 18:10 | URL | ≫ EDIT

エレクトロニカ宗五郎さん、こんばんわ。

昔のストーンズも、今のストーンズもかっこいいですよね。
やっぱり、体型や表情を含めて、かっこいいのがロックの基本のような気がします。

| woodstock69 | 2010/05/31 18:12 | URL | ≫ EDIT

はいこんばんは。

体系や表情>わかります。とても。私もティナターナくらいがんばりたいと思います(最近、流石に彼女も肥えてきたけどねw)。

| エレクトロニカ宗五郎 | 2010/05/31 23:49 | URL | ≫ EDIT

エレクトロニカ宗五郎さん、こんばんわ。

ティナ・ターナ、グラマラスで足のきれいな人でしたよね。
ライブエイドでのミック・ジャガーとの競演もかっこよかったです。

で、最近のライブ映像を見てみると、ホントだ、グラマラスというより肥えてますね。
しかし、還暦過ぎて、あのパワフルさはすごいですね

| woodstock69 | 2010/06/01 20:14 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://beatbeat.blog72.fc2.com/tb.php/454-ff3ff74d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。