PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

30年前の記憶、ライブハウスの佐野元春

 今年は佐野元春のデビュー30周年だ。それを記念したツアーがあるという話は聞いていたが、今年も半分が過ぎようとしているのに、何の音沙汰もない。「どうしたんだろう?」と思っていると、ようやく公式サイトでツアーの詳細の発表があった。

佐野元春30周年、アニバーサリー・ツアー特集サイト

 ツアーは三つのパートに分かれ、8月のスポークンワーズのツアー、10月からのコヨーテ・バンドとのライブハウスツアー。そして、来年のホーボーキングバンドとの全国大都市ツアーという大規模なものになるそうだ。

 この中で個人的に注目しているのはライブハウスツアーで、開催日程を見ると全国各地の比較的小規模なライブハウスが選ばれている。
 ぼくの住む北海道では札幌の「ペニーレーン24」でのライブが予定されているが、ここのキャパは確か500人程度のはず。このくらいの大きさのライブハウスで佐野元春のライブが見られることには、良くも悪くも感慨深いものがある。


 実はデビュー直後の佐野元春を大阪のバーボンハウスというライブハウスで見たことがある。
 バーボンハウスは梅田の百又ビルの地下(1階にあった「百番館」という喫茶店にもよく行った)にある100人も入れば満員になるような小さなライブハウスだった。
 当時の大阪ではブルースやR&Bといった音楽が盛んで、ここでは憂歌団やサウス・トゥ・サウスなどのライブを見たことがあった。しかし、今のようにネットなどない時代である。「プレイガイド・ジャーナル」を見て、お目当てのライブに行ったこともあったけれど、友達とお酒を飲みに入ったら、たまたま誰かのライブが始まったということが多かった気がする。
 
 佐野元春の場合も同じで、階段を下りて、ぶらりと店に入ったら、ライブが始まった。
 もう30年も前の話なので、ぼんやりした記憶しか残っていないけれど、お客は少なくて、ガランとしたライブ・ハウスで、佐野元春は空回り気味の全力投球のライブをやった気がする。例の口調は当時も同じで、ぼくは「けっ、こんなキザなしゃべり方する奴は、絶対に大阪では売れへんわ」と思ったことだけは、はっきりと覚えている。
 ただ、佐野元春の音楽には何か心にひっかかるものがあった。リアルタイムでアルバムを買うようになったのは「Someday」からだが、それ以降はほとんどのツアーのライブに行っている。

 そして、バーボンハウスの次に佐野元春を見たのは1985年の「Visitors Tour」の真駒内アイスアリーナだった。
 コンサートの最後、すごい熱気に包まれた超満員のアリーナーの天井から降ってくる無数の風船をながめながら、ぼくは「あの時の佐野元春は幻だったのかも」と思った。
 バーボン・ハウスの佐野元春と真駒内アイスアリーナの佐野元春。どちらもホンモノだったけれど、あまりにも会場にギャップがあり過ぎて、ぼくにはその姿を重ね合わせることが難しかった。彼は客もまばらな小さなライブ・ハウスから満員の巨大なアリーナまで、わずか数年で駆け上がってしまったのだ。

 そんな佐野元春が小さなライブ・ハウスに帰ってくる。この歳になると、オールスタンディング、ギュウギュウ詰めのライブは「ちょっと、疲れるよなあ」という気持ちもあるけれど、11月には札幌まで30年後のライブ・ハウスの佐野元春を見にいこうと思っている。


 最後に佐野元春のデビュー直後の映像を。



 勢いにまかせてすっ飛ばす「夜のスウィンガー」だが、曲が始まった直後に佐野元春がジャンプして、勢い余ってギターを持ったまま、ずっこける。
 今では知的なイメージのある佐野元春だが、特に初期の頃は荒削りで暴走気味のパフォーマンスも多かった。少しやんちゃな佐野元春の姿も、久しぶりのライブ・ハウスで見てみたいな。

| 佐野元春 | 22:53 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

見たいです。

チケット取れたらいってみます。

| エレクトロニカ宗五郎 | 2010/06/19 14:58 | URL | ≫ EDIT

私も佐野元春好きです。
いや、好きだったと言っていいかも?

佐野元春といえば一番知名度が高いのは名盤「Someday」だと思うんですがこの「Someday」以降の彼の作品にはちょっと興味がなくなってしまいました。

私が好きだったのが「Back To The Street」のころ。
まさしくリンクの「夜のスウィンガー」のころです。

このころの佐野元春は肩で風切るロックを歌ってた・・・

「Someday」はすばらしいアルバムですが
このあと微妙にアートになったり
ポップになったりしたのが個人的に残念でしたね・・・

ま、時代ですからしょうがないと思いますけど・・・

| FINE | 2010/06/19 18:15 | URL | ≫ EDIT

エレクトロニカ宗五郎さん、こんばんわ。

ぼくの経験上、最近の佐野元春はそれほどチケット争奪戦が激しくないです。
小さなライブハウスでも、早めに動けばチケットは取れると思いますよ。

| woodstock69 | 2010/06/22 18:13 | URL | ≫ EDIT

FINEさん、こんばんわ。

確かに佐野元春は「Someday」以後はストレートなロックンロールは少なくなりましたね。
ただ、ぼくの場合は「Someday」のテイストを期待して、大いに裏切られた次作の「Visitors」を聴いているうちに大好きなり、以後も佐野元春ファンです。

デビュー当時のライブを見たことがあって、アルバムもほぼリアタイムで買い続けている。
おまけにツアーで近くに来れば、必ず見にいくというミュージシャンは佐野元春だけなので、思い入れもあるんですよね。

近作の「THE SUN」や「COYOTE」は詩を含めて、大人になったからこそ分かるアルバムになっていて、ぼくは大好きですよ。
機会があれば、最近の佐野元春も聴いてみてください。

でも、近ごろのライブは年齢層がかなり高くなっていて、ちょっと寂しいんですよね。

| woodstock69 | 2010/06/22 18:26 | URL | ≫ EDIT

今から
ペニーレーンを検索していてたどり着きました。
私は今から準備をして、地下鉄でペニーレーンに行きます!元春のライヴは札幌は2年振り。今から心臓が高鳴ります。

私が最初に見た元春ライヴは82年の「ハートランドへようこそ」です。道新ホールでした。既に満杯の会場で16歳の私は足元にバクダンを落とされっ放しの2時間を過ごしました。いつも一曲目で号泣してしまう私ですが、今日はしっかり目を見開いて30周年を祝って来ます。ちなみに元春ライヴは必ず一人で行くのが私のポリシーです。

| ライオンママ | 2010/11/05 15:57 | URL | ≫ EDIT

ライオンママさん、はじめまして。
コメント、どうもありがとうございました。

小さなライブハウスで見る、佐野元春。いかがだったでしょうか?
きっと、素晴らしいライブだったと思います。
ぼくも以前にZEP札幌で佐野元春を見たことがありますが、あまりの近さにドキドキしました。

上のエントリーでは「ペニーレイン」に行くと書いたものの、都合により見送り。
結局、1月の教育文化会館のチケットを手に入れました。
コヨーテ・バンドにも興味がありますが、長田進が加入したホーボ・キング・バンドがどういうグルーブを出すのかも楽しみ。
年をまたいじゃいますが、佐野元春の30年周年を心よりお祝いしてくるつもりです。

それと、近々リリースされるらしいセルフ・カバー・アルバムも楽しみですね。

| woodstock69 | 2010/11/06 18:41 | URL | ≫ EDIT

行ってきました
音が悪くてがっかりです。来年WOWOWで放送される元春の曲で生め尽くされたロードムービーがスタートでした。真っ白の元春はまさにコヨーテそのもので、やはり一曲目は泣いてしまいました。
来年の1月のライヴにも行きます。楽しんで来ましょうね!
コヨーテバンドは…若くて勢いを感じましたよ。「精神年齢は同じくらい」と元春も言っていましたが、息はあっていました。ただ、なぜか音が嫌だったなぁ。
あと、大合唱なので元春の声が聞えなかった曲がありました。
それはそれで楽しいです。
では、来年同じ会場の別の席で楽しみましょう。

| ライオンママ | 2010/11/07 19:18 | URL | ≫ EDIT

ライオンママさん、こんばんわ。

小規模なライブハウス、ホールとは違って、音の抜けが悪いなどの問題があるのかもしれません。
佐野元春を間近で見られるのはうれしいことですが、音が悪いのはちょっとね。

1月のライブは大き目の会場、バンドも変わるので、また違った佐野元春が見られるかも。
ぼくはライブハウスとの比較はできませんが、見たあとにはレビューを書くつもりです。

では、来年の雪の札幌で、佐野元春の30周年をお祝いしましょう。

| woodstock69 | 2010/11/09 23:42 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://beatbeat.blog72.fc2.com/tb.php/458-2876c1fc

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。