PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

25年ぶりのウォークマン

 1979年、初代ウォークマンの登場は衝撃的だった。
 今になって、初代ウォークマンの写真を見てみれば、少し野暮ったいデザインに感じるし、とにかくでかい。でも、当時はとてもコンパクトでおしゃれな音楽プレイヤーだった。何より「街に音楽を手軽に持ち出す」というコンセプトそのものが新しかった。
 ついでに、ヘッドフォンでしか聴けないという割り切り方もすごかったと思う。今の若い人には信じてもらえないかもしれないけれど、テープレコーダー(録音はできないけれど)なのにスピーカーがなく、本体から音が出ないことにすら違和感があった時代だったからだ。
 いずれにせよ、初代ウォークマンが携帯型の音楽プレイヤーの原点なのはまちがいないだろう。

 発売直後に、友人が初代ウォークマンを購入し、それを聴かせてもらった時のことは今でもよく覚えている。
 小ささと軽さ、音の良さにもびっくりして「これ、欲しい!」と思ったが、3万円以上と高価だったウォークマンをすぐには買えなかった。

 ぼくがようやくウォークマンを買えたのは、それから4年後のことだった。水に強いスポーツウォークマンが発売され「これはバイクのツーリングや海に持っていくのに良さそう」と、ようやく購入に踏み切ったのだ。
 その間にウォークマンは爆発的ヒット商品になり、既に目新しさもなくなっていたが、タフでFMラジオも聴けたスポーツウォークマンは旅先や海辺で、とても重宝した1台だった。

 80年代の聖子ちゃんのCMにも、妙な懐かしさを感じますなあ。




 そんな思い出深いウォークマンを25年ぶりに新調した。とはいっても、買ったわけではない。当たったのだ。
 いつも車のフロントガラスに塗っているコーティング剤の「glaco」を買うと「携帯電話で商品が当たる」というキャンペーンのステッカーが貼ってあり、試しに携帯電話からIDナンバーを入力してみると、ウォークマンのWシリーズに当選の文字が!

 これまで、ネット経由のプレゼントには当たったことがなかったので「ホンマかいな」と半信半疑で当選手続きをしたのだが、しばらくするとホントにウォークマンが送られてきて、驚いた。うーん、あの手のプレゼントって、ホントに当たるのね。

 送られてきたのは、ウォークマンのWシリーズの「NWD-W202」という機種。


 容量が2GBの音楽プレイヤーだが、一番の特徴はコードのわずらわしさがないこと。ワイヤレスではなく、耳にかける部分そのものが本体であり、ヘッドフォンなのでコードがないのだ。

 近ごろ、運動不足と体力低下を痛感し、日課として家の近くをランニングしてるので、歩いたり、走ったりしながら「NWD-W202」を何日か試してみた。
 本体は「耳に付けるにはちょっと大きいかな」と思うけれど、35グラムという重量のせいかフィット感は良く、ランニングをしていても、ずれ落ちるようなことはない。ジョグダイヤルによるに操作も慣れしてまえば簡単だ。そして、肝心の音のほうもまずまず。
 本体とUSBコードを兼ねたスタンドのデザインも良いし、パソコンのUSBポートから1.5時間の充電で半日以上使える点も優秀だ。細かいところでは、専用のソフトを立ち上げなくても、ドラック&ドロップで曲を入れることができる点も気に入った。

 他の音楽プレイヤーのように大容量ではなく、多機能でもないけれど、好きな曲を入れて、シャッフルして聴くには充分な機能を持った音楽プレイヤーだろう。何より、歩いたり、走ったりする時にコードを気にせず、気軽に音楽を聴くという使い方に特化した製品のコンセプトに潔さを感じる。


 ただ、ネットでユーザーの方の使用感などを読んでいると、この「NWD-W202」は防水や防滴仕様ではないので、汗をかくような状況で使用すると故障しやすいそうだ。ぼくのは今のところ大丈夫だが、これが最も使われそうなのが運動中ということを考えると、汗に弱いのは困ったものだ。

 「当たったものだから文句は言えんが、汗には気をつけなきゃ」と思っていると、新型の「NWD-W253」が発売されていた。これは水洗いも可能な防水性を持っているから、汗の心配はなしかもしれない。

 
 さらに、容量も2倍の4GBになって、値段はそれほど変わらないのだから、デジタルモノの進化は早いなあ。


 いずれにせよ、最初に買ったウォークマンから25年以上が経過して、カセットテープより少し大きかった黄色の本体が、耳にのっかるようになるまで小さくなった。しかし、持ち運べる音楽量は当時の何十倍だ。まったく、家電製品の進歩はカセットテープをガチャガチャと入れ替えていたのが、遠い昔に感じるほど早い。
 でも、中に入れて聴いている音楽は25年前とそれほど変わってないわけで「人間は機械ほど進歩しないんだな」とも思う。

 体力の衰えを感じてきたので日課になったランニングの時に、驚くほど小さくなって進化したウォークマンを使う。何だか皮肉な話ではあるけれど、未だにつらいランニングが少しは楽しくなったのは、まちがいない。

| MP3プレイヤー | 20:58 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ウォークマン!
なつかしいですねー(私は初代ではなく、数代後でしたが)。
携帯プレーヤーと言えば「ウォークマン」で、他社製品でもウォークマンって呼んでましたね。
その後、CDウォークマン、MDウォークマンと使ってきましたが、iPodの出現ですっかり忘却の彼方でした。

>ネット経由のプレゼントには当たったことがなかった
私は現在も継続中です。
当選するなんてうらやましい・・・。

| hiromer | 2010/07/16 23:51 | URL | ≫ EDIT

凄いですねぇ。
そういう類の懸賞には一度も当たったことありません。

ウォークマンはSONYの看板商品ですよね。
他のメーカーから出してる機種もみんな「ウォークマン」(笑)

カセットボーイとかわけわからん登録商標もあったのに(笑)

私もカセットはもちろん、CD、MDと各2台づつくらい使ってきましたねぇ。

24時間音楽に触れていないとダメな体質ですからねぇ(笑)

今はipod nanoが相棒です。
通勤途中で電池が切れると一日鬱です(笑)

もちろんwoodstock69さんと同じく聴いてる音楽はハードが変わっても一緒なんですけどね(笑)

StonesのAftermathを聴くのにはたしてハードの高音質は必要なんだろか?と常に疑問に思ってます(笑)

| FINE | 2010/07/17 00:18 | URL | ≫ EDIT

hiromerさん、こんばんわ。

あれだけお世話になったのに、ぼくもウォークマンの存在をすっかり忘れていました。
かといって、iPodに浮気をしていた(どうもアップルが苦手なので)わけではなく、最近はツタヤで買った980円のMP3プレイヤーを使ってました。
容量1G、シャッフルさえできないプレイヤーですが、アルバムの曲を順番に聴くのには最適。
さらにヘッドフォンさえ替えれば、それなりに良い音がします。
結局、ぼくは単機能的でシンプルなモノが好きなのかも。

それとネットのプレゼント、初めて当たりました。
あまりにあっけなく当選したので「住所や電話番号を打ち込んでも大丈夫か?」と思いつつ、実際に送られてくると、やはりうれしいものでした。

| woodstock69 | 2010/07/18 21:53 | URL | ≫ EDIT

FINEさん、こんばんわ。

雑誌の懸賞には何回か当たったことはありますが、携帯電話で番号を入力するものは、初めてでした。
でも、あれって、当選しても何だか現実味が薄い。
商品が送られてきて、ようやく「ホンマに当たったんや」という感じでした。

カセットボーイ、ありましたねえ。
当時はあの手の商品はソニー以外のプレイヤーも、すべてウォークマンと呼んでましたが、今はiPodじゃなくてもiPodなんですかね。

それと肝心の音源の話。
ホントに心を打たれる音楽って、たとえ壊れかけたラジオで聴いても素晴らしいんだろうと思います。
でも、良い音、でかい音(これも大切)で聴いた方が、さらに素晴らしい。
きっと「Aftermath」は高音質よりも、爆音ですよ。

| woodstock69 | 2010/07/18 22:02 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://beatbeat.blog72.fc2.com/tb.php/461-008e6dd8

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。