PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

10月にストーンズの「Ladies And Gentlemen」がリリース

 お盆休みと子どもの夏休み(北海道の場合、夏休みは短いけれど、その分冬休みが長い)も終わり、ようやくいつもの生活のペースに。しばらく更新間隔が長くなっていたブログも、これからは通常営業(とはいっても、週1か2の更新ですが)ができそうだ。

 休み明け一発目はローリングストーンズの話題。
 以前にも書いたけれど、ストーンズが70年代に製作したものの、なぜか公開中止になってしまった映画「レディース・アンド・ジェントルメン」のDVDが10月13日にリリースされる。

B003WSSMIOレディース・アンド・ジェントルメン [DVD]
ザ・ローリング・ストーンズ
WHDエンタテインメント 2010-10-13

by G-Tools

 すでに、アマゾンでも予約が始まっていて、当然ながらぼくもポチッとな。
 この映画はブートビデオで何度も見たけれど「デジタルリマスターで映像や音が良くなると、さらにすごいぞ」と思うと、軽く興奮してしまう。
 ライブバンドして絶頂期だったミック・ティラー在籍中のストーンズを見られる「レディース・アンド・ジェントルメン」はまちがいなくおすすめの1本だ。

 このDVDの発売に先駆けて、なんと日本武道館で「レディース・アンド・ジェントルメン」が上映される
 幻となった日本公演と同じ時期に撮影された映画を日本武道館で公開するという企画、なかなか粋ですな。


 映画がらみでいうと、あの「ROLLING STONES AT THE MAX」が大阪のサントリー・ミュージアムで当初の上映規格どおりのIMAX方式で公開されている。

 このニュースはFINEさんのブログで知ったのだが「高さ20m×幅28mの世界最大級のスクリーンとデジタル6トラック・15000wのメガサウンド」でストーンズを体感してみたいぞ。
 でも、わざわざ飛行機に乗って、大阪まで映画を1本観に行くわけにもいかないもんなあ。

 ちなみに「ROLLING STONES AT THE MAX」は今月末まで。
 IMAXシアターを併設しているサントリー・ミュージアムも今年いっぱいで休館になるらしいから、IMAXでストーンズを見られるのも、これが最後のチャンスかも。


 最後に72年のストーンズの映像を。スタジオライブから「Tumbling Dice」。


 
 この曲でも流麗なティラーのギターと、それにからんでいくキースのコードカッティング。リラックスした雰囲気のスタジオ・ライブからでも、72年のストーンズはライブバンドとして絶好調であったことがうかがえる。
 こういうのを見ると、2ヵ月後の「レディース・アンド・ジェントルメン」の発売が、ますます待ち遠しくなっちゃうな。

| ローリング・ストーンズ | 18:40 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

暑中お見舞い申し上げます♪
御無沙汰してます。
自分も昨夜Amazonに予約しました!
おっしゃるように
どれだけ絵と音が向上しているか楽しみですね。
どうせならブルーレイでも出してほしかった。

| kingbee | 2010/08/20 19:29 | URL | ≫ EDIT

72年頃のStonesって個人的に一番好きな時期ですね。
ミックテイラーはほんとに上手かった。
(リアルタイムでは知らないんですけどね)
私もDVD買おうかなぁ…

AT THE MAXはブログの通り!
ほんとにすばらしいです。
今まで見た生でのStonesと比べても
そん色ないくらい。

でもさすがに北海道から大阪はきついですね…
しかも上映一日一回19時からだから
日帰りは不可能ですしね…

| FINE | 2010/08/21 09:17 | URL | ≫ EDIT

kingbeeさん、残暑お見舞い申し上げます。

ティラー期のストーンズは大好物。
ブートビデオで何度も見たくせに、反射的にDVDを予約しちゃいまいした。
肝心の音と画像がどれほど向上しているかは、現時点では分かりませんが、内容は鉄板ものですもんね。

ちなみに、我が家はブルーレイはまだ導入しておりません。
でも、ブルーレイでキースの毛穴まで見えるとしたら、少々怖いですねえ。

| woodstock69 | 2010/08/23 21:37 | URL | ≫ EDIT

FINEさん、こんばんわ。

ぼくもティラー期には少しだけ乗り遅れちゃいましたが、あの頃のストーンズが一番好きかも。
「リードはまかせきって、リズムを刻むことに徹しちゃおう」って感じのキースも素晴らしい。
ただ、曲作りのかなりの部分に参加しても、クレジットされないなどなど、あとから参加したメンバーならではの不満もあったんでしょうね、ティラー君には。

「AT THE MAX」はぜひ見たいのですが、飛行機に乗って灼熱の大阪まで行くお金と時間が・・・・。
IMAXでストーンズを見られるチャンスはそうそうないでしょうが、ここはじっとガマンだなあ。

| woodstock69 | 2010/08/23 21:47 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://beatbeat.blog72.fc2.com/tb.php/466-2dba354c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。