PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

御茶ノ水の楽器街で頭がクラクラ、見上げればニコライ堂

 お久しぶりです。1カ月近くぶりのエントリーになりましたが、これには深い訳がありまして・・・・。

 実は9月の中旬から、このところ毎年恒例の新潟への旅行に出かけていた。1週間ほど家を空けて、帰ってから「さあ、たまった仕事を」とPCの電源を入れてみると、マザーボードから「プー、プー」という音が鳴って、Windowsが立ち上がろうともしない。PCに詳しい友人に電話をして、相談しながら色々な対処はしてみたものの「プー、プー」という音は止まらず、久しぶりにPCを買い換えることになった。

 昨日届いた新しいPCのOSは当然ながら「Windows7」なわけだが、XPに慣れ親しんだ身には操作自体に違和感がある。まあ、サクサクと動くので快適なのだが、操作そのものにはしばらくの間は慣れないような気が・・・・。
 この辺のPC話については次のエントリーで書くことにして、今回は御茶ノ水で思ったことを。


 採算が取とれなかったのか、最寄の空港からの直通便がなくなったので、新潟に行く時は羽田空港を経由して新幹線に乗り継ぐようになった。この行き方だと、余計な時間はかかるし、不便といえば不便なのだが、東京で時間が作れるようになった。

 大阪で生まれ育ったぼくにとって、東京は今でも未知の街だ。あちらこちらにある街の名前はよく知っていても、新宿と渋谷、池袋、神田あたりにしか足を踏み入れたことがない。
 そんなぼくにとって、楽器の街として有名な御茶ノ水は一度行ってみたかった場所だった。今回、新潟行きの途中で初めて御茶ノ水の街を歩いたのだが、まず通りの両側に楽器店が軒を連ねている様子に圧倒される。それでも気合を入れて何軒かの店に入ってみたが、5店ほどを見ただけで、あまりのギターの本数の多さに、頭がクラクラしてきた。
 北海道の楽器店やいつも行っているリサイクルショップとは桁違いの物量。しかも、雑誌でしか見たことないような高価なギターやオールドギターが当たり前のように並んでいる。目の保養にはなったけれど、あまりのギターの多さに、思考回路がショートしそうになったのだ。

ニコライ堂の聖堂

 結局、必要だったギターのパーツ数点とミュージックマンのZIPPOライターを買って、数時間で御茶ノ水の楽器街から退散。神田方面を目指して、裏通りに入ると、ビルの間のわずかなスペースに設けられた喫煙所を見つけた。そこで、小雨に濡れながらタバコを吸って、ショートしそうになった頭をクールダウンする。
 一服ついたところで、周りを見回してみると、唐突な感じで大きな聖堂が目に飛び込んできた。このあたりにニコライ堂があることは知っていたけれど、にぎやかな楽器街から少し通りを入った場所にこんな建物があることに、東京という街の奥深さを感じた。

 わずか半日の東京散策だったが、普段は見られないギターをながめて、初めて行く街と人ごみの中を歩き、地下鉄に乗った。北海道のはずれの森のそばに住んでいるぼくにとっては、すべてが非日常なことばかりで、刺激的だった。
 以前は自然の中に行くことが旅だと感じていたけれど、今は都会の中を歩くことが旅である。

| BEATな話題 | 19:44 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

woodstockさん、こんばんわ。
新潟にいらしていたのですね。
猛暑が終わってちょうど過ごしやすかったのでは?
あぁでも台風だなんだと豪雨や突風吹き荒れた頃でしたでしょうか。
私は「あぽろん」に行くだけでクラクラしてしまうのでなるべく近寄らないようにしています(でも「イケベ楽器」のメールが毎日届いてグラングランしていますが・・・)。

| baco | 2010/09/30 20:13 | URL | ≫ EDIT

お茶の水に
お出でになっていらしたのですね。

あんなに楽器屋さんがある街なんて他にはないですよね。みな、ちゃんとやって
いけているのが不思議なくらいです。
自分自身は御茶ノ水での購入経験は2回だけです。フェンダーのストラトとクラッ
シックギターを購入する時ですね。たくさん店がありすぎて迷ってしまいました。

元プロの人に言わせると信頼できる店を2つぐらい知っていればいいんだとか言っ
てました。つまり探してもらうとか、良いのが入ったら連絡をもらうというやり方
だそうです。趣味人としてはうろうろ探すのも楽しみですから今のままでいいです
けどね。(笑)

| テイルピース | 2010/10/01 09:35 | URL | ≫ EDIT

TOKYO
これまで「東京の魅力は色んなものが混在しているところ」と外国の人に言われてもピンと来なかったのですが、woodstockさんの感想を読んで少し分かった気がしました。旅行者の視点ですね。

| むらんぼん | 2010/10/01 17:15 | URL | ≫ EDIT

bacoさん、こんばんわ。
新潟に行っていたのは9月の16日から1週間で、猛暑ではなかったものの、充分に暑かったです。
滞在中はずっとTシャツとショートパンツで過ごしていたのですが、帰りに地元の女満別空港に降り立つと、なんと気温が12℃。
あまり寒さとギャップで、頭がクラクラしました。

新潟の「あぽろん」には今回立ち寄れませんでしたが、クラクラするには充分な物量がありますよね。
でも、御茶ノ水はそのウン十倍で、ぶっ倒れそうになりました。
それと、近頃はポチっとしてませんが、確かに「イケベ楽器」のメルマガは目に毒。
でも、配信停止にはできないんだよなあ。

| woodstock69 | 2010/10/01 22:48 | URL | ≫ EDIT

テイルピースさん、こんばんわ。

御茶ノ水の街を今回初めて歩いてみましたが、とにかく圧倒的でした。
あれだけ楽器店が立ち並んでいる通りは、世界的にも珍しいんじゃないでしょうか。
中でも、ぼくが気に入ったのは、中古ギターの「シモクラ・セカンドハンズ」。
国産、USAモノを含め、様々な年代のギターがさりげに並んでいて、楽しかったです。

楽器店ですが、本来は親しいお店が数軒あれば、良いんでしょうね。
でも、ぼくの場合はリサイクル・ショップの片隅で掘り出し物を見つけた時の喜びが一番かも。
楽器店ではないので、リスクはありますが、品定めやリペアを含めて、リサイクル・ショップのギター探しが面白いです。

| woodstock69 | 2010/10/01 23:05 | URL | ≫ EDIT

むらんぽんさん、こんばんわ。

少し前の関西人には東京に対する一方通行の対抗意識がありましたよね。
だから、若い頃は東京に対する想いって複雑でした。
でも、この歳になって、東京を歩いてみると「こんなに面白い街はないかも」と思いますね。
京都のように歴史に対して厳格ではないけれど、さり気に江戸や明治、大正が感じられる場所があるのも良いです。

今回は水道橋から御茶ノ水、神田周辺を歩きましたが、充分に旅を感じました。
非日常な場所に身を置くことが旅だとすれば、ぼくの場合は知床の森を歩くことよりも、東京の街中をふらふらすることのほうが旅なのかもしれませんね。
喫茶店に入って、コーヒーを飲みながら、通りを行き交う人をながめているだけで楽しくなっちゃうのは、単に北海道での暮らしが長くなったせいかもしれませんが。

| woodstock69 | 2010/10/01 23:19 | URL | ≫ EDIT

御茶ノ水、はじめて行ったときは興奮しましたねー。
選択肢が多いのはありがたいことで、楽器を買うときわざわざ御茶ノ水まで出てきていた時期もありました。
地元経済に貢献しなかった不届き者です(笑)

| hiromer | 2010/10/05 23:35 | URL | ≫ EDIT

hiromerさん、こんばんわ。

御茶ノ水、確かに大興奮の街なのですが、あまりの物量を前にして、逆に圧倒されました。

狙っている1本の姿がある程度見えていれば、何本もの中からチョイスできる街、御茶ノ水。
しかし、ぼくのように懐具合と相談しながら、出たとこ勝負でギターを買ってきたものには的すら絞ることができず、あえなく撃沈でした。

でも、あの周辺の街並みは実に魅力的で、来年も懲りずに足を踏み入れちゃうんだろうなあ。

| woodstock69 | 2010/10/07 18:50 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://beatbeat.blog72.fc2.com/tb.php/470-4cf1fdd3

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。