PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

さらば、カセット・ウォークマン

 今年の7月、25年ぶりにウォークマンを手に入れたというお話を書いた。
 新しいウォークマンはイヤホンコードがない耳かけ式、驚くほど軽いくせにたくさんの曲を持ち運ぶことができるので、今では愛用の道具になっている。

 そんなウォークマンの関連で気になるニュースがあった。
 カセットテープを使うウォークマンの国内販売が終了したというのだ。

「カセット」ウォークマン販売終了 30年の歴史に幕

 「まだ作ってたの?」という驚きもあったが、あの初代ウォークマンのフォーマットが完全に過去のものになってしまったことには、ちょっとした寂しさを感じる。

 ぼくはカセットテープという記録メディアに、とてもお世話になった。FMラジオのエアチェック(今では死語に近いかも)や、レンタルレコードで借りたアルバムの録音などで何百本ものカセットテープを使った。聴く音楽の幅が大きく広がったのは、カセットテープのおかげだ。
 それが今では、身の周りからカセットテープを再生する機械がなくなってしまった。前の車のカーステレオはカセットテープだったし、仕事でもカセットレコーダーを使っていた。でも、車を乗り換えた時にカーステレオがCDになり、仕事用にICレコーダーを買ってからはカセットテープを使うことが一切なくなってしまったのだ。

 しかし、未だに押入れの隅には捨てられないカセットテープが置いてある。それは主にFMで放送されたライブを録音したものだが、聴きもしないくせに「この音源はもう手に入らないものだ」と思うと捨てられないのだ。

 最近はカセットテープの音源をUSBケーブル接続でPCに取り込めるカセットプレイヤーも発売されている。


 こんなのがあるなら、テープがダメになる前に懐かしの音源をPCに移そうとも思う。でも、カセットデッキの前で緊張しながらRECボタンとポーズボタンを押していた時の気持ちまでは蘇らないんだろうな。 

| BEATな話題 | 20:32 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

今でも作ってたんですねぇ・・・

カセットでのエアチェックというと思い出すのが
NHK-FMで年末にやる「今年の洋楽ヒット曲オンパレード」って感じの番組。

この一年ではやった洋楽が一気に聴けるということで
カセットを購入し時間が来るのを待ってました。

で、オンエア開始。
今のように曲の頭にナレーションを被せるというような
無粋なことは当時はしません。

で、アナウンサーが
「では今年のヒット曲、10曲続けてどうぞ!!」

・・・10曲も続けられたらカセットひっくり返せへんやん!
ってラジカセの前で突っ込む私(笑)

ほんと当時の録音機器はカセットだけだったんで
お世話になりましたねぇ・・・

やれ、クロームがいいだのやっぱフェリクロームだの(笑)
音楽好きはメタルだろ?とか今考えたらなんだったんだろ?
って思っちゃいます(笑)

| FINE | 2010/10/24 22:11 | URL | ≫ EDIT

カセットの
ウォークマンてどんどん小型化してスゲーなって思ってました。
最後はほとんどカセットケース並みの大きさでしたよね。
なくなるとなると何となくさびしい気持ちになりますね。

当時の録音メディアといえばカセットでしたから、カセットデッキは
少し奮発してバイアスを手動調整できるようなのを使ってました。
もう使えなくなってしまいましたが、そんな手間のかかる作業を
することに、楽しさを覚えていたんですよねぇ。(^^ゞ

| テイルピース | 2010/10/26 11:26 | URL | ≫ EDIT

FINEさん、こんばんわ。

簡単にダビングのできるダブルデッキが出現する前は、ボタンを押すタイミングに命かけてましたもんね。
同じFM番組をずっと聴いていると、DJのクセが分かってきて、曲の頭からバッチリ録音できたりしました。

ぼくは高校生のころに「FMレコパル」を愛読していて、蛍光ペンで番組表をチェック。
ろくに勉強もせず、エアチェックに励んでおりました。

それとテープの種類にもこだわりましたね。
でも、メタルテープは高価だったので、いつも使っていたのはマクセルのUDでした。

| woodstock69 | 2010/10/27 21:00 | URL | ≫ EDIT

テイルピースさん、こんばんわ。

カセットケース並みの大きさのウォークマン、あれには驚いた記憶があります。
当時は充分にコンパクトだったのですが、今では耳かけられるサイズに何百曲ですからね。
寂しさは感じますが、カセットのウォークマンは時代の流れの中で、完全に過去のものになった気がします。

バイアス調整のできるカセットデッキ、上位機種にありましたね。
あれにはあこがれたなあ。
ぼくの愛用していたカセットデッキはバイアス調整なしでしたが、アナログメーターの針を見ながら、録音レベルを調整するなんてのは、なかなか楽しかったです。

コンポーネントのでかいオーディオも、今ではマニアの方向けって感じになって、こちらも少し寂しい気がしますね。

| woodstock69 | 2010/10/27 21:13 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://beatbeat.blog72.fc2.com/tb.php/475-5974ef70

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。