PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

ちょいと怪しいジェフ・ベックのDVDを発見

 昨日、とある本を探して、アマゾンの中をフラフラしていたら、DVDのコーナーに迷い込み、こんなDVDを発見。

B003Z8ZCH0Japan Live Session 1986 [DVD] [Import]
Jeff Beck Steve Lukather
Imv / Blueline Prod 2010-11-23

by G-Tools

 タイトルが「 Jeff Beck Steve Lukather&Guests Japan Live Session 1986」でパッケージの左下には「TV BROADCAST ARCHIVES」の表記がある。1986年の日本公演、テレビ番組からの映像なら、ひょっとして以前のエントリーで書いた「1986年の軽井沢のジェフ・ベック」かも。

 このライブの映像はネット上でも色々と見られて、例えば「Starcycle」。



 とっちらかった展開だけど、テレキャスターで熱いプレイを見せる「CauseWe'veEndedAsLovers」。



 スティーブ・ルカサーと競演の「FREEWAY JAM」。



 こんなにノリノリのジェフは見たことないってくらいに楽しそう。
 ルカサーがソロを弾きたくった後に、すかし気味のフレーズを弾いて意表をつき、そこから絶妙の間をとりながら、盛り上げていくあたりはギタリストしての格と才能の違いを感じさせる。

 ジミー・ホールのボーカル入りはある意味貴重な「Peaple Get Ready」。



 最後はヤン・ハマーがダック・ウォークまでしちゃう悪ノリ気味の「Johnney B Goode 1986」。



 何だか怪しそうなDVDだが「あの軽井沢のジェフが見られるなら」と、クリックしかけたが、 リージョンフリーのDVDであること以外は曲名や収録時間の表示がない。せめて、レビューでもあれば、ある程度中身が分かるのだけど・・・・。
 とりあえず、詳細が分かるまで、ちょっと待ってみるか。

 いずれにせよ、軽井沢のジェフ・ベックはラフなプレイも目立つものの、夏の野外コンサートらしい開放感と楽しさがあるのはまちがいなく、ぜひ大画面で見てみたい。


 ジェフ・ベックといえば、来年にはこんなDVDもリリースされる。

B004ASNYRO【字幕付・日本版】ジェフ・ベック ライヴ・アット・イリディウム~レス・ポール・トリビュート [DVD]
ヤマハミュージックアンドビジュアルズ 2011-02-02

by G-Tools

 今は亡きレス・ポールのトリビュートの意味も込められたニューヨークのジャズ・クラブでのライブ映像。チェリーサンバーストのレス・ポールを弾くジェフ・ベックが見られるらしく、今からリリースが待ち遠しいDVDだ。

| ジェフ・ベック | 15:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://beatbeat.blog72.fc2.com/tb.php/479-cccdabf1

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。