PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

グレコのギターが復活?

 グレコ(Greco)。40代以上のギター好きなら、この名前に懐かしさ以上の感情を持つ人が多いのではないだろうか。

 70年代終わりから80年代にかけて、最初にぼくがエレキギターに夢中になった頃は国産のエレキギターの全盛期、黄金時代だった。
 グレコ、トーカイ、フェルナンデス、ヤマハといったメーカーがしのぎを削り、今ではジャパン・ヴィンテージと呼ばれる名器を大量に生産していた。中でも、グレコはラインナップの豊富さ、つくりの良さから、総合的に見ると先頭を走っていたと思う。

 そんなグレコのギターの中で、個人的に一番思い出が深い一本はジェフ・ベック・モデルのストラトキャスターかもしれない。
 このストラト、1978年にジェフ・ベックがスタンリー・クラークと来日した時に手にしていたもののコピーだ。
 雑誌でステージの写真を見て「なんやろ、あのストラト。スイッチがいっぱい付いてて、かっこいいなあ」と思っていると、来日からそれほど時間をあけずにグレコのSEシリーズの中の1本として、ジェフ・ベック・モデルが発売された。その素早さに「さすが、グレコ」と妙に感心したのを良く覚えている。

 学生時代、ぼくはヤマハのストラト1本で通していたので、グレコのギターは買えなかった。しかし、エレキ熱が再燃してからは、レスポールを2本、SGとファイヤーバードをそれぞれ1本ずつ手に入れ、今では合計4本のグレコのギターを持っている。
 どれも1980年前後に製造されたものだが、音と造りの良さからは当時の国産楽器のレベルの高さをヒシヒシと感じる。

 そんな国産ギターだが、近頃では値段が安くて、それなりのレベルに仕上がっている韓国製や中国製に押されて、元気がないように思える。
 昔はショーケースの向こうに飾られているのをながめるしかなったフェンダーやギブソンなどの輸入ギターが、一部のモデルを除いて、比較的手が届きやすい値段になったのも、その理由のひとつだろう。

 しかし、少し前に神田商会のHPを見てみると「遂に再始動、Greco」というバーナーがあった。 
 クリックしてみると、グレコのHPが現れた。再始動したグレコでは価格帯によって、レギュラー、デラックス、プレミアムの3つがラインアップされているようだ。しかし、HPの情報量が乏しくて、それぞれのギターの詳しい説明はない。

 値段と小さなギターの写真で判断するしかないのだが「うーん、どうなんやろ」という感じである。
 例えば、プレミアムシリーズにはレスポールのコピーモデルや、PRSによく似たギターがあるが、もう少し無理すれば、ホンモノが買えるような値段である。
 もちろん、実物を見て、試奏してみなければ、正確な判断はできない。しかし、本家に比べて、よほど飛び抜けたところがないのであれば「あえて、グレコを買う」と決断するのは難しい値段ではないだろうか。

 公式HPからは再始動したグレコの全容は掴みにくいけれど「おっ、これ良いかも」と思えるのは、レスポール・ジュニアにビグズビー付きのテレキャスターを合体させたような「EJR」だ。

【エレキギター】Greco EJr-188

【エレキギター】Greco EJr-188
価格:157,920円(税込、送料別)


 ボディとネックはアフリカン・マホガニー。フロントのPUはP90で、リアはディマジオのテレキャスター用のハムバッカーを搭載して、ブリッジにはビグズビーが付けられている。ぼくが知らないだけかもしれないが、これってありそうでなかったスタイルのギターではないか。

 パーツの構成を考えると16万円弱という値段は高くない気もするけれど、同じようにP90が搭載されたアメリカ製のPRSのギターが、バーゲンプライスとはいえ10万円弱で買えちゃうんだよなあ。


 ギター選びは決して値段ではないし、国産のギター・ブランドにも元気であって欲しい。でも、黄金時代の30年前に比べると、なんとも商売の難しい時代になった気がする。 

| エレキギター、再び | 18:44 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

グレコ復活は、素直に嬉しい。
おいらも2本持っております。
懐に余裕あれば見た目普通なレスポールモデル買ってしまいそうです(^^;

| さとり | 2011/02/15 20:55 | URL | ≫ EDIT

こんにちは。
私もグレコ世代のど真ん中です。
グレコをはじめとした国産ギターメーカーが急激に元気になっていくまさに
その時をリアルタイムで経験しましたね。
特に1977年と1978年のグレコのカタログはものすごいエネルギーを感じました。
自分が魅力を感じていたのはプロジェクトシリーズのストラトとかでした。
その後のスーパーリアルとかのギターがよくできているみたいで現在でもいい
お値段で取引されてますね。

そんなグレコの復活宣言はうれしいですが、評価の高い国産のハイエンド系の
メーカーなどもあるし、フジゲンや寺田工業など当時のグレコを支えたメーカー
がいろんな形でギターを提供しているので今更感はぬぐえないかな。

| テイルピース | 2011/02/16 17:58 | URL | ≫ EDIT

さとりさん、こんばんわ。
体調不良につき、レスが遅くなって、どうもすみませんでした。

グレコの復活、ぼくもうれしいのですが、ラインナップをながめていると、少々複雑な気分になりました。
もちろん、グレコの名前はいつまでも輝いていて欲しいし、できるなら新生グレコのギターを手にしてみたい。
でも、愛するがゆえに、勝ち目はあるんだろうかと心配になっちゃうんですよね。
とにかく、近いうちに実物を目と耳で確かめてみたいと思っています。

| woodstock69 | 2011/02/21 17:58 | URL | ≫ EDIT

テイルピースさん、こんばんわ。

ぼくも77、78年あたりのグレコのカタログを飽きることなくながめていたクチですが、とにかく充実してましたよね。
良質なコピーモデルの数々を量産すると同時に、個性的なオリジナルモデルも連発する。
他のメーカーの充実ぶりと併せて、ホントに熱のある時代だったと思います。
それらのギターが、今ではジャパニーズ・ヴィンテージとして、そこそこの値段で取引されているのは、単なるノスタルジーだけではないはずです。

ただ、おっしゃるように当時のグレコを支えていたのはフジゲンであり、寺田工業であったのは、今では周知の事実ですよね。
となると、新生グレコのウリがいまいち見えにくい。
国産で上質な素材を使ったギターというだけでは、手が伸びにくい気もするんですよね。

ちなみに、ぼくはそこそこのコンディションのジェフ・ベック・モデルのストラトをリサイクル・ショップで発見したら、即買っちゃうと思います。

| woodstock69 | 2011/02/21 18:12 | URL | ≫ EDIT

私もGreco世代ど真ん中です。
現実に手に入れられるメーカーとしては
憧れでしたね。

いくら憧れてもGibsonやFenderはあまりにも遠すぎた(笑)

学生時代にバンドで使っていた大阪のスタジオが
Grecoのショールームを兼ねてまして
まばゆいばかりのGrecoギターが飾ってあって
何時間いても飽きなかったなぁ~。

つい最近、そのスタジオの場所に行ったんですが
貸しスタジオをすでに廃業してました

でも今でも神田照会の配送センターをやっているようで
(ショールームはなくなってましたが)
Grecoって書いたワンボックスカーが何台も止まってましたね。

私もGrecoはレスポール3本、SG一本持ってますが
みんな25年選手の割りにまだまだ使えるのは
当時のGrecoのつくりのよさを感じます。

あと巷ではスーパーリアルシリーズが人気ですが
私はつくりのよさはミントコレクションのほうが上だと思ってます。

78年製のレスポールなんかコピー度はすばらしいですが
コンディションが一定しないのでちょっと困ってます(笑)

ま、私の個体だけかもしれませんが・・・

ミントコレクションは可愛げがないほどいつも絶好調ですね(笑)

| FINE | 2011/02/22 21:06 | URL | ≫ EDIT

はしめまして。
私もGrecoギター大好きです。
学生時代にあこがれ、でも当時は手が出なかったです。
かなりたってから中古でミンコレのEGC68-50入手しました。
Grecoギターの復活はどんな形でもうれしいです。

勝手にリンクをさせていだだきました。
ご迷惑でしたらお声がけください。

| かずーい@ | 2011/02/24 12:46 | URL | ≫ EDIT

FINEさん、おはようございます。

あの頃のフェンダー、ギブソンまでの距離。
今では理解してもらえないかもしれませんが、ガラス越しにながめるものであって、買える気がしなかったですよね。

その代わりといってはなんですが、ぼくらにはグレコがあり、トーカイがあり、フェルナンデスがあった。
中でもマニアックなギター(ブライアン・メイ・モデルなんてのもありましたね)までも軽々とコピーするグレコはホントにすごかった。
売れている本数も半端じゃなかったんでしょうが、勢いがありましたね。

ぼくはミンコレは持っていませんが、スーパーリアル末期のレスポールを1本持っています。
太目のネックで、硬質なトーンが出て、そりゃもう素晴らしい。
現行の普通のギブソンよりも上だと思っています。

ただ、個体差があるのはまちがいないでしょうね。
あたりとはずれの差は少ないものの、あの時代のグレコがすべて名器ってはない気もします。
でも、国産ギターの黄金時代を知っているものにとっては、あの頃の空気感を含めて、80年前後のグレコのギターが愛おしいんですよね。

| woodstock69 | 2011/02/27 09:47 | URL | ≫ EDIT

かずーい@さん、おはようございます。

今でこそ、部屋の中にずらりとギターを並べちゃうおじさんになりましたが、ぼくも学生時代はヤマハのストラト1本のみ。
周りの友人も持っていても、2本までだったような気がします。
国産ギターといえど、高価でしたもんね。

ブログを拝見しましたが、ぼくもレスポールはプレーントップのほうが好きです。
もちろん、バリバリのトラ目には美しさを感じます。
でも、本来トラ目はイレギュラーなものであって、すっきりとしたプレーントップこそが、レスポール本来の姿だと思っています。
あと、昔は年寄りくさいと思っていたゴールドトップも今では大好物です。

最後にリンクの件、ありがとうございました。
こちらからもリンクを貼らせていただきます。
今後も、よろしくお願いします。

| woodstock69 | 2011/02/27 10:00 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://beatbeat.blog72.fc2.com/tb.php/490-3c135ff1

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。