PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

Greco(グレコ)EG-500

 ずいぶんと遅れてやってきたぼくのファースト・グレコは、以前にも紹介したSGスペシャルだった。
 そして、2本目に手に入れたグレコがEG-500だ。

Greco(グレコ)EG-500

 このレスポールのコピー・モデル、今では独特の中空構造を持つセミホロー・ボディであることがよく知られている。

 簡単に説明すると、ボディバックが二層のパンケーキ構造になっていて、その上にゆるやかなカーブがつけられたトラ目の美しいホワイトシカモアが貼られている。そのせいで、ボディバックとトップ材のホワイトシカモアの間に中空のスペースがあるのだ。

 木材図鑑によると、このホワイトシカモアという材はかなり高価で、ストラディバリウスの甲板にも使用されたらしい。今ではあまりエレキギターには使用されないはずの材だが、このあたりの選択からも当時の国産ギターの勢いを感じる。

Greco(グレコ)EG-500のキャビティ

 フロントPUのキャビティから中をのぞくと、ボディバックとトップ材の間にわずかなスペースがあることが分かる。このスペースの大きさは年代によって微妙に変わるらしいが、ぼくのEG-500も上から手で軽くノックしてみると、ホロー構造であることがよく分かるポコポコとした音がする。また、ワイヤーを通すスペースも通常のレスポールに比べると、かなり広い。
 生産性を考えて、このような構造になったんだろうけど、普通にレスポールを作るよりも手間がかかりそうな気もする。

 いずれにせよ、EG-500は独特のセミホロー構造を持っている。そのために普通のレスポールとは異なり、セミアコに近いような柔らかなトーンが出てくる。特にフロントの甘いトーンは素晴らしく、当時としては普及価格帯の5万円のギターなのに、ルックスやトーンに優雅なところがあるところが良い。

 ぼくのEG-500はシリアルから1977年製と判別できるが、このギターが生産された直後に、トーカイがオールドギターを徹底的に研究して、小さなパーツや細部の構造にまでこだわりまくったレスポールやストラトキャスターのコピーモデルを発売する。
 これが爆発的な人気となり、グレコも独自の構造を捨てて、フェンダー、ギブソンのフルコピーを目指し、ヒストリック・コレクション、ミント・コレクションといった名前で優れたコピーモデルを連発する。

 それゆえに、フルコピー戦争勃発直前のEG-500はコピー度も低く、人気薄のギターかもしれない。でも、日本製であるがゆえに独特の構造を持っているEG-500は、ぼくにとっては柔らかなトーンと共に、とても愛おしいところのあるギターなのだ。
 半端なコピーであるがゆえの軽さも良いんだよなあ。

Greco EG-500
↑クリックすると拡大表示されます。

| エレキギター、再び | 11:16 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

レスポールというとチェリーサンバーストなんでしょうけど
私は昔からこのブラウンサンバースト(タバコブラウン?)が大好きです。

私が所有しているGrecoのEG-450もこの色です。

うちのEG-450は79年製、中空構造のようで中空ではない(笑)不思議なボディです。

確かにトップは貼ってあるんですが
隙間に得体の知れない木材(笑)が詰められていて
なんちゃってソリッドになってます(笑)

ですので重さも割と本家に近い4.4kg(笑)

にしてもwoodstock69さんのGrecoは綺麗なトラ目ですねぇ~。
いまだかつてトラ目トップのギターを所有したことない私にはちょっと憧れです。

それとGrecoのフロントPUの音がすばらしいとのご意見に大賛成です。
あの音はGibsonにはない色気がありますです。

| FINE | 2011/02/27 22:05 | URL | ≫ EDIT

意外です。
この年代のレスポールタイプも中空の物があったんですね。
77年ならセットネックですよね。その時期以降はソリッドだと
思ってました。それにしても美しいトラ杢です。カタログ写り
はそれほど良くなかったですね。実物のほうが良いと思います。
自分のはこれより少し前のEG800ですけど、ソリッドですね。
メチャ重です。

フロントが甘くていい音だというのは私も賛成します。思うの
はフロントでいい音が出るようにセッティングするとリアは硬
くなりすぎてしまう。両方のピックアップを切り替えながら使
うのはなかなか難しいと感じてます。
他のギターではそんなことは感じないんですけどね。

| テイルピース | 2011/03/01 14:40 | URL | ≫ EDIT

FINEさん、こんばんわ。

茶色のレスポールですが、当時はタバコ・サンバーストとか呼ばれていたような気がします。
PUも一部では傑作といわれているU1000ですから、スパーリアル期の直前のグレコの名器でしょう。
ちなみに重量は4キロを切っていると思います。

このギターのトラ目ですが、少々細いですが、なかなか美しいです。
ぼくはどちらかというとプレーントップのレスポールのほうが好きなのですが、見る角度や光の具合によって表情の変わるトラ目も良いもんです。

それとフロントPUのトーンですが、ホントに良いですね。
おそらく狙って作ったものではないのでしょうが、あの時代のグレコ独特のものだと思います。

| woodstock69 | 2011/03/03 18:44 | URL | ≫ EDIT

テイルピースさん、こんばんわ。

黄金時代のグレコですが、仕様の変更が頻繁にあったようですね。
ぼくのEG-500はセットネック、シリアルから判断するに1977年製でまちがいないと思いますが、貼りトップの中空構造です。
キャビティの写真だけでは分かりにくいかもしれませんが、何層かの材が複雑に組み合わされたボディになっていますね。

レスポールのリアとフロントの使い分け、バランスを含めて、確かに難しいものがあります。
ぼくは他のレスポールでは、フロント2:リア8くらいの割合で使っていますが、EG-500ではその比率が逆になります。
それくらいEG-500のフロントのトーンは色気と艶があって良いですよ。
当時の普及価格帯のレスポールなのに、恐るべしグレコといった感じかな。

| woodstock69 | 2011/03/03 18:52 | URL | ≫ EDIT

カスタムも同様
私はカスタムのEGC-500をもってますが
中空ボディでほぼセミアコに近い音が出ます
さらに皆さんが言われてるようにフロントPUの音が
異常な程いいです

で、最近思うのはこの頃のグレコは実はいい加減な管理を
しているのでは?ということです

たとえば、パーツの在庫が余っているから
上位機種のパーツを下位機種に流用したりとか

自身も製造業なので、パーツ流用が無いとは言いません
なので別な意味で当たり固体があると言えるのではないかと想像したりします

まぁ下位機種が酷いとは聞かないので一定のクオリティは保ってはいるはずです

※ブログの記事はミーハー過ぎるので写真だけ参照で…

| モッチー | 2011/06/26 20:01 | URL | ≫ EDIT

モッチーさん、こんばんわ。
コメント、どうもありがとうございました。

黄金時代のグレコは仕様の変更が頻繁だったらしく、ぼくもある程度しか把握できていないのですが、カスタムも中空仕様なんですね。
79年のカタログを見ると、この時期からソリッドに変更されたようですから、わずかな期間だけの仕様だったのかもしれませんね。

でも、この中空ボディが良いんですよね。
今風に言うならチェンバー・ボディなんでしょうが、ホントにフロントのトーンが素晴らしい。
もちろん、ボディだけではなく、PUを含め、楽器としてのバランスも悪くないんだと思います。

上にも書きましたが、グレコはいい加減な管理というよりは、仕様の変更が激しかったような気がします。
つまり、カタログのスペックはある程度の目安で、同一機種でも、ちょっとしたスペックの違いがあったりするようです。
さらに、ショップ・オーダーのギターがあるので、今では正確に把握するのは難しいという話も聞いたことがあります。

このあたりが、オールド・グレコの面白さでもあるのですが、モッチーさんのおっしゃるとおりに、いい加減な管理という部分あったんでしょうね。

| woodstock69 | 2011/06/28 18:44 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://beatbeat.blog72.fc2.com/tb.php/492-ae31c80b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。