PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

Crossroads Guitar Festival

クロスロード・ギター・フェスティヴァル
エリック・クラプトン
B0003JKMHY

 エリック・クラプトンがカリブ海に建設したアルコール中毒や薬物中毒の治療施設「クロスロードセンター」のためのチャリティーコンサートの模様を収めた二枚組みのDVD。多くのギタリストが登場し、ギター好きにはたまらない内容、素晴らしい!
 と、素直に書きたいところだが、大問題がひとつ。アマゾンの商品紹介ページの曲目紹介に書かれているディスク2のジェフ・ベックとクラプトンが競演する「哀しみの恋人たち」が入っていなかったのだ!
 DVDに添付されていたライナーにも、この曲の記載はないし、シークレットトラックとして隠されているのかと探したが見当たらず。どうやら発売直前になって、いくつかの曲が外されたようだ。ジェフ・ベックの最新の姿を見るのが楽しみで、このDVDをオーダーしただけに落胆は大きい。

 アマンゾンはいつも利用しているし、値段も安くて重宝している。田舎に暮らしている音楽好きの強い見方だ。ついでに、このBlogではアソシエイト・プログラムにも参加させてもらっている。しかし、未だに曲目の変更がされていないのは大きな落ち度としかいいようがない。その他にもアマゾンのページで紹介されいる曲目の中に欠けているものが数曲あるので、購入する方はご注意を。

 ジェフ・ベックのシーンがなかったのは残念だが、このDVDはクラプトンがらみで見所は多い。B.Bキングやサンタナ、そしてJ.Jケールとの競演が目玉だろう。特に「アフターミッドナイト」「コケイン」の作者であるJ.Jケールとのからみは、マニアにはたまらない映像である。
 しかし、全体を見ると四時間近い作品なのにギタリストが入れ替わり立ち代り登場し、散漫な印象はぬぐえない。やはり、クラプトン一本にしぼって、他のギタリストとの競演を挟みながら編集したほうが良かったのではないだろうか。
 このDVDはクラプトン目当てで買うと、絶対にこける。最初に買うなら、クラプトンの代表曲を網羅し、シェリル・クロウ、ボブ・ディランなどが登場するこちらの「クロスロード・コンサート」だ。

追記:当然のことながらアマゾンの曲名はその後に正規のものに訂正された。また、ジェフ・ベックの「哀しみの恋人たち」は隠しトラックとして密かに収録されている。でも、どうしてこんなに面倒くさいことするんだろう?

| 音楽のDVD | 08:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://beatbeat.blog72.fc2.com/tb.php/5-3b0d296d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。