PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

ユニクロから Love & Peace & " " Tシャツ発売

 キヨシローにちなんで「Love & Peace」をモチーフにしたTシャツが、ユニクロから発売されるそうだ。

ユニクロTシャツ特集・忌野清志朗

 特集ページによると、Tシャツは7種類。Tシャツにはキヨシローに縁のあったアーチストが「Love & Peace」の後に一言付け加えたものがプリントされている。
 例えば、チャボの場合は「Love & Peace & " Guitar " 」、奥田民夫は「Love & Peace & " CARP " 」と、それぞれの個性が出ていて、なかなか面白い。

 そんなユニクロのTシャツの中で、ぼくが欲しいのはCharの「Love & Peace & " How? " 」だろうか。あぶり出しで描かれたというフレーズも良い感じだ。いずれにせよ、4月29日には近くのユニクロに行って、現物を見てから何枚か買うつもり。
 さらに、Tシャツの写真の下からリンクされているスペシャル対談も読み応えがある。Charさん、しびれる言葉を連発されてます。

「俺はやっぱり『昨日はクルマの中で寝た』っていうとこの次の『手をつないで』がすごいと思う。あそこの一言だな。優しいっていうか、こう…、そこの一言ですべてが俺は、清志郎だなって思う。なんかものすごくセクシャルな、ロックンロールにありがちな歌詞で来るんだけど、でも必ず、イノセントなんだよね」(スペシャル対談より一部引用

 ぼくは上のCharの言葉がキヨシローの本質を捉えているように思える。無邪気さ、無垢な心、イノセントというキーワードを抜きにしてキヨシローを語ると、彼のホントの姿を見誤る気がするのだ。

 今回のユニクロのTシャツ、面白い企画だと思うけれど「Love & Peace」という文字だけを見ていると、この先にキヨシローがジョンと同じように聖人化されていくような危惧も感じる。
 今回の事故で、20年ぶりに脚光を浴びた「サマータイム・ブルース」や「ラブ・ミー・テンダー」あたりの唄についても「彼は予見していた」なんて見方がある。
 イノセントな心を持ったキヨシローにしか見えない世界が確かにあった。でも、当時のキヨシローは単純に「あれは何だか危ない匂いがするぜ。オレはあいつが嫌いなんだ」と唄いたかっただけではないだろうか。
 

 というわけで、今日の一曲は「Love & Peace」にちなんでジョン・レノン。CharのTシャツのフレーズにも使われていた「How?」を。


 
 この曲の中でジョンはこんなフレーズを唄っている。
 
 人生は長いから強く生きないとね。
 でも、世界はとてもタフで、時にはうんざりすることもあるだろう。
 
 どこへ向かっているのか知らないで、ぼくたちはどうして先に進めるんだろう?
 どちらに曲がるのかも知らないで、ぼくたちはどうして先に進めるんだろうか?

 
 行き先が分からないと前には進めない。想像できないことは実現しない。
 そんなことを感じさせてくれる「How?」。今のぼくには「イマジン」よりも心に響いてくる。

| 忌野清志郎 | 11:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://beatbeat.blog72.fc2.com/tb.php/500-2097cd1b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。