PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

久しぶりの更新に「傘がない」を

 「あれ?前に更新したの、いつだったけ?」
 ちょっとばかり慌しい毎日が続く中で、ここの放置は気になっていたのだけど、今朝に自分のBlogを見てみると、頭にスポンサーサイトの広告が・・・・。
 うーん、1カ月以上更新しないと、あんなのが出るんだな。

 ということで、久しぶりの更新を。
 実はエピフォンのカジノやロシア製ビックマフなど、ギターネタがいくつかある。でも、そのあたりの掘り下げて書きたいネタは、もう少し時間に余裕ができてからということにして、最近見つけたお気に入りの動画をひとつ。

 今日の動画は忌野清志郎の「傘がない」。



 この曲はぼくらの世代なら、ギターを持って弾き語ったことがある、もしくは友達が弾き語っているのを聴いたことがあるだろう。
 そんな曲を井上陽水とのジョイント・コンサートでキヨシローが一人で唄う。自分の持ち歌をアンコール前に全部他人に唄わせてしまう井上陽水の太っ腹さも素敵だが、改めてキヨシローの歌声の凄味を感じる。
 かれこれ、40年ちかく前の曲だけど、むしろ今という時代にこそ心に響いてくる歌詞も素晴らしい。

 この「傘がない」は1991年に福岡の海の中道で行われた「Acoustic Revolution」というコンサートの一部で、10分割の動画アップされている。

 ここから見ると最初から最後までを順番に見られるはずだが、高中正義、細野晴臣、チト河内というバックメンバーも豪華なら、プレイもすごい。特に細野晴臣のベースは弾き出されるベースラインに耳を集中させてしまいそうになるくらい良い。

B001J8NRP2氷の世界
井上陽水
USMジャパン 2008-12-17

by G-Tools


 高中正義、細野晴臣は井上陽水の「氷の世界」に参加。キヨシローも「帰れない二人」「待ちぼうけ」の2曲を合作している。この時の印税でキヨシローが売れない時代を何とか切り抜けたという話は有名だ。

 つまり、このライブは「氷の世界」の再現ともいえそうだが、キヨシローと井上陽水のまったく質の違うはずの声が絶妙なハーモニーを聴かせるいくつかのシーンは、何度見ても聞き惚れてしまう。

| 忌野清志郎 | 22:54 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

お久しぶりです。

ご存じかもしれませんが
最近図書館で藤孝著の「軽くて深い 井上陽水の言葉」という本を見つけ読んでみたのですが、
とてもいい内容だったので
ここのところ陽水のCDをいろいろと聴いていました。
ライブもいいもんですね。
これからYouTubeでいろいろあさってみます。


| 64studio | 2011/08/05 18:32 | URL | ≫ EDIT

64studioさん、こんばんわ。

これまで井上陽水については書いたことがなかったのですが、実は彼のシュールな詩の世界が大好きです。
中でも一番好きなのは「なぜか上海」でしょうか。

「軽くて深い 井上陽水の言葉」という本、お教えいただくまで知りませんでした。
内容をちょいと調べてみると、実に面白そう。
近いうちに読んでみますね。

| woodstock69 | 2011/08/08 21:45 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://beatbeat.blog72.fc2.com/tb.php/507-ec2e50be

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。