PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

エピフォンのレスポール・ジュニア

 さて、前のエントリーの終わりに書いたコリーナのギターのお話を。

 ぼくが「あのギター、欲しい」と思っちゃう理由のひとつに「キース・リチャーズが使ってるから」ってのがある。テレキャスターが好きになったきっかけも「キースのメインギターだから」だし、ビル・ローレンスのテレキャスターを改造して、ミカウバー風にしたこともある

 とにかく、キースが肩から下げているギターがかっこよく見えてしまうのは、長年ローリング・ストーンズのファンを続けている者の悲しい性だろう。
 キースが久しぶりにレスポールを肩から下げて「サティスファクション」のリフを弾いているのを見ると、レスポールが欲しくなるし、初来日の時にメインギター(その後は登場しなくなったけれど)だったミュージックマンのシルエットあたりも、未だにあこがれてしまうギターだ。

 世の中にはすごい人がいるもので、ついつい見に行っちゃうHP「ギターショップ・マロ」のオーナーは「キース使用のギターをほとんど所有されているのでは」と思うくらいに充実したコレクションをお持ちである。


 そんなあこがれのキース・ギターの中でも、前から気になっていたのが、レスポール・ジュニアだ。
 年代によって、シングル・カッタウエイ、ダブル・カッタウエイの違いはあれど、ピックアップはP90一発、ワンボリューム、ワントーンの「ワシはこの音しか出せませんから」的な潔さに男気を感じるギターである。

 特にダブル・カッタウエイ、TVイエローの通称「タンブリン・ダイス・ギター」は、最近のツアーでは「ミッドナイト・ランブラー」をプレイする時に必ず登場するギターだ。



 映像は1989年のアトランティック・シティでのライブ。
 ちゃんと足が上がって、今よりも手数の多いキース、良いですな。

 このアトランティック・シティではエリック・クラプトンを迎えて「リトル・レッド・ルースター」をプレイしていて、こちらも名演なので、ぜひ。


 前置きが長くなったけれど、キースの代表的なギターのひとつであるレスポール・ジュニアをようやく手に入れた。
 買った場所は、ぼくが住む街から100キロほど離れた場所にあるリサイクル・ショップ。その街には格安で利用できる立派なプールがあって、年に一度、夏休みに子ども連れて行くのが恒例になっている。そして、帰りに寄り道しちゃうリサイクル・ショップには、いつ行ってもなぜか魅力的なギターが並んでいる。

 そんなお店にあったのが、エピフォンのレスポール・ジュニア。シングル・カッタウエイで、テレキャスターのバタースコッチ・ブロンドっぽいナチュラル・カラーだった。
 早速、見せてもらうと、近年ものの中国製だったが、キズやフレットの減りもほとんどなく、ほぼ新品の状態で、値段は2万円。新品が3万円弱で売られているのは知っていたので「微妙な値段やなあ、中国製やし」と悩んでいると、壁に貼られている「夏休みセール、ギター全品3割引き」のポップが目に入ってきた。
 「これも、3割引?」と店員に聞くと「そうですよ」というので「ほんじゃ、もらいます」とレジへ。値段につられて、初のチャイナ・エピフォンをプール帰りにお買い上げとなった。

エピフォン、レスポール・ジュニア

 家に持ち帰って、弾いてみた第一印象は「中国製のエピフォンも、なかなかのレベルかも」だろうか。このクラスのギターにありがちな指板やフレットのひっかかりもなく、程よい太さのネックは弾いていて気持ちが仕上がりになっている。

P90が一発

 おまけにペグはグローバー、ブリッジも単なるバーブリッジではなくオクターブを補正する段差が付いている。チューニングの安定度が高く、完璧とはいえないもののオクターブもほぼ正確に調整ができるので、レスポール・ジュニアの定番のパーツ交換は必要なさそうだ。

 肝心のトーンはP90のついたギターらしく、高音の切れ味を残しつつ、太いトーンが出てくる。
 このギターでコードやリフを刻めば、そこそこキース気分にひたることができるのだから、中国製のエピフォンのコストパフォーマンス、恐るべしである。


 ネットを調べてみると、このレスポール・ジュニアは限定版(イシバシ楽器のショップ・オーダー品かも)のようで、アンティーク・ナチュラルというカラーのコリーナ・ボディと書かれている。
 

 ただ、よくよくボディをながめると、木目が丸見えのナチュラルカラーにも関わらず、トップがベニヤのラミネート材だ。ボディに開口部の少ないジュニアだけに、いったい何ピースなのかも分からない。
 まあ、トップの材自体はきれいな木目をしているので、コリーナのギターを弾いているという気分にはなれますが・・・・。

 さらに、ネックはマホガニーのようだが、ヘッドとヒールには接ぎがある。ノブも白抜きのないの安物。数字が見えにくかったので、とりあえず手持ちのバレルノブに換えた。
 このあたりは値段を考えれば仕方のないところとも思えるが、嗜好品の楽器としては少々不満の残るところか。

 とはいえ、手に入れたときの値段を考えれば、充分に満足のいく買い物で、エピフォンのレスポール・ジュニアはお気に入りの1本に。
 そもそも、レスポール・ジュニアは入門者用のスチューデント・モデルという位置づけのギターだったわけで、ガンガン弾き倒して楽しむには充分な仕上がりだと思う。
 
 ちなみに、マホガニーのボディのジュニアもあって、値段はコリーナと同じ。こちらも限定生産のようだ。


| エレキギター、再び | 23:16 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

私もEpiのセミアコ持ってます。
もちろん中国製ですが(笑)

でも悪くはないですよ。
家で弾く分には全然OKです。
ただEpiに限らず中国、韓国製の安価なギターは
スタジオに持ち込んで大音量で鳴らすとやはりいまいちですね。

ま、それはそういうもんだと思ってますが。

キースの使用ギターでテレ以外だとなぜか
Ampegのクリスタルギターが最初に思う浮かぶんですよね~(笑)


| FINE | 2011/09/01 20:54 | URL | ≫ EDIT

FINEさん、こんばんわ。

エピフォンのギターは何本か持っていますが、すべて韓国製で、それなりのクオリティでした。
ただ、中国製のギターに関しては、ぼくが見た限りでは「?、?」なものが多くて、手が伸びなかったのですが・・・・。

でも、ジュニアに関しては悪くはないですね。
値段を考えれば、上出来だと思います。

おっしゃるとおりに、エレキギターの良し悪しって、爆音で鳴らすとよく分かりますよね。
良くないものは、いわゆるヌケが悪かったり、すっきり鳴らないような気がします。
逆に、小さな音だとそれほどでもないに、爆音で鳴らすと、良い音がするものもあるから、ギターって面白いですね。

アンペグのクリスタルですが、以前にリサイクルショップで、グレコのコピーモデルを見かけたことがあります。
ちょうど、懐が寂しい頃で買えなかったのが、今となっては残念。
あれは買っておけばよかった。

| woodstock69 | 2011/09/02 18:11 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://beatbeat.blog72.fc2.com/tb.php/509-f95cde0d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。