PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

ストーンズの50周年ツアーに望むこと

 前のエントリーの最後に「来年はストーンズのツアーがあるかも」と思わせるようなことを書いた。
 ローリング・ストーンズは一度も解散もせず、50年も続いたロック・バンドである。だから、記念のツアーは必ず実現させてほしいが、ぼくには「これまでと同じような大規模なスタジアム・ツアーはやめたほうがいいんじゃないか」という気持ちがある。

 実は今月に入ってから、89年の「スティール・ホイール・ツアー」から順番にツアーのDVDを見ていた。そして、最後に一番最近のツアーのDVDを見ると、驚異的なパフォーマンスを見せつけるミック以外のメンバーは、ライブの体力にかなりの衰えが目立つのだ。

 年齢を考えると衰えてくるのが普通で、ミックが異常なのだが、特にキースの曲に対する瞬発力の低さ、ギターの手数の少なさは「ちょっとなあ」と思ってしまう。
 まあ、キースの場合はステージに立っているのを見るだけで価値のある人だし、最近のプレイについても「味」と言い切ってしまえば、それまでなのだが・・・・。

 でも、こういう間違えもしちゃうわけで「It's Only Satisfaction?」。



 タイトルどおりにキースが弾く「イッツ・オンリー・ロックンロール」のイントロで始まる「サティスファクション」。
 そのまま強引に唄い始めちゃうミックもすごいが、ステージ最後のキメの一曲のイントロを間違えるなんて、落語のオチを忘れちゃうようなもので、これはかなりまずいことだろう。

 ただ、同じ時期のライブでもマーティン・スコセッシが監督した「シャイン・ア・ライト」におけるキースのパフォーマンスは素晴らしい。

B0026I1INWザ・ローリング・ストーンズ シャイン・ア・ライト コレクターズBOX (完全限定生産) [DVD]
ジェネオン エンタテインメント 2009-07-03

by G-Tools

 これは映画を撮影されているという緊張感が良い方向に作用しているのだろうが、ホールが狭いゆえに、キースの集中力がスタジアムほど拡散しないせいもあるのではないか。

 ストーンズがBステージを設けたのも、離れしまった観客との距離を縮めるためだろうし、毎回ツアーが始まる直前、必ず小さなライブハウスでプレイするのも、自分たちの原点に立ち戻る意味があるのだろうと思う。
 それならば、50周年ツアーは昨年のボブ・ディランのようなライブハウスツアー、またはホールツアーにならないものだろうか。花火が舞う巨大なスタジアムではなく、余計な装飾のない狭いステージで、メンバー間の距離が近いストーンズを見ながら、彼らの音をじっくりと聴いてみたいのだ。

 キャパが10分の1以下になるわけだから高額で入手困難なチケットになるだろうし、叶わぬ願いなのも分かっちゃいるけど、実現しないかなあ。

| ローリング・ストーンズ | 21:43 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

まったくもって強く激しく同感です!
新潟県民会館あたりでやってくれないかなぁ・・・。

| baco | 2011/09/21 04:58 | URL | ≫ EDIT

シャイン・ア・ライトは
映画館で見ました。確かにこれは良かったです。
地元の映画館ではやってなくて新宿まで行って見ましたよ。おかげで帰りに
楽器屋で見かけたCREWSのセミアコが気に入ってしまってのちに買うことにな
ってしまいました。(^^ゞ

来日するビッグネームに小さな箱での演奏というのはかなわぬ夢なんでしょう
ね。JAZZ系ならそういうこともあるんですが、ロック系は絶望的ですな。
そういう意味ではブルーノートで間近で見れるラリー・カールトンってすっご
く幸せなことなんですね。

| テイルピース | 2011/09/21 08:37 | URL | ≫ EDIT

bacoさん、こんばんわ。

ストーンズ、地方のカジュアルなホールでやってくれば、最高なんですけどね。
でも、ビックネーム(と高額と思われるギャラ)ゆえに叶わぬ夢のような気がします。
ただ、リックス・ツアーの時のように意識的に小さい場所でもやってもらいたい。
できれば、武道館より小さい箱が良いなあ。

| woodstock69 | 2011/09/22 22:20 | URL | ≫ EDIT

テイルピースさん、こんばんわ。

あの映画は近年のストーンズの映像では出色の出来でした。
もちろん、彼らのことですから、音の手直しなんてのもやっているかもしれませんが「ストーンズを小さなホールで見たい」と思っているのは、あの映画の影響大です。

ブルーノートのラリー・カールトンも、一度は見てみたいライブですが、JAZZ系の人はかなりのビックネームでも、ペンチャーズのノリで地方の小さなホールでもやるんですよね。
この辺は機材の量なんかも関係しているかも。

そういえば、ぼくも来週、地元の小さなホールにフライド・プライドと日野皓正を見に行きます。
そのホールは、なんと子供が保育園の時に学芸会で使った場所ですが、今から楽しみです。

| woodstock69 | 2011/09/22 22:31 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://beatbeat.blog72.fc2.com/tb.php/512-2863626e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。