PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

オジロワシを見にいく日々

 雪が降るまでは、毎日のように走っていた。
 凍てついた雪道、マイナス5℃以下の気温という厳しいコンディションの中でも、走っている人をたまに見かける(スパイク付きのシューズでも履いているんだろうか)が、ぼくはさすがに走る気にはなれない。
 といって、家でじっとしていると運動不足は確実で、春になっても走れる体を取り戻すのに時間がかかってしまう。安いランニングマシンを買うという手も考えたが、ただでさえギターと本であふれた家に置き場所はない。

 仕方がないので、時間に余裕のある日は早足で1時間ほど歩くようにしている。走った後ほどの充足感はないけれど、軽い運動は生活にアクセントを与えてくるような気がするし、日々移り変わる真冬の景色を見るのも楽しい。
 そして、歩く途中で毎日のように見る景色の中に、オジロワシがいるのだ。

オジロワシ

 オジロワシは国の天然記念物で、環境省によって国内希少野生動植物種に指定されている。北海道で越冬する個体数が約1.700羽らしいから、かなり珍しい猛禽類である。
 しかし、希少なオジロワシを毎日のように見かける。一昨日は川の向こうの木の上で、二羽のオジロワシが翼を休めていた。昨日はサケの遡上する小川のほとりで、カラスと一緒にその身をついばんでいた。

 ワシは孤高な存在で、鳥類の中で最強といったイメージもあるけれど、カラスの群れに威嚇されて、すごすごとその場を飛び去る姿を見たこともあった。ぼくがよく見かけるオジロワシは成鳥になりきっていないので、少し未熟な素振りが何だか愛らしい。
 とにかく、この冬はワシを探しながら歩くことになりそうだ。
 
 ということで、今日の1曲はスパースターにはなりきっていない若い頃のイーグルスで「Peaceful Easy Feeling」を。



 深刻にアメリカの姿を唄ったイーグルスも良いけれど、ぼくは彼らの初期の曲にあった底抜けに明るい楽天性も好きだ。

| BEATな話題 | 18:39 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

オジロ
ボリュームのある羽が立派ですね。北浜の斜面でよく見かけたものです。
YHから年賀状を頂き、「北浜も変わった」とありました。ずいぶん変化があったのでしょうか。

| むーぼ | 2012/01/19 08:00 | URL | ≫ EDIT

むーぼさん、こんばんわ。

オジロワシ、個体数が少し増えているのか、近ごろは以前よりよく見かけるようになりました。
我が家の周辺には2つがい、4羽のオジロワシが住んでいるようです。

北浜は良くも悪くもあまり変わりようのない所だと思うのですが・・・・。
でも、トーフツ湖畔にビジターセンターを建設中で、あの景色に余計な建物が加わります。
相変わらずの箱物行政にはうんざりです。

| woodstock69 | 2012/01/20 22:55 | URL | ≫ EDIT

お客さんのニーズがあるのですね。まだ外国の方が多いんでしょうか。最近は旭岳も人気だと機内誌で読みました。まあ観光産業が活発なのはいいことです・・・。

| むーぼ | 2012/01/21 07:55 | URL | ≫ EDIT

むーぼさん、おはようございます。

ビジターセンターはラムサール条約登録湿地になったことで予算が付き、建設されているようです。
でも、その湿地の一部に建てるのだから、何のことやら・・・・。
まあ、観光客のニーズというより、この国にありがちな話のような気がします。

外国からの観光客は、震災直後からほぼゼロになりましたが、最近はちらほらと見かけるようになりました。
この冬は少しでも客足が戻ればいいのですが。

| woodstock69 | 2012/01/21 09:56 | URL | ≫ EDIT

オジロワシ
野鳥の撮影も趣味にしている私としては、よだれが出そうな環境です。でも、寒さが厳しいところということで軟弱な私には住めないかな?(笑)
いつかはオジロワシやオオワシを見に行ってみたいものです。

| テイルピース | 2012/01/22 03:06 | URL | ≫ EDIT

テイルピースさん、こんばんわ。
遅くなりましたが、今年もよろしくお願いします。

我が家の周辺は野鳥が多く、庭先の木にアカゲラが来るし、近くの森の中ではクマゲラを見かけたことがあります。
さらに、タンチョウも車で数十分の湖畔に営巣しているようで、たまに姿を見かけます。

寒さですが、しばらく住むと慣れちゃいますよ。
例えば、マイナス10℃以下の厳しい寒さが続き、ふとプラス前後の気温になると、すごく暖かく感じます。
さらに、家の中は本州よりも暖かいので、意外に冬も快適だったりして。
一度、こちらにも来てみてくださいね。

| woodstock69 | 2012/01/22 20:51 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://beatbeat.blog72.fc2.com/tb.php/526-4be70013

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。