PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

冬の風に吹かれて

Highway 61 RevisitedHighway 61 Revisited
Bob Dylan


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 ボブ・ディランはとても無愛想なロックンローラーだ。
 突き放すようなしわがれ声と平坦なメロディーの唄からは「別にはっきり聞こえなくてもいいんだよ」とばかりの早口で抽象的な詩が飛び出てくる。ステージではMCがほとんどなく、インタービューも大嫌い、笑顔のポートレートなんて見たことがない。
 そんなボブ・ディランを好きなって二十数年になるが、未だにどこが良いのか自分でもよく分からない。その唄の中にロックの核心のようなものは確かに感じる。しかし、それを言葉で表現するのはとても難しい。

 北海道の冬はボブ・ディランに似て、無愛想な季節だ。
彩りがない白一色の風景に冷たい北風を吹かせ、外気に触れるものすべてを凍りつかせてしまう。厳しい冬をいかに過ごすかが、北海道の生活ではとても重要なことになる。冬が一年の三分の一を占めるからだ。

 季節を人に例えるなら、夏は陽気でつきあいやすい友達だ。しかし、北海道の夏は駆け足でやって来て、ある日突然に去ってゆく。きまぐれな奴とはどうしても深いつきあいにはなれないものだ。
冬は無口で思慮深くて、とっつき難い友達かもしれない。でも、何年かつきあっていると、その良さが少しずつ分かってくる。時には厳しいことも言うけれど、決して悪い奴ではない。じっくりと想いを暖める時間を与えてくれるし、意外にもやさしかったりするのだ。

 ぼくは厳しい寒さの日に好んでボブ・ディランを聴いている。無愛想な歌声が「なまぬるい風ばかりにあたっていると馬鹿になるぜ、どんな時でもやるべきことをするだけさ」と語りかけてくる気がするからだ。
 初期の名曲「風に吹かれて」の中でボブ・ディランは「友よ、答えは風の中にある」と唄った。「なぜ北海道に移り住んだのか?」という自問への答えも、冬の風の中に舞っているのだと思う。
 冷たい風にさらされるのも、時に悪くはない。

「イーストサイド」04号に執筆したものを加筆して転載。

 すみません。今日も多忙状態につき、過去に書いた原稿の転載です。

 選んだアルバムは「Highway 61 Revisited」(邦題は「追憶のハイウェイ61」)。
 これはボブ・ディランの長いキャリアの中でも無愛想さでは一、二を争うアルバムだと思う。なんてったって一曲目が底意地の悪い曲の代表格「Like a Rolling Stone」だ。
 刺々しい怒りのこもった声、攻撃的な曲の数々。キャリアの中で最も「ロック」なボブ・ディランが、このアルバムには記録されている。

 転載した文章の中で、ぼくはボブ・ディランを冬の冷たい風に例えたが「Highway 61 Revisited」は真冬の嵐だ。

| ボブ・ディラン | 11:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://beatbeat.blog72.fc2.com/tb.php/53-098708a3

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。