PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

1966年のジーンズとロック

 ぼくにとって、ジーンズといえば、リーバイスの「501」だ。
 年代によって、スタイルの変遷はあっても、ジーンズの元祖の「501」は、エレキギターでいえばテレキャスターのようなもので、定番中の定番といえるだろう。

 そういえば、今のジーンズとエレキギターのあり方には似通った部分が多い。
 ジーンズもヴィンテージものは高価だが、それを徹底的に研究して作られたレプリカが存在する。さらに、ジーンズのレプリカの分野では日本がトップレベルで、世界的にも高く評価されているらしい。

 70年代から80年代に作られ、フェンダーやギブソンをフルコピーしたグレコやトーカイのレプリカのエレキギターは、ジャパン・ヴィンテージと呼ばれ、海外にも多くのファンがいる。
 ジーンズとエレキギター、どちらもオリジナルを作り出したのはアメリカだが、その良さをミリ単位で研究して、精巧に復元するのが日本というのは、まったく同じ構図である。

 たとえ、徹底的にレプリカされた「501」タイプのジーンズでも、商標の関係からリーバイスと同じバックポケットのステッチを使えないあたりも、フェンダーやギブソンに少し似せたロゴをヘッドに付けていた日本製のエレキギターとよく似ている。


 少し前に、そんなレプリカ・ジーンズを買った。1966年あたりに作られていた「501」をモチーフにしたジーンズである。
 ぼくは「ジーンズなんて、普段着。そもそもワークウェアなんやから、1万円以上のものを買うのは馬鹿らしい」と思っている。しかし、一度はレプリカ・ジーンズの実力ってやつをを試してみたくて、ちょいと高価な「SUGAR CANE」に手を出してしまった。

シュガーケーンのジーンズ

 「SUGAR CANE」は日本のブランドだが、このジーンズはアメリカ製で、逆輸入されたものだ。まだ、着始めて数週間だが、ざっくりとしたデニムの肌触り、細くはないけれど、太くもない絶妙のシルエットが気に入っている。

 現在売られているレギュラーラインのリーバイスの「501」とは、かなり異なった着心地のジーンズで、少し高かったけれど、それだけの価値のあるジーンズのような気がする。
 色落ちの具合が分かるのは、まだ先のことだが、履きこんでいくのが楽しみな一本である。 



 1966年は「501」がワークウェアではなく、カジュアルなジーンズとして、ひとつの完成形をみた年らしい。そして、ロックにとっても、1966年は特別な年だった。

 まず、5月にボブ・ディランが「ブロンド・オン・ブロンド」をリリースする。

B00026WU8MBlonde on Blonde (Reis)
Bob Dylan
Sony 2004-06-01

by G-Tools

 ボブの名盤中の名盤。レコードの時代は2枚組みで、初めて聴いた時は1曲でD面のすべてを使った「Sad Eyed Lady Of The Lowlands(ローランドの悲しい目の乙女)」に、ぶっとんでしまった。
 全14曲、捨て曲なんぞは1曲もない。CDでは1枚とコンパクトになったが、通して聴くには気力と体力のいるアルバムだ。

 そして、翌6月にリリースされたのが、ビーチボーイズの「ペット・サウンズ」である。

B0009OAUC0ペット・サウンズ
ビーチ・ボーイズ
EMIミュージックジャパン 2009-07-01

by G-Tools

 これもロック史の中で輝き続けている名盤。そして、ぼくにとっては、未だに正体不明の部分のある1枚で、聴くたびに何らかの発見のある不思議なアルバムだ。

 それはビートルズの音楽からは感じられないブライアン・ウイルソンという人のせつなさ、底のしれない悲しさが、このアルバムに込められているからもしれない。
 いずれにせよ、これほどまでに儚くも美しく、そして壊れやすそうなロックやポップのアルバムは他にはなく「ペット・サウンズ」が唯一無二の存在であることは、まちがいない。

 さらに、同じ月にビートルズはシングルの「ペイパーバック・ライター」「レイン」をリリースする。これらの曲には「シーラブズユー、イエイ、イエイ」と無邪気に恋愛を唄っていたビートルズの面影はまったくない。

 特に「レイン」はプログレッシブ・ロックの元祖ともいえるような名曲だ。



 こんな曲をシングルのB面にもってくるあたりに、66年のビートルズの余裕とすごさを感じる。

 この後に、ビートルズは唯一の来日公演を行い、8月には「リボルバー」をリリースする。

B0025KVLTCRevolver (Dig)
Beatles
EMI UK 2009-09-09

by G-Tools

 今では「サージェント・ペパーズ~」を凌ぐ名盤と評価されている「リボルバー」も、あえて説明する必要のないほどの名盤だ。

 「ペット・サウンズ」と「ブロンド・オン・ブロンド」、そして「リボルバー」が立て続けにリリースされた1966年は、ふり返ってみるとロックに何かが舞い降りた年、奇跡の1年だったといえるかもしれない。

| ロックの名盤 | 22:55 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

こんにちは。

60年代に成人として過ごしていたらどんな人生だっただろう...?、とたまに私は考えたりします。
ビートルズの武道館も行っていたに違いありません。
私の66年はアフターマスも入ります。(違いましたか?)

どちらにしましてもこの頃に出た数々の音楽が私の今の音楽的趣向を決めているのかもしれません。


それにしても、リーバイスとギターを並べてそこから66年の音楽にもっていくこのコラムの構成、とても秀逸です。

| 64studio | 2012/03/02 12:06 | URL | ≫ EDIT

64studioさん、こんばんわ。

66年、ぼくは4歳だったので、鉄腕アトムは知っていても、ビートルズは知りませんでした。
ただ、60年代後半の空気感は何となく覚えているんですよね。
記憶が鮮明なのは70年代に入ってからですが、ぼくもあの頃の音楽に生き方さえも左右されているような気もします。

そして、ぼくがビートルズを聴き始めた頃は、まだジョンが生きていて、彼らの音楽は今ほど高尚なものではありませんでした。
単なるロックやポップスであったからこそ感じる部分もあったのだと思うんですよね。

そうそう「アフターマス」も66年です。
ぼくもあのアルバムは大好きですが、今回取り上げた3枚に比べると、歴史的な名盤度は少し低い気がします。
66年から数年遅れて「ベガーズ・バンケット」「レット・イット・ブリード」をリリースしたストーンズは、先頭を走らなかったからこそ生き残ったバンドかもしれませんね。

| woodstock69 | 2012/03/04 18:50 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://beatbeat.blog72.fc2.com/tb.php/530-2e727edd

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。