PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

最近、書店で見つけた「ディランを語ろう」

 年度末進行の仕事と確定申告、それにイレギュラーな出張付きの仕事まで加わって、例年になく慌しい3月前半になった。
 そんなわけで、このBlogもしばらく放置となってしまったけれど、大きな山は乗り越えたので、また週1くらいのペースで更新できるはず。

 そんな慌しい毎日だったけれど、おなごみの時間もあった。
 昨年末、隣町に複合型の書店ができた。「コーチャンフォー」という店で、北海道ではメジャーな大型書店だ。ぼくは仕事で隣町に行った時、無理やり時間を作ってでも、この店に立ち寄ることにしている。

 この書店、とにかく広くて本やCDの在庫も豊富。田舎暮らしと引き換えに失くしてしまった「たくさんの本やCDを目で見て、その中から選んで買う」という楽しみを味わえる店だ。
 最近、すっかりアマゾン頼みの読書と音楽生活だったが、棚の間を歩き、実物を手にとり、ページをめくって本を選ぶという行為には、格別の喜びがある。

 そして、歩き疲れたら、店内にあるドトールコーヒーに入って、買ったばかりの本のページをめくる。都会では当たり前だった行為が、やけに新鮮で、活字好きのぼくにとっては「コーチャンフォー」で過ごす数時間が、最近の楽しみのひとつになっている。

 そんな大型書店で、浦沢直樹と和久井光司の「ディランを語ろう」を買った。

4093592020ディランを語ろう
浦沢 直樹 和久井 光司
小学館 2007-12

by G-Tools

 この本、アマゾンでの評価が意外に低くて、これまで手が伸びなかったのだが、実際に読んでみると、とても面白かった。

 著者の浦沢直樹はもはや説明不要の漫画家、和久井光司は「レコード・コレクターズ」などの評論でもお馴染みの音楽家だ。大のディラン好きが、タイトルにあるように大いに「語る」のだが、2人のボブ・ディランに対するスタンスは極めて私的である。つまり、自分にとってのディラン、自分とディランの思い出や様々なアルバムとの出会いを語り合う。
 そのため、彼らと同年代の人にしか分からないような単語(注釈はあるけど)が頻出するし、あの時代にCDでなくレコードでロックを聴いていないと、理解できないようなニュアンスや空気感が多々ある。

 ぼくは1962年生まれなので「ディランを語ろう」をワクワクしながら読んだし、2人の話に共感もできるけれど、例えば1970年代に生まれたディラン・ファンには部分的に意味不明の迷著となるかもしれない。
 でも「同世代でしか語れないディラン」という割り切り方が気に入ったし、2人のディラン与太話の中に、彼の本質を見事に捉えた瞬間があることも確かだ。
 結論として、1975年前後に思春期を迎えたディラン・ファンにはおすすめの一冊かな。


 本と一緒にCDもひとつ。
 アムネスティ・インターナショナルの創立50周年、ボブのデビュー50周年を記念してリリースされた4枚組みのトリビュートアルバム「Chimes of Freedom」。

B006H3MIV8Chimes of Freedom: Songs of Bob Dylan
Chimes of Freedom: Songs of Bob Dylan
Amnesty Internationa 2012-01-24

by G-Tools

 新旧アーチスト、新旧の録音を取り混ぜたボリューム満点のトリビュートアルバムなので、長尺で散漫な印象もなくはないけれど、輸入盤の2500円弱という値段を考えれば、充分に納得のできる内容だ。

 特に女性アーチストのカバーに素晴らしいものが多く、ダイアナ・クラールの「Simple Twist Of Fate」(ちなみの夫のコステロは「License To Kill」をカバー)やカーリー・サイモンの「Just Like A Woman」あたりは、この先も愛聴していく曲になりそう。その他にジャクソン・ブラウンやジェフ・ベックが加わっているところも、うれしい。
 ぼくは好きな曲だけを抜き出して、CD1枚に編集したものを車で聴いている。

 というわけで、今日の1曲は「Simple Twist Of Fate」(邦題は「運命のひとひねり」で、こちらも秀逸なタイトル)。
 まずは、ダイアナ・クラールのバージョンを。
 


 改めて、曲の中に隠れていてた美しい旋律に気づかされるカバーだ。

 次はボブ本人の「Simple Twist Of Fate」。



 テレビに出演しても相変わらず無愛想で、テキトーに曲を始めちゃおうボブがいい。
 なにより、フリル付きの開襟シャツの上にレザーのジャケットというファッションが似合う1970年代のディランがかっこいい!。

 最後に、もう1曲。ディランとジョージの「If Not For You」を。



 おそらくバングラディッシュのコンサートのリハーサル風景を収めたものと思われるが、いつものようにハモるようで、微妙にハモらないディランのデュエットがステキすぎる。

 わざと外すのが、ボブ・ディランの大きな特徴、未だに直らぬクセである。 

| ボブ・ディラン | 11:48 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

どもどもです。お久ですね。

いきなり脱線してしまいますがDiana Krall、いいですね。久々にLive In ParisのJust the Way You Areを
聴きました。清廉とした感じが好きですな~。

| beebee | 2012/03/18 13:23 | URL | ≫ EDIT

beebeeさん、お久しぶりです。

ぼくもダイアナ・クラール、好きなんですよ。
最近はあまり感じられなくなったけれど、洗練された中に少し漂うイモ臭さがたまらん。
でも、ピアノのフレーズは女性なのにハードボイルドなところがあって、素晴らしいと思います。

「Live In Paris」は仕事中のBGMとして、以前から愛用しています。
ぼくにとっては、なぜか仕事がはかるどる名盤です。

| woodstock69 | 2012/03/18 17:40 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://beatbeat.blog72.fc2.com/tb.php/532-6017da87

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。