PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

卒業ソングの傑作-制服

 今日は小学6年生の長男の卒業式だった。
 親にとっての6年間なんてのはあっという間。ランドセルを買ったのが、ついこの前のことに感じられるのに、もう卒業なのだから、子どもの成長と時間の過ぎていく早さに驚いてしまう。

 そんな我が家の事情に関係なく、この時期になると毎年思い出して、夜中にYouTubeでこっそりと聴いちゃう曲がある。

 松田聖子の「制服」だ。



 ぼくは聖子ちゃんの直撃世代なのだが、レコードを買うほどのファンでもなかった。でも、友達の家で発売されたばかりの「赤いスイートピー」のシングルB面に収められていた「制服」を聴いたときに「こんな名曲をB面にしておくなんて、松田聖子はすごい」と感心した。
 その想いは未だに変らず、今でもこの曲には50前の男の胸をキュンとさせるところがある。多感な頃に聴いた名曲というのは、いつまでも輝き続けているものだ。

 そして、サビの「失うときはじめて、まぶしかった時を知るの」というフレーズは、まさに黄金の一行。ぼくはこのフレーズに30年前とは違った何かを感じている。

 最近の流行の唄が失くしてしまった「湿っぽくならない、清らかなせつなさ」が、この曲には確かにある。

| BEATな話題 | 17:55 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

どもどもです。

あちゃー、やばい、
きゅんとしてしまいましたがな(><;
あっしは明菜でしたね、なんとなく。。。
むちむちしたところが、、、おいおい。

大人になってから改めて再確認したというか。
楽曲陣とかバックミュージシャンとか。
深入りはしませんでしたが。
なにがいい?と聞かれたら赤いスイートピーかな。

| beebee | 2012/03/19 18:43 | URL | ≫ EDIT

beebeeさん、こんばんわ。

毎年、この時期になると、夜中に「制服」を聴いて、キュンとするのが恒例行事なんですが、やっぱ良いですね。
この曲、個人的には日本の歌謡史に残る名曲だと思うのですが。

明菜ちゃんですが、個人的に思い出深いのは「禁区」かな。
彼女の場合、声と同じく聖子ちゃんよりハードボイルドなところが魅力かと思いますが、キュンとするのは「北ウイング」ですね。
とにかく、元気になってもらって、再びあの声が聴きたいものです。

| woodstock69 | 2012/03/21 21:16 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://beatbeat.blog72.fc2.com/tb.php/533-5dc1f45b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。