PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

ローリング・ストーンズの50周年を考える

 2012年はストーンズがデビューしてから50周年にあたる年だ。
 1962年、ミック・ジャガー、キース・リチャーズ、ブライアン・ジョーンズ、イアン・スチュアートに、ベースのディック・テイラー、ドラムのミック・エイヴォリーを加えたメンバーが、ローリング・ストーンズとしてロンドンのマーキークラブでステージ・デビュー。翌63年にチャーリー・ワッツとビル・ワイマンが加入し、現在につながるストーンズの形ができていく。

 昨年末あたりから「12年には記念のツアーをやるのではないか」というウワサもあり、メンバーもミーティングの機会をもったようだが、最近になって下のようなニュースがあった。

ザ・ローリング・ストーンズ、2013年、結成50周年の記念ツアーを敢行

 これによると「まだツアーに出る準備は整っていない」ので、50周年ツアーが実現するとしても、来年。
 さらに、キースの健康面に不安があって、これまでのような大規模なワールドツアーは行なわず、ニューヨークやロサンゼルス、ロンドンなどの大都市で各10公演ずつを行うようなスタイルも検討されているそうだ。

 キースの健康に不安があるというウワサが少し気がかりだが、昨年末に視力矯正の角膜レーザー手術を受け(キースの「ステージで眼鏡をかけている姿なんて見せられねえ」という心意気だろう)、先日も故ヒューバート・サムリンのトリビュート・コンサートに出演したことを考えると、それほど深刻な問題ではないような気がする。

 ぼくはメンバーの年齢を考えれば、無理をしてワールドツアーを敢行するより、世界の大都市(できれば、そこに東京や大阪が加わってほしいけど)に腰を落ち着けて、じっくりとプレイをするのがベターだと思う。
 極端にいえば、ビル・ワイマンやミック・ティラーといったかつてのメンバー(ブライアン以外は存命なわけで)や、ストーンズにゆかりのゲストを招いて、1回きりの記念コンサートを行い、それをネット中継やDVDで見るという形でも、ぼくにはかまわない。
 ただ、ストーンズの場合、ライブを重ねることによって調子を上げていくところがあるバンドなので、一発勝負には不安があるけれど・・・・。

 いずれにせよ、50周年という節目にストーンズのライブが見たいというのが、多くのファンの望みだろう。


 最後に推測を交えた深読みをすると、ストーンズ・カンパニーのミック社長が50周年ツアーに積極的ではなさそうな理由は、数年前から本格化したアーカイブ・ビジネスに手ごたえを感じているからではないか。
 ツアーのたびに、最も負担を強いられるフロントマンのミック社長は「過去の遺産でストーンズが運営できるのなら、無理してライブをやる気になんねーよ」と思っても不思議ではない。彼だって68歳、超人ではないからだ。

 そんなミックは少し前にホワイト・ハウスでライブを行なった。





 ホワイトハスのセレブたちの前で「ミス・ユー」を余裕たっぷりで唄う姿は、サー・ミック・ジャガーらしい。少し前のぼくなら「貴族趣味丸出しで、最低やな」と思っただろうが、今ならそんな姿も許せる(キースがどう思っているかは知りませんが)。

 しかし、ストーンズに過去の遺産はたくさんあっても、未来の時間はあまりなさそうだ。ミックにはローリング・ストーンズのフロントに、もう一度だけ戻ってきてほしい。

| ローリング・ストーンズ | 09:54 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ストーンズとしてひとたびツアーに出るとなると、莫大なヒト・モノ・カネが動きますからね。
以前、ミックが「ツアーに出ると、最初の心配は損益分岐点を越せるかで、どこの(何本目の)ライブが損益分岐点になるか常に意識してる」と言ってました。
この年齢になると体調面等で途中棄権のリスクが大きすぎてツアーという決断には至らないのだろうと思います。

なので、50周年はアニバーサリーイベント的なものになるかな、とは思いつつ、ファンとしては「最後になるかもしれないんだから、損得抜きで行けるとこまでツアーだ!」とメンバーの意見が一致してくれることを期待しちゃうんですよね。
あのチャーリーが「ツアーの途中で倒れたっていいじゃないか」と言ってたくらいですから。

| hromer | 2012/03/26 19:48 | URL | ≫ EDIT

hromerさん、こんにちわ。

ミックの発言、一流企業の社長のようで良いですね。
昔なら、この商売人と思ったでしょうが、彼のおかげでストーンズが存続しているのを実感します。
同時に巨大化したロック・バンドのフロント・マンの悲哀も感じたりして・・・・。

そんな内部事情があったとしても、チャーリーの発言は頼もし過ぎ!
ツアーの途中で倒れたとしても、本望。
それがストーンズのあるべき姿なんでしょうけどね。

何らかの形で50周年をお祝いしたいのは、ファンの気持ちなわけで、ミックの決断に期待してます。

| woodstock69 | 2012/03/29 14:34 | URL | ≫ EDIT

初めまして
ストーンズ関連で辿り着きました。
50周年は実は2013年って声明を出したのが、何か意味深ですが、ミックの商売人としての頑張りに期待してしまいます!
ただキースの老けようは少し心配ですが・・
新録もそろそろ聴きたいところですね~

| ezee イージー | 2012/04/13 21:48 | URL | ≫ EDIT

ezee イージーさん、はじめまして。
コメント、どうもありがとうございました。

夏にはちゃんと50周年記念の豪華写真集も出るわけで、2013年なわけないだろうと思いつつ、ミック社長には期待したいですね。

ただ、用意周到なはずなミックが1年の延期をいうからには、何か理由があるはず。
それがキースの健康問題だとしたら、ホントに心配。
でも、ここまできたらストーンズにはロックバンドが老いて枯れていく様まで見せていただきたいですね。

| woodstock69 | 2012/04/14 09:29 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://beatbeat.blog72.fc2.com/tb.php/534-01daa9a5

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。