PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

Help! 手術室で聴くビートルズ

 あまりに恥ずかし過ぎて、あえて理由は書かないけれど、前回のエントリーの直後に右の手首を骨折。派手にポッキリしちゃったので、3月終わりに手首の骨をプレートとボルトで固定する手術をした。
 ちなみに、骨折したのは30年ぶり、2回目だ。

 歩いて、手術室に入り、覚悟(自慢じゃないけど、痛みと血なまぐさいのは大の苦手だ)を決めて手術台に乗ると、横にいた看護師さんが「何か好きな音楽はありますか?」とたずねてきた。
 音楽には患者をリラックスさせる効果があり、室内には有線放送のBGMが流れるそうだ。「できれば、ビートルズがいいんですが」と答えると「確か、そんなチャンネルもありましたね」と看護師さんが席を立った。

 すると、手術室の中にジョンの声が流れてきた。曲は「ヘルプ」だ。



 あまりにでき過ぎた展開に笑いそうになったが、その直後に右手には麻酔がかけられ、手術が始まった。

 こうして、ぼくは1時間ちょっとの手術中にビートルズを聴きながら過ごした。確かに音楽にはリラックス効果があって、ランダムに流れてくるビートルズの曲をたまに口ずさみ、先生の指示や話し声、ドリルの音などを聴きながら、ぼくは手術を終えた。

 手術の途中で、しみじみと「イン・マイ・ライフ」を聴き「ヘイ・ジュード」には励まされた。これまでも、色々な場所や状況でビートルズを聴いてきたけれど、最も記憶に残る場所でのビートルズだったと思う。
 もう二度と、あんな状況でビートルズは聴きたくないけれど・・・・。

 その後、無事に退院して、今は自宅で骨休め中。右手のリハビリはこれからだけど、こうして少しキーボードも打てるようになった。

 手首をさすりながら「早くギターが弾きたいなあ」と思いつつ、モノラルのビートルズのアルバムを聴く日々である。

| ビートルズとその周辺 | 12:16 | comments:4 | trackbacks:1 | TOP↑

COMMENT

woodstockさん

心よりお見舞い申し上げます。

利き腕なのでしょうか?
私はバイク事故で利き腕ではない左手の指を2本骨折したことがあるのですが、
それでも相当不自由な日々を過ごしましたので
手首となりますとその事の大きさが私なりに想像できます。

私の場合、選択肢がなかったのですが
手術でかかっていたのはカーペンターズ。
今でもカーペンターズがかかると事故を思い出します。音楽はいつもついてまわるものですね。

まぁ、それより、なによりお大事にしてください。
早い手首の回復を祈っております。

| 64studio | 2012/04/11 15:12 | URL | ≫ EDIT

それは大変!
woodstockさんv-278

何が起こるかわかりませんね・・・。
痛かったでしょうに。おだいじにしてください。

ぴょんは骨折経験はありませんが、
右手が書痙になりました。
字を書くときだけ右手が震えて、まともに字が書けないし、
長く字を書くとぐったり疲れてまいりました。
ペンを持つこと以外は何の問題もないという
理解しがたい症状です。

生きているといろいろありますね・・・。
くれぐれもお大事に。
早くくっついて、右手が元の右手として復活v-344してくれることを祈っています。

| ぴょん | 2012/04/12 13:26 | URL | ≫ EDIT

64studioさん、こんばんわ。
お見舞いのコメント、ありがとうございました。

右手は利き腕なので、かなり不便。
でも、左手メインの生活にも慣れてきたし、右手も少しずつ動くようになってきました。
こうして、右手も使って文字を打てるようにはなったのですが、マウスは左手で使っています。
もうしばらく、日常生活に支障はありそうですが、リハビリも始まったので、あとは少しずつ機能を回復していくだけですね。

手術室のビートルズですが、色んな意味で印象的でした。
命にかかわるほどの大手術ではないとはいえ、いきなりの「ヘルプ」には苦笑をしちゃいました。

カーペンターズがかかっていたとのことですが、近頃では手術中にBGMが流れていることが普通なんでしょうか。
30年ぶりの入院でしたが、食事の時間(昔は5時前に夕食がきた)を含めて、病院も変りましたね。

| woodstock69 | 2012/04/12 18:07 | URL | ≫ EDIT

ぴょんさん、こんばんわ。

ぼく自身の不注意が骨折の原因だったので、しばらくの間は痛いやら情けないやらで、複雑な心境でした。
幸い、骨折の痛みはなくなりましたが、リハビリは少々恐怖ですね。
もちろん、右手が少しずつ動くようになるのは、うれしいのですが・・・・。

書痙という症状、初めて知りました。
調べてみると、原因が特定しにくく、職業病でもあるんですね。
完治されたのだとは思いますが、ホント、長らく生きていると色んなことがありますね。

今回の骨折で改めて気付かされたのは、心と体が「普通」の状態であることの素晴らしさ。
50を前に、骨折をきっかけにして、少し立ち止まって色んなことを考える春です。

| woodstock69 | 2012/04/12 18:24 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://beatbeat.blog72.fc2.com/tb.php/535-a2f3af6c

TRACKBACK

-

管理人の承認後に表示されます

| | 2012/04/08 12:36 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。