PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

畑の中のつづれおり

TapestryTapestry
Carole King


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 長年愛聴しているCDにキャロル・キングという女性シンガーの「つづれおり」がある。
 このアルバムは七一年に発売され、二千万枚以上のセールスを記録した。爆発的に売れた理由を、激動の六十年代に少々疲れた人々の耳にキャロル・キングの声とピアノの音色が癒しの感覚をもって響いたからではないだろうかと推測しているが、そんな時代背景を抜きにしても「つづれおり」は歴史的な名盤で、今もその輝きは衰えることがない。

 女性が造った優れたポップソングには「大地をまっすぐ歩いて行けば、いつかきっと理想に辿り着ける」といった唄が多いように思う。
 一般的に女性は感情の起伏が激しく情緒的だといわれている。しかし、失恋の唄の世界を考えると、男が「朝起きたら、愛しい彼女がベットから消えていたんだぜ。悲しみが溢れて、どうすることもできない」とブルースによくあるフレーズで行き場所のない感情を爆発させるのに比べて、女性の場合は冷静にポジティブに「あの人は家を出ていったけれど、今日も太陽が昇り、日差しが私をつつんでいく。きっと大丈夫」と表現している場合が多い。

 「つづれおり」に収録されているキャロル・キングの代表曲「イッツ・トゥー・レイト」も失恋の唄だが「心の炎が消えたのを私は隠せないし、それをだませない」と告白しつつも「ふたりの暮らしは楽しくて、私は一度はあなたを愛した。でも、もう遅すぎる」と自分の恋にきっちりとけりをつける。そこには余計な未練やとまどいはなく、過去のことは清算して新しい一歩を踏み出そうという強い意志がある。

 包み込まれるようなやさしさと力強さを併せ持ったキャロル・キングの声とピアノの音色は、両脇に畑の広がるまっすぐな農道を車で走る抜けている時に心地良く耳に響く。それは豊かな実りを作り出す大地が、限りなく女性的であるからだ。

「イーストサイド」05号に執筆したものを加筆して転載。

 ようやく一本の原稿が終了したのもの、まだ残りが一本。というわけで、もう一回「イーストサイド」からの転載ネタです。

 キャロル・キングの「Tapestry」については、以前にも一度書いたことがある。何度聞いても素晴らしい、名盤中の名盤だと思う。
 実は北海道に来る前に持っていた女性シンガーのアルバムはキャロル・キングに限られていた。つまり、マッチョなロック野郎だったのに、近頃ではノラ・ジョーンズ、ダイアナ・クラール、シャーデーなどなど、女性シンガーのアルバムをよく聴く。
 音楽の嗜好が変わってきたのは、住んでいる環境のせいか、それとも主夫業もしているからか。案外、単に歳くったせいかもしれないけれど・・・・。

| キャロル・キング | 11:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://beatbeat.blog72.fc2.com/tb.php/54-9738200c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。