PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

スノー・クイーン-桜に白い雪

 季節はずれの寒気が、昨日から北海道のオホーツク海側に居座っている。
 冷たい雨はやがて雪に変り、5月半ばだというのに、家の周りはうっすらと雪景色。せっかく咲いたエゾムラサキツツジも、雪の冷たさで萎れてしまった。

エゾムラサキツツジ

 家の裏手にある小高い山に登ると、さらに雪は深く、真冬に逆戻り。
 白い雪の中に、桜が咲いていた。

桜に雪

 若い芽を吹き出したばかりの白樺も、雪に埋もれてしまいそうだ。

白樺にも雪

 天気予報によると、この週末は低温が続くけれど、来週の後半は最高気温が20℃を超えるようだ。
 この寒暖の差は異常だが、桜に雪が積もる様子は長い北海道生活の中で、初めて見る光景だった。


 ということで、今日の1曲は「Snow Queen」。作者であるキャロル・キングではなく、ロジャー・ニコルズ・トリオのカバーバージョンで。



 この「Snow Queen」(上の音源はシングルバージョンで、アレンジは異なるけれど)が収録されているロジャー・ニコルズの「Small Circle of Friends」も、ロックの名盤中の名盤だ。

B0006U8DQMSmall Circle of Friends
Roger Nichols
Rev-Ola 2005-03-08

by G-Tools

 1968年にリリースされたこのアルバムには、緻密でポップなプロダクションが施されている。しかし、サイケデリックが全盛の時代にはいかにも異質な存在だったようで、ヒットすることはなかった。
 しかし、カバー曲のアレンジの素晴らしさなどから、日本では密かに愛聴され続けたアルバムで、90年代に入るといわゆる渋谷系の人たちに強く支持されることに。

 そんな背景もある「Small Circle of Friends」だが、単純に良質のポップ音楽として大好きなアルバムだ。
 どこか懐かしいのに、決して古臭さを感じさせない曲の数々は、ぼくの音楽的な宝物のひとつである。

 最後にもう1曲。「The Drifter」を。



 これもヒットはしかなかったけれど、1969年にひっそりと生まれた名曲だ。

| ロックの名盤 | 16:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://beatbeat.blog72.fc2.com/tb.php/542-0e4f09cc

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。