PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

復活、グレコのMR

 先日、リットーミュージックポートを見ていると、こんな記事があった。

・グレコのオリジナル・モデル"MR"が復活

 このMRが誕生した1975年ごろ、国産のエレキギターは黄金時代を迎えようとしていた。
 当時、フェンダーやギブソンといった輸入物のギターは、まさに高嶺の花。楽器店に置いてあったとしても、かぎ付きのガラスのショーケースの向こうにあって、普通の少年には決して手の届かない代物だった。

 その代わりのギターになったのが国産のコピーモデルで、グレコやトーカイ、フェルナンデスといったメーカーが、いかにして本物に近いストラトキャスターやレスポールを作るかで競い合っていた。


 そんな時代に、ぼくはエレキギターを始めた。
 もちろん、インターネットなどはないので、ギターの情報は雑誌や楽器の店先で集めるしかない。そして、多くのギター少年があきることなく見つめていた一番の情報源が、各メーカーのカタログだ。
 レコードジャケット型のフェルナンデスの大判カタログ、オールドギターの構造と素材に関するウンチクを詰め込んだトーカイのカタログなどが、今でも記憶に強く残っている。

 もちろん、グレコのカタログも繰り返し読んだけれど、MRに関する印象は「値段の割に、地味なギター」だったような気がする
 カタログを見つめ、買えもしないギターについて熱く語り合っていた友達の間で、MRは「おたふく」と呼ばれていた。テールピースの関係で、ギターの下部にパーツが少なかったせいか、下ぶくれのギターに見えたからだろう。

 でも、あれから30年以上が経過して、こちらのページなどで当時のMRを見ると、シンプルなのにふくよかで気品のあるデザインに感じられる。

 ぼくは「エレキギターにとって大切なのは、まず見た目と色」と思っているのだが、このMRからは太くて甘いいい音が出てきそうな気がする。
 そういえば、今は大好きなテレキャスターだって、30年前は「カントリーのオヤジが弾く、地味なギター」と思っていたのだから、ギターに関する印象なんて、歳の経過と共に変るものだ。


 7月に発売予定の復活版のMRを買うことはないと思うけれど、いつものリサイクルショップに、ぼくらが「おたふく」と呼んでいた時代に作られたMRが並んでいたら、手が伸びちゃうだろうな。

 ちなみにグレコのMRは「ミスター」の意味ではなく、バッドカンパニーのミック・ラルフスのイニシャルからのネーミング。このギターは、彼のシグネチャーモデルとして発表されたからだ。

 最後に、バッドカンパニーといえば、この曲の「Can't Get Enough」を。



 残念ながら、ミック・ラルフスはMRを弾いていないけれど、70年代のロックの匂いがプンプン漂ってくる名曲だ。

| エレキギター、再び | 10:44 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

はじめまして
当方も息子が大学生の親父世代です。

この年で、思わぬきっかけで若い人たちのバンド活動に参加することになりました。
ギターを触るのは二十数年ぶりで、腕はすっかり錆ついて、手指のリハビリの毎日です。

とりあえずかろうじて残っていたグレコのギター(JJシリーズ)はガリやノイズも目立つので、(20年以上も放っておいたら当たり前ですね)フロイドローズがほしかったのでアイバニーズの(昔はイバニーズでしたね)RGを手に入れたのですが、ある日突然「テレキャスターが欲しい」
と思い立ちました。

そしてこちらのHPにたどり着いたのですが、
「テレキャスはシンプル過ぎる。あれは渋いオヤジのギターだ」

その通り。私のギター遍歴は、レスポールに始まり(なんとデタッチャブルネックでした)、あとはストラト系ばかり。テレキャスターなんて考えもしませんでした。
それがいつしか気になるギターになり、今、真剣に購入を考えています。
(気になるきっかけは私の場合、ロイブキャナンでしたが。)
ネットで目途をつけていた「ビル・ローレンス」は、最終落札時間に仕事で帰ることができず、逃してしまい、今、リサイクルショップにあるFGNのj-standard(島村楽器とフジゲンのブランドらしいですね。made in japanには魅力を感じます)を見つけ、手頃な価格だし、どうしようかと悩んでいるところです。
どうしたらいいものでしょうね。

| kiz | 2012/06/04 23:03 | URL | ≫ EDIT

kizさん、はじめまして。
コメントをいただき、ありがとうございました。

ギターですが、ぼくも久々に再開した時の落胆と喜びは大きかったですね。
かつての記憶ほど動かない指にもまいりましたが、弾き過ぎて薬指が腱鞘炎っぽくなった時は、自分にあきれました。
今は以前のように連発で機材を買うこともなく、落ち着いたペースでギターと向き合っています。

さて、テレキャスターですが、シンプルなスタイルとは裏腹に奥の深いギターで、改造ベースとしても面白いです。
島村のj-standardは、定価が安い割に国産、フジゲン製でCircle Fretting Systemも採用されているんですね。
リサイクルショップで手ごろな値段であれば、お買い得かもしれませんよ。

ただ、リサイクルショップのギターはあたりはずれが大きいので、状態は冷静にしっかりと確認したほうが良いかも。
また、国産ギターといえど、個体差はあるので、こちらも要注意です。

でも、ギターを買う時って、第一印象と初めて手に取った時の感覚が決断の大きなポイントのような気もします。
いずれにせよ、お気に入りのテレキャスターが手も入れられればいいですね。

| woodstock69 | 2012/06/07 18:43 | URL | ≫ EDIT

はじめまして
はじめまして、KANTAといいます。
僕はまだ10代で、ジャグマスターを使ってます。
ジャグマス改造の記事は
自分の改造の参考にさせていただきました<(_ _)>


グレコのMrですが、ウチにあります!(笑)

ロックンロール好きな家族なんですが元々は父親の
大学時代の先輩が父親に譲ったものだそうで、
「Mr-800」というそうで2トーン・2ボリュームでした。
ジャグマスターを買う前まで現役でしたが、さすがに
ボロボロで現在リペアの計画を立ててます。

Mr、このシルエットがイイですよね~。
「オレの下ァ、余ってるぜ!!」ってカンジが(笑)
歴史あるギターだって知ったら手放せなくなってきました。
ありがとうございます~

| KANTA | 2012/08/13 23:07 | URL | ≫ EDIT

KANTAさん、はじめまして。
コメントをいただき、ありがとうございました。

おっ、ティーンエージャーでジャグマスター使いですか。
あのギターは、何だか音がでかくて良いですよね。
素人の改造記事でしたが、参考にしていただけたのであれば、うれしいです。

おっしゃるとおりに、MRは下が余っているところが良いんですよね。
フレームトップ(トラ目)ではないあたりもステキで、プレーンなトップが下余りのデザインにぴったりだと思います。

復刻版ではなく、オリジナルのグレコのMR。
今となっては貴重な1本かもしれません。
国産ギターに、一番勢いのあった時代につくられたギターですから大切にしてあげてくださいね。

| woodstock69 | 2012/08/14 18:21 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://beatbeat.blog72.fc2.com/tb.php/544-2c9f35dc

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。