PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

マディ・ウォーターズとブルースの息子たち

 前のエントリーにも書いたけれど、先月から3日に2回のペースでランニングしている。走る距離はその日の調子によって6~8キロだが、先月は積算すると100キロ以上を走ったことになる。
 走り始めたのは2年前からだが、これまでは月に10回程度だったので、体重や体型もそれほど変らなかった。でも、月に100キロも走ると、特に食事を制限しなくても体重が落ち始め、数十年ぶりに70キロを下回って、お腹もへっこんできた。

 そして、走って汗をかいた日の夜は、風呂上りのビールがうまい。
 普段はキリンのビールを飲んでいるけれど、ベロマークにつられて、サントリーの「ローリング・ホップ」を買ってみた。

サントリーのローリング・ホップ

 実際に飲んでみると、苦味が少なくって、ビールを使ったカクテルっぽい味なのだ。缶のデザインはストーンズ・ファンにはたまらないものがあるけれど「クリアティストの新ジャンル」のお酒は、ビールとして飲もうと考えていると、ちょいと切れ味が足りないかも。
 苦味が少なくって、妙に軽いお酒は、ある意味で最近のストーンズっぽいといえなくはないけれど・・・・。

 
 しかし、そんなストーンズのアーカイブ倉庫からは、こんなにも貴重な映像が出てくるから、奥が深い。



 1981年、北米をツアー中のストーンズが、シカゴでマディ・ウォーターズのライブに飛び入り(どうしてカメラがあったのか、なーんて詮索しては野暮ですね)した時の貴重な映像のお蔵出しDVD「ライヴ・アット・ザ・チェッカーボード・ラウンジ・シカゴ 1981」だ。

B00865S3L4ライヴ・アット・ザ・チェッカーボード・ラウンジ・シカゴ 1981【初回限定盤DVD+2CD/日本語字幕付】
ワードレコーズ 2012-07-04

by G-Tools

 昔からブート映像では有名なライブなので、何度か断片的に見たことはあったが、初回限定盤を手に入れてみると、鮮明な画像と音に驚いた。
 すでに大物中の大物だったストーンズも、マディの前ではかわいらしいブルースの息子たちに見えちゃうあたりも微笑ましい。

 どうしても、ストーンズばかりにフォーカスがあたってしまうが、このライブの1年半後に亡くなったマディ・ウォーターズの最晩年の姿を捉えた映像として、とても貴重。このDVD、さわやかなクリアティストのお酒ではなく、苦みばしったホンモノのビールです。

| ローリング・ストーンズ | 10:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://beatbeat.blog72.fc2.com/tb.php/546-47217fc7

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。