PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

ボニー・レイット、変らないことの素晴らしさ

 少し前、ボニー・レイットの久々のニューアルバムがリリースされた。

B006R1T40ISlipstream
Bonnie Raitt
Redwing Records 2012-04-10

by G-Tools

 タイトルは「スリップ・ストリーム」と勇ましいけれど、このアルバムには良い意味で変らないボニー・レイットがいた。



 1曲目のファンキーな「USED TO RULE THE WORLD」に、心をググッとつかまれ、ラストの「GOD ONLY KNOWS」までの全12曲。すべてに例のボニー節が冴え渡るから、リリースから数ヶ月が経っても、CDプレイヤーの近くに置いて愛聴している。
 個人的には2曲のボブ・ディランのカバーがツボ。ボブの中でも最近の曲を選ぶあたりが、実に心憎い。

 デビューから40年、既に還暦を過ぎたボニー・レイットだが、妙に若作りをしないあたりもステキだ。いつもの声とスライドギターでぶっ飛ばし、時にはしっとりと歌い上げるニューアルバムには、デビューアルバムの「Bonnie Raitt」や2枚目の「Give It Up」あたりと変らない心地よさがある。
 このアルバム、聴き込むほどに良さがにじみ出てくる傑作だと思う。

| ロックの名盤 | 18:22 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

こんにちは。

ボニーレイット聴いてみました。
いいですね、とても。
この間のマディウオーターズといい
ギター好きにはたまらない音楽だと思います。

しかもこういう音楽は忘れたころにとりだしてくると
古臭さを通り越して新しい響き・感覚を呼び起こしてくれるような気がしまして、ほんとに不思議です。
(若者には古いのかもしれませんけどね)

woodwoodstockさんもこんなギターを御弾きになるのでしょうか?うらやましいかぎりです。

| 64studio | 2012/07/26 15:16 | URL | ≫ EDIT

64studioさん、こんばんわ。

ボニーの新作、目新しいことなど何もないのですが、ホントに良いですね。
60歳を過ぎてからの新作に、デビューアルバムを思い起こさせる部分があるなんて、考えようによってはすごいことだと思います。

で、自分の好きな音楽とギターの腕前は別物でして、ボニー・レイットに迫れるわけもありません。
彼女は一種の天才ですから、あのようなトーンやフレーズが奏でられるわけで、とてもじゃないけどマネのできない領域ですね。
一歩でも迫ってみたいと練習はするものの、それは遥か遠くで輝いています。

| woodstock69 | 2012/07/30 18:09 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://beatbeat.blog72.fc2.com/tb.php/547-077c7fa4

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。