PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

久々のムラムラ、楽器への物欲

 この夏、走ることに夢中で、あまりムラムラしていなかった楽器への想い。
 相変わらずギターは手にしているし、すごく好きなことのひとつなのに変りはないけれど、増えすぎたギターやアンプなどを少し整理しようかなと考えたりもしている。

 「ようやく、ギターへの異常な発熱も落ち着いたか」と安心していたのだが、今月に入っていくつかのムラムラができてしまった。

 まずはアンティグア・フィニッシュのテレキャスター。


 大阪弁でいうと「なんや、このけったいな(変な)色は」のギターだが、このアンティグア・フィニッシュは70年代のわずかな期間だけに生産されたレアカラーだ。
 まっ、レアカラーといえば、かっこいい。でも、ぼくは不人気な色だったので、すぐに作られなくなった(もしくは彩色に手間がかかるので、やめちゃった)というのがホントのところじゃないかと推測している。

 理由はどうあれ、本来はオフホワイト・ブロンドが好きなのに、この「けったいな色」のテレキャスターに、なぜか惹かれてしまう。いつか手に入れたい一本だ。


 次もフェンダーの新製品で、小さなチューブアンプの「Greta(グレタ)」。


 ギター・アンプというより、1950年代のラジオといった感じのデザインで、アナログのVUメーターがたまらないアクセントになっている。フロントパネルにフェンダーのロゴをあえて入れない割り切り方も良い。

 若い方には理解し難いかもしれないが、ぼくはメーターの中で針が動くことに懐かしさを感じる。
 高校生の頃、今では死語になってしまったエア・チェック(FMを録音する)に励んでいた。その時に真剣ににらんでいたのが、カセットデッキのVUメーターだ。そして、針が赤い部分にできるだけ入らないレベルで録音することに、ある種の快感を感じていた。
 そういえば、ギターのチューニングメーターだって、最初期の頃は針式のアナログメーターだったなあ。あの頃のチューニングメーターは、とても高価。まさか千円台でチューニングメーターが買える時代が来るなんて思いもしなかった。
 
 とにかく、ノスタルジーを感じるデザインに、針式のVUメーターをつけた「Greta(グレタ)」は、なんとも心をくすぐられるアンプである。



 プロモーション映像もよく出来ていて、デジタルプレイヤーや外部スピーカーも鳴らすことのできるこのアンプの使い方が端的に表現されている。

| エレキギター、再び | 21:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://beatbeat.blog72.fc2.com/tb.php/550-b3413f71

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。