PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

長距離ドライブとストーンズの50周年記念ライブ

 先月末から何かと慌しく、今月の前半は仕事で長距離ドライブの日々だった。
 昨日は日本の東端の街である根室へ、明日は北海道の真ん中にある旭川、来週は港町の釧路といった感じで、10月10日までに走った距離が約1500キロにもなった。普段、ぼくの車のオドメーターは月に600キロ程度しか進まないから、10日間で2カ月以上分を走ったことになる。

 単調になりがちな北海道の長距離ドライブの中で、大切なのは車の中のBGMだ。
 少し前まではMP3プレイヤーにお気に入りの曲を大量にぶちこんで、シャッフルして聴いていた。途切れることなく曲が続き、時々ハッとするような曲順でフロントウインドウの外の風景にはまり過ぎるような曲が流れてくることもあると、実に楽しい。しかし、こちらの気分に反するような曲が連続すると、逆に苦痛だ。
 だから、最近はお気に入りのCDを大量に車に持ち込んでいる。ドライブ中には聴きたい曲を絞り込んで流すほうが、ぼくにはあっているようなのだ。

 今回の長距離ドライブの日々で聴いていたのは、次のようなCDだった。
 まずは以前にも紹介したボニー・レイットの新しいアルバムの「Slipstream」。

B006R1T40ISlipstream
Bonnie Raitt
Redwing Records 2012-04-10

by G-Tools

 大陸的で乾いた北海道の光景には、ボニー姉さんのハスキーな声がよく似合う。長距離ドライブにはボニー・レイットのCDを数枚チョイスするというのが、ぼくの定番だ。


 ドライブの時にはライブ盤もよく聴く。様々なアーティストが登場するコンピレーション的なライブ・アルバムなら、なお良し。

B000025KNOBob Dylan 30th Anniversary
Bob Dylan
Columbia 1997-05-29

by G-Tools

 その点で、ボブ・ディランの30周年記念のライブ盤は大好きな1枚。
 ニール・ヤングの「All Along the Watchtower」やエリック・クラプトンの「Don't Think Twice, It's All Right」、ジョージ・ハリソンの「Absolutely Sweet Marie」と名演が続く。
 しかし、最後に登場するボブがお祭り気分のライブに水をさす。ぶっきらぼうに唄われる「Girl From The North Country」で、お祭り騒ぎのステージがしょんぼりと終わっちゃうあたりが、ボブらしくて実にステキだ。
 「やっぱり、ボブ・ディランは無愛想じゃなきゃね」と思わせるライブ盤である。


 ライブ盤と並んで、ドライブによく似合うのがベスト盤かもしれない。当然のことながら、名曲ばかりが流れてくるので、ハンドルを握りながらテンションが上がる。
 この前の長距離ドライブで聴いていたのはローリング・ストーンズの「Rolled Gold」だ。 

B000WGUKCUロールド・ゴールド・プラス~ヴェリー・ベスト・オブ・ザ・ローリング・ストーンズ
ザ・ローリング・ストーンズ
UNIVERSAL INTERNATIONAL(P)(M) 2007-11-14

by G-Tools

 長いキャリアの中で、数多くのベスト盤があるストーンズだが、このCDは5年ほど前にリリースされたもの。自らのレーベルを起こす前のストーンズが所属していたロンドン、デッカ時代の代表曲が、ほぼリリース順に収録されている。

 「COME ON」に始まり「WILD HORSES」で終わる2枚組みのCDは名曲ぞろい。60年代のストーンズのダークなポップさは、あの時代でしか奏でられなかった音だろう。特に1枚目が良くって、個人的には忘れがちな初期のストーンズの素晴らしさを再認識させてくれるアルバムだ。


 さて、そのストーンズだが、かねてからウワサのあった50周年記念ライブの開催が正式に決まったようだ。

ザ・ローリング・ストーンズ、ロンドン、NY公演の日程を発表


 場所はロンドンとニューヨーク。どちらも2回、合計4回のライブが行なわれる。
 これはファンにとって喜ばしいことで、もちろん現場には行けないけれど、いずれリリースされるはずの映像を見るのが、今から楽しみだ。



 ライブの告知映像にはメンバーも登場して、いやがうえにも気分が盛り上がる。
 しかし、限定的な4回公演にちょっとした寂しさも感じる。「ひょっとしたら、体力や年齢を考えると、ストーンズが大規模なワールドツアーを行なうのは、もう無理なのかも」と邪推すると、ストーンズのXディーというものが頭をよぎるからだ。

 ついでに、キースの劣化も気がかりだったりもするけれど、そんな心配をぶっとばしてきたのが、これまでのストーンズだった。
 平均年齢が70歳に届きそうなロック・バンドの今に期待したい。

| ローリング・ストーンズ | 18:03 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ブログ記事削除/リンク解除のご依頼です!
ブログ記事削除/リンク解除のご依頼です!
J-Guitar様【http://www.j-guitar.com
========================================

サイト管理者様

弊社は株式会社GABA様からGoogleのガイドライン違反の可能性が高いリンクの解除を依頼されている会社です。

貴殿のページに設置されているリンクがGoogleからスパム判定されている可能性が高いため、リンク先であるサイト「www.j-guitar.com」がGoogleから警告を受けています。その結果、検索順位が著しく下がり、ビジネスに多大な影響を及ぼしています。

お手数ですが「www.j-guitar.com」へのリンクを削除するか、当該ブログ記事を削除下さいま様、何卒お願い致します。
※具体的にはnoscriptタグ内のリンクのことを指します。

削除できない理由がもしございましたらご連絡頂けますと幸いです。
何かご不明な点などございましたら下記までお気軽にご連絡ください。

========================================
ブルースクレイ・ジャパン株式会社
LPRチーム
lpr@bruceclay.jpn.com

東京都渋谷区道玄坂1-19-11
寿道玄坂ビル7F
Tel: 03-5456-4201

| ブルースクレイ・ジャパン株式会社 | 2012/10/25 11:38 | URL | ≫ EDIT

いつも拝見してます。
いつも楽しく拝見させていただいてます。
記事の独特な世界観などすごく勉強になっています。
また遊びに来ますね。これからもよろしくお願いします。

| The Rolling Stones ローリングストーンズブログ! | 2012/10/31 16:48 | URL | ≫ EDIT

ローリングストーンズブログ! さん、はじめまして。
コメントをいただき、ありがとうございました。

近ごろはあまり更新できないブログですが、できるだけ自分の言葉で、大好きな音楽について書いていこうと思っています。
それでは、今後もよろしくお願いいたします。

| woodstock69 | 2012/11/08 20:45 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://beatbeat.blog72.fc2.com/tb.php/553-7ddb89b7

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。