PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

50歳の自分と50周年のローリング・ストーンズ

 早いもので、もう大晦日。
 ぼくの住む北海道のオホーツク海側の街は、このところ続いた大雪と厳寒がウソのように感じれるほど穏やかな天気の大晦日だった。

 個人的にこの1年を振り返ってみれば、3月に手首を骨折して、30年ぶりに入院。しばらく不自由な生活をしてみて、普通であることの素晴らしさを改めて思い知らされた。

 そして、10月には50歳になった。
 10年前、ジョン・レノンと同じ歳の40歳になった時は感慨深いものがあったけれど、50歳は意外に淡々と迎えられた。
 20歳の時には、自分が50歳になった姿なんて、想像もできなかった。でも、その頃と好きなものや着ている服、考えていることは、それほど変ってないような気もする。
 自分でもあきれるほど進歩がないのだが、あの頃に嫌だった「酔っぱらって、演歌でしんみりするような大人」にならなかったことは、まちがいないようだ。まあ、酔っぱらって、夜中にエレキギターをかき鳴らす大人も、どうかとは思いますが・・・・。

 とはいえ、自分も初老に差し掛かり、ロックも怒れる若者の音楽ではなくなったのも確かなようだ。
 50歳の自分が想像できなかったように、70歳のローリング・ストーンズも91年の初来日の時ですら、想像もできなかった。しかし、彼らは現実に存在していて、少し前に結成50周年のツアーを終えたばかりだ。

 その50周年のライブだが、WOWWOWの生中継を見て、色々な意味で驚いた。
 一番驚かされたのはロニーだ。このところ、昔の輝きや精彩がないように見えたが、今回のライブは違う。フレーズにキレもあれば、コクもあるロニーのギターを聴いたのは、いったいいつ以来だろう。
 アルコールを断ち、31歳も年下の女性と結婚したこともロニーの刺激になっているのだろうが、今ごろになって「どうしちゃたんだろう」と思うくらいに素晴らしいロニーのギターを聴けるとは!これはホントにうれしい驚きだった。

 ストーンズの要、チャーリーの調子も良さそうで「あのドラムが、もうしばらく聴けますように」と祈るのみ。

 いい意味で変らないのはミック。見慣れているせいか、あれが普通に感じてしまうが、70歳であの動きは驚異的だ。
 そのミック、ゲストのレディ・ガガにはビビッていたような。ライブ中に「なんじゃ、こいつ」とたじろぐようなミックの表情は珍しく、今回のライブの見所のひとつだろう。

 最後にキース。
 少し前のように派手なアクションをしなくなり、ロニーが元気だったせいもあって、メンバーの中で一番老いを感じてしまった。でも、今回のライブに関しては「まじめにギターを弾こうか」という意識があったような気がする。
 ぼくは今のキースに何も望むことはなく、メンバーと一緒にステージに上がり、いつものリフをかき鳴らしてくれるだけ良いと思っている。そして、もう一度だけでいいから、彼の姿を近くで見てみたい。

 50歳になって、50周年のストーンズを見て、この先の過ごし方を教えられたような気がする。昔のロックとって嫌悪の対象でしかなった「老い」という問題まで抱え、今なお前進するストーンズは、ぼくにとっての教科書であり、演歌なんだと思う。


 今年最後の1曲もストーンズしようと思ったけれど、大晦日にふさわしいキャロル・キングの「New Year's Day」を。



 それでは、よいお年を!

| ローリング・ストーンズ | 18:38 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

今年も楽しくブログを読ませていただきました。
woodstock69さんと私は同い年なんですね。正確には私は
1月生まれなんで、50歳まであと少しだけありますけどね。
自分が50歳なんて全然信じられないというか、ちっとも
それらしくなって無い気がするんでこれいいのかという思
いもありますが、これで良いのだと思うことにしています。(笑)

来年もまたよろしくお願い致します。

| テイルピース | 2012/12/31 21:01 | URL | ≫ EDIT

テイルピースさん、あけましておめでとうございます。

あらま、 テイルピースさんとは同じ年というか、同じ学年なんですね。
ぼくは50歳の自分のあり方に、それほど疑問は感じていませんが、あまりの変らなさにあきれることはありますね。

相変わらず、ギターとロックに夢中。
でも、若い頃より少しだけお金を持っているから、タチが悪い。
部屋にあふれるギターとCDをどう整理すればいいのか、年末の大掃除の時に悩んじゃいました。
まあ、いくつになっても夢中になれるもの、大好きなことがあるのは良いことで、今年も相変わらずで過ごそうと思っています。
それにしても、ストーンズに老い方まで学ぶとは、歳はとってみるものですね。

それでは、今年もよろしくお願いいたします。

| woodstock69 | 2013/01/04 18:42 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://beatbeat.blog72.fc2.com/tb.php/556-54c95fa0

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。