PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

生々しくも美しい、1971年のキャロル・キング

The Carnegie Hall Concert 1971
Carole King
B000002ADY

 前回、キャロル・キングの最新ライブアルバム「The Living Room Tour」について書いた。しかし、このアルバムとよく似た構成の「The Carnegie Hall Concert 1971」についても詳しく書きたくなってきた。そうでないとレビューとして不完全な気がするのだ。

 「The Carnegie Hall Concert 1971」は星の数ほどあるライブアルバムの中で、まちがいなく上位に位置する傑作だ。これほど生々しくも美しいライブアルバムはそうあるものではない。

 まず、収録された時期と場所がすごい。
 コンサートが開かれたのが、1971年6月18日。この直前、2月にリリースされた「Tapestry」がじわじわとチャートを上り、ついに1位になった。場所はニューヨーク。キャロル・キングの生まれたブルックリンにほど近いカーネギー・ホールである。
 つまり、このアルバムはキャロル・キングが、まさに頂点に上り詰めようとする時にホームタウンで録音された。

 最初の6曲はキャロル・キングのピアノだけの弾き語り。声とピアノに凄いテンションを感じ、静かなのにヒリヒリするような緊張感がある。「リビングルームへようこそ」と、最初からリラックスしている「The Living Room Tour」とは大違いだ。
 今でこそ堂々としたステージを見せるキャロル・キングだが、実はステージ恐怖症だったらしい。時にフラットし、かすれる声からも、その緊張感が伝わってくる。

 それでも当時の夫チャールズ・ラーキーのベースが加わる「Song of Long Ago」からは、多少リラックスし、快調にステージは進む。10曲目の「So Far Away」もあまりに可憐で美しいが、ハイライトはジェームス・テーラーとデュエットするメドレー「Will You Love Me Tomorrow~Some Kind Of Wonderful~Up On The Roof」。中でも「Up On The Roof」は泣かせる歌詞とメロディーである。
 再びピアノの弾き語りに戻るラストの「(You Make Me Feel Like) A Natural Woman」では、キャロル・キングの声が何度も割れてかすれてしまうれど、それすらも美しく感じるのは、彼女の肩に天使がとまった瞬間を捉えたアルバムのせいだろう。

 「The Carnegie Hall Concert 1971」と「The Living Room Tour」の間に横たわる、30数年という決して短くはない時間。キャロル・キングの故郷であるニューヨークの姿を含めて、様々なものがすごいスピードで変化している。
 でも、変わらないものもある。それはキャロル・キングのメロディーメーカーとしての才能と誠実な歌声だ。

| キャロル・キング | 20:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://beatbeat.blog72.fc2.com/tb.php/74-234fafb0

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。