PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

クラプトンのせつなさゆえの傑作「レイラ」

Layla and Other Assorted Love SongsLayla and Other Assorted Love Songs
Derek and the Dominos


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 紹介するのをためらうほどの名盤である。今も昔もエリック・クラプトンの最高傑作といえば、やはり「Layla and Other Assorted Love Songs」だろう。
 初めて聴いたのは、今から30年近くも前のこと。最初はこのアルバムのサウンドがよく分からなかった。高校生にはあまりに渋すぎたのだ。でも、当時のフォーマットは高価な2枚組みのレコード。意地になって聴いているうちに、じわじわとその良さが分かってきた。以来、絶え間なく聴き続けている一枚である。

 「Layla and Other Assorted Love Songs」を聴いていると、クラプトンは早く成熟して、早く枯れたかった人ではないかと思う。
 レコーディング当時、クラプトンはわずか25歳である。もちろん、今よりは若々しい声だが、25歳にしては渋くてせつない歌声、そして枯れたギターの音色。しかし、隠そうしても隠し切れない若さがにじみ出てしまう。このアンバランスさと全編に漂うせつなさが「Layla and Other Assorted Love Songs」の魅力だ。
 
 有名な話だが「Layla」は故ジョージ・ハリソンの妻パティのために作られた歌だ。のちにクラプトンはジョージからパティをぶん取って結婚する(ちなみに「Wonderful Tonight」は、パティがパーティに着ていく服を選んでいるのを待っている間にひょっこりできた曲)が、この時点ではただの横恋慕。
 つまり、クラプトンはジョージの自宅の庭で「Here Comes The Sun」や「Badge」を仲良く作りながら、親友の妻であるパティに色目を使っていたのである。まったく、とんでもない奴だ。
 親友の妻との恋。しかも、天下のジョージ・ハリソンの妻。どうにもならない恋の悩みが「Layla and Other Assorted Love Songs」のせつなさにつながっているのだと思う。なにしろ、タイトルからして「レイラとその他にも多彩な恋の歌」なのだ。

 「Bell Bottom Blues」の短いながらもセンチメンタルなギターソロに続く「消え去りたくない。もう一日、オレにおくれ」と懇願するサビには、クラプトンの情けなさ全開。
 「Nobody Knows You When You're Down And Out」はデュアン・オールマンのリリカルなスライドギターとクラプトンの悲しげな歌声が、もうたまらん。ホントに「オレのことなんかは、誰も知らねえよ」って感じだ。「アンプラグド」では少し陽気にアレンジされていたが、あれでは違う唄だ。
 「Why Does Love Got To Be So Sad?」はアップテンポで、ギターソロにもクラプトンらしい鋭さが感じられる。「恋はどうしてこんなに悲しく、せつないんじゃ!」とギターに感情をぶつけるクラプトンが素晴らしい。続く「Have You Ever Loved A Woman」もしかり。今度はブルース・ナンバーでつらい気持ちをぶちまける。
 ジミ・ヘンドリックスの死の直前にレコーディングされた「Little Wing」、あえて語るまでもない「Layla」(とんでもなく、なさけない歌詞である)。そしてクロージングナンバーの「Thorn Tree In The Garden」までを貫くせつなさには鬼気迫るものすら感じる。

 こうして「Layla and Other Assorted Love Songs」を曲別に紹介していくと、このアルバムにはクラプトンの生身の感情が丸出しであることが分かる。そして、そのぶちまけ感がこのアルバムを傑作にした。
 「Layla and Other Assorted Love Songs」を「Derek & The Dominoes」の名義でリリースしたのには、エリック・クラプトン自身に自らの名前を隠そうする意思があったらしい。しかし、クラプトンの不幸は彼の背負った悩みやつらさが歌になった時、なぜか大きなポピュラリティーを得てしまうことだ。
 不倫ソングの「Layla」はステージで必ずプレイせざるをえない曲になり、息子の転落死をきっかけにしてできた「Tears in Heven」のヒットは、現在の老いてなおビックスターのクラプトンを作るきっかけになった。
 負の感情をプラスに転換できる強さ、プライベートなことを唄に反映させるとヒットしてしまうのは、スターの条件かもしれない。しかし、それがクラプトンの意思に反しているという部分が感じられることに、彼のつらさがあるような気がする。

 今や円熟の域に差し掛かり、喧嘩別れしたジャック・ブルースとジンジャー・ベイカーとも仲良くクリームを再結成できるクラプトン。彼が「Layla and Other Assorted Love Songs」のように感情をぶちまけることは、もうなさそうだ。
 このアルバムは詰め込まれているのは、あまりにも美しくせつない若気の至りである。

| エリック・クラプトン | 09:50 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

レイラっ!パティの末妹が…
レイラっ!は、切ない愛の物語!
パティの末妹が、姉とクラプトンの
愛の物語を神話のレイラに喩えつくり
奏上した…に伝えられる?…ジョージ?…の作品?とも!異説が異説を…
神話の星に喩えると!ロマンチック!
だって、大空で会えずロマンを語っている。神秘的、、、

| ぶんた | 2012/10/03 14:53 | URL | ≫ EDIT

レイラっ!パティの末妹が…
クラプトン!ラブ!
プラトン……ラブ!
ソクラテス、プラトン、アリストテレス

| | 2012/10/03 15:07 | URL | ≫ EDIT

ぶんたさん、はじめまして。
コメントをいただいたのに、レスが遅くなってしまって、ごめんなさい。

レイラですが、ホントに全編に渡ってせつないですよね。
そのせつなさがあのアルバムの魅力であり、名作である理由だと思います。

ただ、クラプトンの自伝を読むと、女癖がかなり悪い人(かなり赤裸々に書かれていました)のようで、レイラの神秘性が少し減っちゃいました。
それでも、未だに聞き続けている名盤であることは変わりなく、このアルバムはいつもそばに置いておきたい一枚です。

| woodstock69 | 2012/10/12 18:11 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://beatbeat.blog72.fc2.com/tb.php/81-635efef3

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。