PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

ローリングストーンズのツアーが始まった

 8月は3日に1回は更新しようと思っていたのだけれど、最後でペースダウン。月末になって、原稿の〆切が厳しくなってきたからだ。
 仕事で原稿を書くのも、趣味でBlogを更新するのも、書くという行為には変わりがない。これが違うことなら、Blogも気分転換になるのだけれど・・・・。

 と、言い訳はここまでにして、すでに始まってしばらく経ってしまったストーンズのツアーについて書きたい。セットリストなど、ネタバレになるので、それでもよければ続きをクリックしてください。


 まず、ステージ。例のオンステージシートは、やはり左右にある立体駐車場ような部分のテラスだった。ちょうど斜め上からストーンズを見下ろすような視線になるのだろう。2日続けて見られるのなら、1日はここで良いなあと思う。
 Bステージは今回もあり。これまでは花道をメンバーが歩いていたが、今回はメインステージの一部分がそのままアリーナ中央へと移動するようだ。しかも、曲を演奏しながらである。なかなか派手な演出だが、メンバーにタッチしたり、プレゼントを渡せた以前の形式のほうが良いような気もする。
 
 セットリストはボストンの初日、2日目はほぼ変わらず、以下の通り。

1.Start Me Up
2.You Got Me Rocking
3.Shattered
4.Tumbling Dice
5.Rough Justice
6.Back Of My Hand
7.Beast Of Burden
8.She's So Cold
9.Heartbreaker (2日目はBitch)
10.Night Time Is The Right Time
11.The Worst (Keith)
12.Infamy (Keith)
13.Miss You (to B-stage)
14.Oh No, Not You Again (B-stage)
15.Satisfaction (B-stage)
16.Honky Tonk Women (from B-stage)
17.Out Of Control
18.Sympathy For The Devil
19.Jumping Jack Flash
20.Brown Sugar
21.You Can't Always Get What You Want (encore)
22.It's Only Rock'n Roll (encore)

 同じ会場でも日が異なると、セットリストにかなり変化のあった前回のツアーに比べると少々寂しい内容。違うのが一曲だけというのは、手抜きの感じがしないわけでもない。
 26日はボブ・マーレーのカバー「Get Up Stand Up」をキースのソロの前にプレイしたものの、後半のセットリストは変わらず、これまでは日替わりメニューだったBステージもまったく同じ曲。28日はミックがスライドギターを弾く「Back Of My Hand」が一曲減っただけで、まったくボストンと同じ。
 うーん、個人的にはこのセットリストが続くなら、チケット取りに燃えられるかどうか、微妙なところだ。やっぱり、どこかにサプライズが欲しい。

 でも、前回のリックスツアーに比べてネットの時代がさらに進んだなあと感じるのは、セットリストはもちろんのこと、ボストンの初日の2曲分のムービー、会場でオーディエンス録音した思われるフルセットのブート音源がライブの翌日にはネット上に出回ったことだ。
 よほどの禁欲者ではない限り、ツアーの情報を遮断するのは無理だな、こりゃ。

| ローリング・ストーンズ | 09:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://beatbeat.blog72.fc2.com/tb.php/83-e1fcb368

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。