PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

新潟への帰省とBOSE MediaMate II

 19日から1週間ほど、妻の実家のある新潟県中越地方に、2人の子供を連れて帰省した。滞在中に中越大震災からちょうど1年を向かえたが、人々の暮らしは以前の平静を取り戻しているようにも見えた。
 しかし、車で長岡から震災で大きな被害を受けた小千谷市に向かうと、国道はあちらこちらで工事中。脇の歩道には波をうったままの部分が残っていて、空には山古志村方面に飛んでいく何台ものヘリコプター。小千谷市の中心部にも歯が欠けたような空き地が目立った。
 親戚の集まりでの話題も震災の話が多く、実体験を聞くとテレビのニュースが事実の断片しか報道していないことに、改めて気付かされた。本当の復興はまだまだこれからである。
 震災の大きな爪痕を感じながらも、2年ぶりの新潟ではうまい日本酒や料理を楽しんだ。実家の外に広がる田んぼや日本的な風景も、北海道とはまるで異なり、とても新鮮だった。

 ウルトラマン好きの子供にせがまれたて行ったのが、柏崎にある「こどもの時代館」
 行く前は家族サービスのつもりだったが、ここは昭和30~40年代に生まれた人には涙モノの博物館。子供の頃に遊びまくったおもちゃ、買ってもらえなかったあこがれのおもちゃが「これでもか!」というぐらに並んでいる。圧倒的なアイテム数である。
 子供をそっちのけにして、ショーケースの中をうっとりながめてしまった「こどもの時代館」は、近くに行った時は立ち寄る価値のある博物館だ。
BOSE MediaMate II マルチメディア・スピーカーシステム ブラックBOSE MediaMate II マルチメディア・スピーカーシステム ブラック


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 最後に新潟での音楽ネタ。
 友達のパソコンの両脇に置かれていて「これ、いいなあ」と思ったのが「BOSE MediaMate II」。BOSEが発売しているアンプ内蔵のマルチメディアスピーカーだが、サイズからは想像できないような音が出てくるのだ。
 「卓上での近接視聴のために制作された」らしいので、スピーカーの近くに座ると「これがパソコンから出てくる音か」と思うほど。パソコンに標準で付属しているスピーカーやPCのパーツショップで売られている数千円スピーカーとは、明らかにレベルが違う音である。小さくてもBOSEらしい低音の響きは健在で、小さな音量で聴いてもバランスの良い音が楽しめる。

 試しに持って行った「Zen Micro」を接続して鳴らしてみると、これまたいい感じ。
 家では仕事を時のBGM用に「Zen Micro」からFMトランスミッターでチューナーに音を飛ばして、BOSE314という大きなスピーカーを鳴らしている。しかし、少しまともなオーディオシステムで再生すると、デジタルで圧縮された音のアラが目立つ。CDに比べると音質の差がありすぎて、あまりボリュームを上げる気がしないのだ。
 その点「BOSE MediaMate II」なら音のスカスカ感が目立たないし、仕事のBGM用には充分な音が出るので、近いうちに買おうかなと思っている。

 もちろん、大迫力の音量や豊かな音像は期待してはいけないけれど、パソコンやデジタル・オーディオプレイヤーと組み合わせれば、数万円のミニコンポよりまともな音がする「BOSE MediaMate II」は、ポータブルで安価な家庭用のオーディオシステムとして充分に使えるはずだ。

| オーディオのお話 | 14:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://beatbeat.blog72.fc2.com/tb.php/99-2707708e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。